整理整頓に欠かせないテプラPROシリーズから初のスマホ専用プリンタ「MARK」登場

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

1,927

「テプラ」PRO“MARK”
メーカー提供画像

みなさんこんにちは。新人ライターの僕です。

ライターのお仕事をはじめて半年が経とうとしていますが、最近机の上が書類やノートで散らかってきました。

そろそろキレイに片付けないとまずい・・って思っています。

そんな僕のような整理整頓が苦手な人にぴったりなラベルプリンター「「テプラ」PRO“MARK”」を紹介したいと思います。

みなさんご存知のテプラシリーズはキングジム社(東京都千代田区)から販売されているラベルプリントシールのことです。

誰でも簡単に好きな文字をプリントしてシールを作れる便利アイテムなので、会社や学校など多くの場所で使われています。

一度は見かけたり、使ったりしたことはあるのではないでしょうか。

今回のテプラはPROシリーズ初のスマホ専用機種。自分が使っているiPhoneやAndroidスマホに専用アプリをインストールしてテプラとBluetooth接続すれば、簡単にラベルに印字したい文字入力ができちゃう優れモノ。

しかもデザインがおしゃれ。それもそのはず、無印やパナソニックの製品をデザインした経歴を持つ有名デザイナー『柴田 文江』氏が今作「テプラPRO MARK」のデザインを手掛けているとのこと。

シンプルながら、無垢で優しさを感じるフォルムなので、家族が集まるリビング、自宅の書斎、会社のデスクなどのインテリアとしても素敵ですよ。

それではスマホ連動のテプラPROシリーズ最新作「MARK」の詳しい仕様をチェックしていきましょう。

製品仕様はこちら。

  • 製品名:「テプラ」PRO“MARK”
  • JAN:4971660776429、4971660776436
  • 型番:SR-MK1ヘ-、SR-MK1カ-
  • カラーバリエーション:ベージュ、カーキ
  • メーカー:株式会社キングジム (東京都千代田区)
  • 本体サイズ:約55×133×146mm
  • 重量:約470g ※電池・テープ除く
  • 電源:単3形アルカリ乾電池 または 単3形充電式ニッケル水素電池×6本、ACアダプタ(AC1116J) ※すべて別売り
  • 接続方法:Bluetooth
  • プリント方法:サーマルヘッド(360dpi・256dot)、熱転写PRO印刷方式
  • 対応カートリッジ:PROテープカートリッジ4、6、9、12、18、24mm
  • 最大印刷可能幅:18.1mm(24mm幅テープ使用時)
  • オートカッター:対応
  • 専用アプリ:Hello対応
  • アプリ対応機種:iOS12.0以降、Android7.0以降
  • 同梱物:「テプラ PRO“MARK”」本体、取扱説明書(保証書付)

スマホからピピッと。超カンタンにラベルシールが作れちゃう!

「テプラ」PRO“MARK”
メーカー提供画像

テプラMARK専用アプリ「Hello」をスマホにインストール。テプラ本体とスマホをBluetoothにより簡単に接続できます。

「テプラ」PRO“MARK”
メーカー提供画像

使用シーンから使うテンプレート画面を最初に選ぶことができるので、どの小物に合うかを想像しながら作れますよ。

しかも「クイック作成」「一括作成」「こだわり作成」の3つの作成方法から選べるので、直ぐに作りたい人、じっくり丁寧にこだわりたい人など好みによって作り方を変えられます。

「テプラ」PRO“MARK”
メーカー提供画像

「クイック作成」はチャット感覚で文字を入力するだけ。細かい設定は必要なく、時間をかけず直ぐにラベルをプリントしたい人におすすめです。

「テプラ」PRO“MARK”
メーカー提供画像

「一括作成」は複数のラベルを編集と印刷が可能です。会社なら複数の書類ファイルに使う時だったり、自宅のキッチンなら調味料を管理するのに便利です。

僕の場合なら、洗面台のボトルをすべて無印良品の白い無地ボトルにしているので、そちらに貼るといい感じかも。外からは見分けが付かない中身が一目瞭然。しかもボトルの色はすべて統一できてスッキリするからおすすめですよ。

「テプラ」PRO“MARK”
メーカー提供画像

「こだわり作成」はテンプレートをもとに、一からオリジナルラベルを作成できます。印字するテキストや絵文字を編集したり、スマホで撮影した写真や画像を挿入するなんてことも。インテリアの雰囲気に合わせてラベルを作りたい時なんかにおすすめですね。

「テプラ」PRO“MARK”
メーカー提供画像

他に便利なのが、ラベルに時間を紐付けるタイムラベル機能を搭載していること。

印刷したラベルに日付や曜日を紐付ければ、アラームで知らせてくれます。調味料や食品の賞味期限、加湿器や空調のフィルター交換、ゴミ捨ての曜日など忘れがちなことを登録しておくと便利ですよ。

くっきり見える!鮮明に文字や画像が印字できる。

「テプラ」PRO“MARK”
メーカー提供画像

テプラPROの最上位機種同等のインクヘッドを搭載。細かい文字や画像を鮮明に写し出すことができるようになっています。

スマホ連動の「テプラ」Lite LR30よりも表現の幅が広がりそうですね。

ラベルカートリッジはテプラPROシリーズに対応しています。同シリーズであれば併用ができるので幅広い機種に使えますよ。

「テプラ」PRO“MARK”
メーカー提供画像

テプラPROのラベル印字はお店屋さんに置いてあるレジのレシートのように感熱シートを使った印字方法です。直接用紙に熱を加えて印字するので3〜4年は文字や絵が消えずに長期間使えるそうです。

こんなの欲しかった。無垢で優しいデザインがオサレ。

「テプラ」PRO“MARK”
メーカー提供画像

「テプラ」PRO“MARK”のプロダクトデザインは、デザイナーの柴田 文江氏が担当されています。

同氏がデザインした製品はいくつもあり、みなさんが知っているところだと無印良品の「体にフィットするソファー」や「歯ブラシ」「ヘアドライヤー」、Panasonicの「補聴器」などが馴染みがあるでしょう。他にも文房具や家具・カプセルホテルなど幅広い製品のデザインを手掛けている有名デザイナーさんなのです。

「テプラ」PRO“MARK”
メーカー提供画像

「テプラ」PRO“MARK”は、「アイコニック」=誰しもが思うそれらしい姿でありながらアイデンティティを感じるデザイン。というコンセプトで作り上げ、シンプルで洗練されたディテールが際立っています。

僕個人的には、無垢な中にどこか人肌の温度を感じる優しいデザインがめちゃくちゃ好き。いかにも文房具感のある無骨な形ではないので、デスクのインテリアにも映えそう。

「テプラ」PRO“MARK”
メーカー提供画像

オフィスで使うのはもちろんですが、カフェや雑貨店などで使った後、棚やスペースにちょこんって置いてあってもおしゃれですね。

ライターから一言

オフィスのラベルプリンターで超有名なテプラPROシリーズ。そんなテプラPROシリーズ初のスマホ専用モデルは、見た目がとにかくおしゃれ。デスクの上や自宅の書斎やリビングの棚などに置いてあるとインテリアにもなりますよ。もちろんラベルプリンターとしての性能も高く、スマホと連動してサクッとラベルが作れちゃう手軽さも魅力ですね。

あわせて読みたい!こちらの記事もチェック

LINE@の新規友だち登録で8%OFFクーポンをプレゼント

※友だち追加時のメッセージでクーポンコードをお知らせします。

この記事が役に立ったら
シェア!しよう

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア