iPhone SE2防水ケース「SLIM DIVER」がレジャーシーズンの強い味方

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

4,929

SLIM DIVER(スリムダイバー)
メーカー提供画像

キャンプや海水浴など、夏のアウトドアレジャーに向けてそろそろ計画し始める人もいますよね。そこで忘れがちなのがiPhoneのケア。

iPhoneSE(第2世代)は、IP67等級をもつ防水防塵性能があるとは言え、電子機器であることに変わりありません。裸のまま海や川で遊ぶのって抵抗ありませんか?

せっかくひと夏の楽しい思い出を写真や動画に残そうとしても、水や砂や塵などでiPhone SE2が汚れたり壊れたりしたら最悪…。

楽しいレジャーどころではなくなっちゃいます。。

そこでおすすめしたいのが今回紹介するiPhoneSE2対応の完全防水ケース「SLIM DIVER(スリムダイバー)」です。

本製品はiPhone本体を360°カバーしてくれる防水防塵設計のケースです。水や砂利からしっかりと本体を守ってくれます。防水なので、水中での撮影もバッチリ!

さらに耐衝撃性は米軍のMIL規格を取得していて、落下や衝撃に強い設計になっています。屋外でのアクティビティに心強いですよ。

また、「SLIM DIVER(スリムダイバー)」という名前の通り、防水ケースらしからぬ薄さが特長。かさばらずにポケットへ入れて持ち歩くことができるメリットがあります。それほど一般的なiPhoneケースと変わらないサイズ感なので、普段使いとしてもアリでしょう。

防水・防塵・耐衝撃の三拍子が揃っていることで、アウトドアレジャーで写真や動画を気兼ねなく撮影したい人におすすめしたいですね。

それでは、夏の思い出作りに役立ってくれるiPhone SE2対応の「SLIM DIVER(スリムダイバー)」を見ていきましょう。

製品仕様はこちら。

  • 製品名:SLIM DIVER(スリムダイバー)
  • JANコード:4580508049955
  • 型番:LP-I7SWPSBK
  • カラーバリエーション:ブラック
  • 販売元:株式会社MSソリューションズ(福岡市博多区)
  • 防水防塵性能:IP68相当
  • マイク機能:対応
  • Touch ID:対応
  • 素材:PC+PET+TPU
  • ワイヤレス充電:使用可能
  • Apple Pay:使用可能
  • 対応機種:iPhone SE 第2世代、iPhone8、iPhone7
  • 同梱物:「SLIM DIVER(スリムダイバー) 」本体、ハンドストラップ、クリーニングクロス、取扱説明書
SLIM DIVER(スリムダイバー)
メーカー提供画像

iPhone SE2をタッパーみたくフルカバー。防水防塵性能は最高スペックのIP68!

SLIM DIVER(スリムダイバー)
メーカー提供画像

iPhone SE2全体をカバーする形状で防水防塵性能はIP68相当の最高ランクとなっています。

SLIM DIVER(スリムダイバー)
メーカー提供画像

浸水2mまで耐えられる構造で、海水や水道水、温水の使用は問題ありません。海やプール、お風呂など幅広いシーンで水回りを気にせず写真撮影ができます。もちろん水中での撮影も可能なので、映えた写真が撮れるかもしれませんね。

防水だけでなく、砂・塵・ゴミ・埃の侵入を防ぐ防塵構造でもあります。海辺やキャンプなどでケース内部に砂利が侵入してiPhoneが傷つくリスクも減るでしょう。

もしもの落下に心強い!米軍MIL規格に準拠した衝撃の強さ。

SLIM DIVER(スリムダイバー)
メーカー提供画像

米軍軍事規格であるMIL規格(MIL-STD 810G)に準拠した作りになっているので、衝撃に対して強い特長があります。なんと、高さ2メートルから落下しても破損しないような強度を有しているのです。

川遊びで濡れた端末を触っているとつい滑って落としたり、キャンプ場で足場の悪いぬかるみにハマって持っていたiPhoneを落としてしまったり。日常とは違う環境で過ごすので、地面に落としてしまう可能性は大いにあります。

レジャーを思いっきり楽しむためにも、タフに使える「SLIM DIVER」はおすすめですよ。

ボタン操作、Touch ID、ワイヤレス充電・・完全防水だからといって、抜かりの無い使い勝手!

SLIM DIVER(スリムダイバー)
メーカー提供画像

完全防水であり、防塵でもある。しかも、耐衝撃仕様なんておまけが付いた鉄壁の保護力だとやっぱり大きくゴツい作りになってしまします。でも安心してください。「SLIM DIVER」が人気なのは他の防水ケースと比べてスリムだからなのです。

無駄な部分を極力削ることで実現した薄いフォルムなので、ズボンのポケットへスムーズに収納できます。通常のiPhoneケースと同じ様に使えるので持ち歩くのが楽チンですよ。

SLIM DIVER(スリムダイバー)
メーカー提供画像

マナーモード切り替えや音量ボタンの調整などのボタン操作も問題ありません。

SLIM DIVER(スリムダイバー)
メーカー提供画像

防水ケースは遊びに行く時だけ使い、普段はお気に入りのケースを使っていたい人も多いハズ。

「SLIM DIVER」は工具を一切使わずに着脱できるので、手間なく簡単に付け外しが可能。レジャーに出かける時だけでなく、雨天の通勤やジョギングの際などシチュエーションに合わせて、気軽に付け替えられるメリットがありますよ。

SLIM DIVER(スリムダイバー)
メーカー提供画像

ケースを装着した状態でも有線ケーブルで充電が可能です。※純正ケーブルの使用は検証済みですが、別メーカーのケーブルだと使えない可能性があります。

SLIM DIVER(スリムダイバー)
メーカー提供画像

Touch IDやワイヤレス充電にも対応していて、普段通り操作できるので快適に使えますよ。

SLIM DIVER(スリムダイバー)
メーカー提供画像

水の侵入を防ぐため隙間なく覆(おお)っている設計のケースなので、多少音がこもる可能性はありますが、メーカー公称によるとケースを装着した状態でも通話は可能とのこと。スピーカーに関しては、裸の状態よりもやや音がぼやけて聴こえてしまいますが、使えないことはありませんよ。

ライターから一言

レジャーに行く時は、防水ケースがあるとiPhoneを安心して使うことができます。写真や動画撮影の際に気兼ねないので、思い出を切り取る上で欠かせないアイテムですよ。しかも耐衝撃仕様になっているので、遊びも仕事もアクティブに過ごしたい人にはおすすめですね。

あわせて読みたい!こちらの記事もチェック

LINE@の新規友だち登録で8%OFFクーポンをプレゼント

※友だち追加時のメッセージでクーポンコードをお知らせします。

この記事が役に立ったら
シェア!しよう

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア