アンカー初、USBハブ搭載モバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 19000 PD」発売!

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

5,336

Anker PowerCore+ 19000 PD
メーカー提供画像

2019年2月27日(水曜)アンカー・ジャパン株式会社(東京都中央区)は、Ankerのモバイルバッテリーとしては初となるUSBハブを搭載した「Anker PowerCore+ 19000 PD」の発売を開始した。

バッテリー容量は19,200mAhでiPhone XS/Xを約5回、MacBookを約1回フル充電できる大容量タイプ。USBメモリを接続してデータの転送等に活用できるハブとしても使えます。発売時点での価格は税込10,999円(※記事執筆時点での価格です)。

最新給電規格USB Power Deliveryに対応して最大27W出力でノートPCを高速充電することも可能だ。USB Type-C×1つ、USB Type-A×2つのポートを搭載しており、なんと3台のデバイスを同時にフルスピード充電することができるとしている。また、付属のUSB急速充電器を使えば、「Anker PowerCore+ 19000 PD」本体をわずか3.5時間でフル充電できてしまう。

MacBookを外で使う機会が多い人にとっては非常に便利なハブ兼モバイルバッテリーの2in1ガジェットと言えるだろう。さっそく「Anker PowerCore+ 19000 PD」のスペックをチェックしていこう。

製品仕様はこちら

  • 製品名:Anker PowerCore+ 19000 PD
  • 型番:B13625A1
  • JANコード:4571411180200
  • メーカー:アンカー・ジャパン株式会社(東京都中央区)
  • バッテリー容量:19200mAh
  • サイズ:約169x77x22(mm)
  • 重量:約425g
  • 搭載USBポート:USB Type-Cポート×1箇所、USB Type-Aポート×2箇所
  • PD入力:5V/3A、9V/3A、15V/2A、20V/1.5A
  • PD出力:5V/3A、9V/3A、15V/1.8A、20V/1.35A
  • PowerIQ 2.0出力:5V/3A、9V/1.6A、12V/1.25A
  • PowerIQ出力:5V/2A
  • 同梱物:「Anker PowerCore+ 19000」本体、USB Type-C急速充電器(ACアダプタ)、USB Type-C to USB Type-Cケーブル、取扱説明書
Anker PowerCore+ 19000 PD
メーカー提供画像

iPhone5回、MacBook1回フル充電できる超大容量!だけどコンパクトサイズ!

Anker PowerCore+ 19000 PD
メーカー提供画像

バッテリーは19200mAhの超大容量。iPhone XS/Xなら約5回、Galaxy S9なら4回以上、そしてMacBookも1回以上フル充電することが可能。これだけの大容量にもかからず、本体は約169x77x22mm、重さ約425gというコンパクトサイズ。手に持って歩くというのは現実的ではないが、カバンに入れて持ち運ぶことなら容易。外出先でのノマドワークはもちろん、出張や旅行にも対応できる容量と言える。しかも、同製品は充電する際の出力を自動調整して、過熱を防いでくれる仕様になっている点もうれしいポイントだ。

※Bluetooth(ワイヤレス)イヤホン等の0.5A以下の入力電流を必要とする小さな機器やHDMI接続中のNintendo Switchには使えません。
※USB Type-Cポートから出力するには、機器と接続する前に電源ボタンを押す必要があります。

本体表面は傷や指紋が目立ちにくい落ち着いたマット加工、裏面は滑りにくいゴム加工になっている。見た目にもスッキリしているので、ビジネスシーンでもスマートだ。

Power Delivery対応でとにかく早い!しかも3台同時フルスピード充電できる!

Anker PowerCore+ 19000 PD
メーカー提供画像

MacBookを充電することができるUSB Type-Cポートを搭載。USB Power Deliveryに対応しており、最大27W出力で高速充電を可能にしている。

※27W以上の入力を必要とするUSB Type-Cポート搭載ノートPCは正常に充電できないことがあります。

Anker PowerCore+ 19000 PD
メーカー提供画像

付属のUSB Type-Cポート急速充電器(ACチャージャー)を使えば、「Anker PowerCore+ 19000 PD」本体への充電をわずか約3.5時間でフル充電するという驚きのハイスピードを実現している。本体への充電の際は、これまた付属のUSB Type-C to USB Type-Cケーブルを使うことが可能。

Anker PowerCore+ 19000 PD
メーカー提供画像

搭載しているポートは全部で3つ。USB Power Delivery対応のUSB Type-Cポート1つ、最大15W出力のPowerIQ 2.0対応USB Type-Aポート1つ、最大10W出力のPowerIQ対応USB Type-Aポート1つ。つまり、3台まで同時接続してフルスピード充電することが可能という訳だ。

※PowerIQ 2.0対応ポートはGalaxy S9/S9+など一部のSamsung製スマートフォンへの急速充電には対応していません。
※MacBook Pro、 Samsung W70、Lumia 950およびMotorola Z Force Droid Editionへの急速充電には対応していません。

USBハブ機能搭載でデータ転送もできるぞ!

Anker PowerCore+ 19000 PD
メーカー提供画像

モバイルバッテリーでありながら、USB Type-Aポートを高速データ転送ができるUSBハブとしても使える便利な仕様を搭載。電源ボタンを約2秒間押すことでLEDライトが時計回りに3周点滅し、USBハブモードに切り替えることが可能だ。USBハブモードの時は、LEDライトが約3秒に1回点滅するので目視でも確認しやすいようになっている。外部ストレージ・メモリと接続する為にSBハブを個別に持ち歩いていた人にとっては、荷物が減ってメリットだ。

※USBハブモード使用中は、PowerIQ2.0対応USB Type-Aポートの最大出力は10Wとなります。パススルー充電には対応していません。
※iPadなどのタブレット端末へのデータ通信には対応していません。

ライターから一言

コンパクトでスマートなその出で立ちからは想像できないほどの大容量モバイルバッテリーだ。しかもUSBハブとしても使えてデータ転送にも役立つ優れモノ。MacBookを持ち歩くときには合わせて持っておくと便利なガジェットであることに間違いないだろう。

モバイルバッテリーの人気順一覧

この記事が役に立ったら
シェア!しよう

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア