時代を先取りするLightning直挿し&DAC内蔵イヤホン

「薄型化のためにiPhone 7iPhone 7 Plusはヘッドフォンジャックを搭載しない」というウワサがあります。

また、イヤホンはLightningケーブルかBluetoothなどの無線接続になる、と言われていますが……この記事を書いている時点ではその真偽は定かではありません。

そんな、タイミングで登場したのが、iPhoneやiPadなどのLightningコネクタに直挿しできるイヤホン『IC-Earphone』です。

一般的なイヤホンではジャックピンにあたる部分がLightning端子になっています。

iPhoneなどから、音の情報を劣化の少ないデジタル信号で出力し、その後、イヤホン側の比較的ノイズが少ない環境で専用部品を使用してアナログに変換することで、音質の向上を狙うつくりです。

デザインは主張が強過ぎないスタンダードな印象。ちなみに、中身のケーブルには高級オーディオケーブルに匹敵する純度99.9999%の銅素材が使用されています。

ハウジングにはアルミを使用しており、キレのあるクリアな音質を実現しているとのこと。

ドライバーユニットはφ9mmの密閉ダイナミック型。

詳細なスペックは以下の通りです。

もちろん、Apple社が公式に認めた証である「MFi(Made For iPhone)」取得済み。24bitデジタル信号に対応し、ハイレゾ音源の視聴も可能です。

約1万円の価格でイヤホンさえ手に入れれば、あとはハイレゾの再生に対応した無料アプリ『Vox』などのプレイヤーと音源を用意するだけで、手軽に豊かな音質で音楽を楽しむことができます。

iPhoneに付属しているヘッドホン「EarPods』では物足りない、と感じている方は『IC-Earphone』を手に入れてハイレゾ・オーディオの世界へと踏み出してはいかがでしょう?

[ 掲載日:2016.1.6 ]

執筆者:〝たてさん〟
Instagram

この記事をシェアする

LINEやツイッターも要チェック!

LINEで気軽に話しかけてください!

こちらのアカウントは基本的に自動応答設定ですが、頂いた感想は本人かスタッフが確認しています。


linefriends


いいね!&フォローをお願いします!

フェイスブックやツイッターなどのSNSでも最新情報を発信中です。


Twitterでツイート

Facebookでシェア