おしゃれなLEDランタンの人気おすすめ最強10選!キャンプ・防災に活躍する安全性の高いランタン【2021年最新】

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

2,414

おしゃれなLEDランタンの人気おすすめ最強10選!キャンプ・防災に活躍する安全性の高いランタン【2021年最新】

キャンプや防災グッズなどアウトドア利用できるLEDランタンは、ガスを使わず、安全性の高いランタンとして知られています。

キャンプサイトやテントの中や明るく照らすLEDライト・LEDランタンは今やキャンプには欠かせないグッズの一つです。大手ネットショップAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングを探すと実に多くのLEDランタンやLEDライトが並んでいます。

小さくて明るいLEDランタンもあれば、有名メーカーのコールマンやジェントスなどの長時間動作するバッテリー持ちの良いLEDライトだったり、炎のゆらぎを楽しめる凝ったものやベアボーンズのようにレトロな雰囲気を醸し出すLEDランタン、さらにはグランピングに映えるアンティーク調のブルーノやバルミューダなどのお洒落LEDランタンまで多数あります。

また値段もピンきりで、電池持ちに特化して価格が安いLEDランタンから、虫を灯りでおびき寄せて駆除できる値段の高めな特殊仕様までさまざまなので、どれを選べばよいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、LEDランタンの選び方に重要なチェックポイントや機能のメリット・デメリットのほか、AppBank Storeで売れ筋のおすすめLEDランタンについて紹介していきます。

LEDランタンとは?

「LEDランタン」とは、電池や充電池を使用した電気のランタンのことを指します。
ガスや燃料を使用しないため、火傷や倒して火事になるといったことはありませんし、一酸化炭素中毒を引き起こす心配がありません。
明るさ調整ができたり、明るさの色が選べるので、キャンプなどのアウトドアはもちろん、防災グッズとしても活躍します。

数あるLEDランタンの中で、国内ではトップシェアを誇るジェントスやデザインがおしゃれで人気のコールマン、さらにキャンパーから支持を集めるルーメナーが有名どころです。

近年ではグランピングが流行していることで、見栄えの良さやインスタ映えするお洒落なデザインにも注目が集まっています。ベアボーンズ・ブルーノ・バルミューダなどのメーカーからはレトロ調やアンティーク風のLEDランタンが続々と発売されています。デザイン性の高さとふんわり照らすあたたかい光が特徴です。明るさのみにこだわらず、優しいテイストの灯りが映える雰囲気作りに役立つので、人気になっている傾向にあります。

 

LEDランタンのメリット・デメリット

ガスランタンやオイルランタンはマントルを交換したりする関係で手間がかかり、火を使うのでやけどや火事のリスクが付き物です。しかし、LEDランタンの場合には電気の力で動くのでメンテナンスの手間がなく、火を使わないことでお子さんがいる家庭や大人数でも安心して使えることがメリットとしてあげられます。

LEDランタンはガスやオイルなど燃料を必要とせず、電力の確保さえできれば良いので電池を使い切ってしまっても、乾電池タイプなら交換すれば使えますし、バッテリー内蔵型なら手持ちのモバイルバッテリーで充電することで復活します。長時間使用する場合に高い利便性があると言えるでしょう。

その一方で、各種ギアを使ってひと手間かけること自体に楽しみを感じている人からすると、スイッチひとつで点灯するLEDランタンに物足りなさを感じるかもしれません。また、暖色系のナチュラルな灯りとは一方届かず、光量がだしにくいデメリットもあります。光や炎のゆらぎを演出できる自然な明るさを求めるのであれば、一般的なガスランタン等を利用するのが良いでしょう。

LEDランタンの選び方

LEDランタンの購入を検討する際には、次のチェックポイントを重視したうえで、選んでいくのがおすすめです。

●給電方法
●明るさ
●光の色
●連続点灯時間
●置き方種別
●その他の機能

では、具体的に紹介していきます。

給電方法

LEDランタンの給電方法には、充電式のものと電池式のものがあります。
充電式のものには、コンセントやシガーソケットを利用して充電するタイプや、太陽光を利用するソーラータイプ、またハンドルの手回しで充電する手回しタイプがあります。

災害時に利用する場合には、手回しタイプやソーラータイプの利用が便利です。
また、電池式のものには、単1形・単3形乾電池を利用して給電するタイプのものが多くなっています。

電池が切れた場合は、電池交換するだけで再度利用できるため、手軽に利用できる点でもメリットがあります。

充電式

USBポートへ充電ケーブルを繋いで、コンセントやシガーソケットから電力を充電するポータブルタイプの充電式LEDランタンがあります。充電式の中ではもっともポピュラーで利用者が多く、自宅で満充電してキャンプに出かけることが一般的です。また、充電がなくなった場合でも、モバイルバッテリーやポータブル電源を利用して充電すれば、何時間でも使えることから便利なタイプとなっています。

次に、搭載されたソーラーパネルによって、自然の太陽光から電力を溜めるソーラータイプのLEDランタンもあります。自然のエネルギーを利用するサステナブルなキャンプ用品です。ただし、天候に左右されることや電池のたまり具合が遅いことなどがデメリットになります。

そして、ハンドルを回してモーターから発電し、内蔵バッテリーに電力を蓄電する手回しタイプのLEDランタン。災害用途にも用いられるタイプで、電力が絶たれた状態では最も頼りになります。キャンプだけでなく停電対策としてもニーズのあるLEDランタンですね。

乾電池式

乾電池式はバッテリー内蔵型の充電式に比べてバッテリーの劣化がなく、電池が切れたら交換すればよいメリットがあります。乾電池を購入しておくことを忘れる場合があるので注意が必要ですが、コンビニなど日本なら比較的どこでも手に入りやすいのも利点です。

明るさ(用途にあわせて明るさを選ぶ)

LEDランタンの明るさを示す値は「ルーメン(lm)」という単位で表されます。
このルーメンの数値が大きくなるほど、明るいLEDランタンということです。

大人数で行うキャンプや、アウトドアで利用するメインランタンに利用するには、1000ルーメン以上のものがおすすめですが、電池の減りが早い場合もあるので明るさ調整ができるか注意して選びましょう。

また、テント内や作業中の手元を照らすサブランタンには、虫の寄せ付けや目の疲れを防ぐためにも、あまり明るいものは避けるのが良いでしょう。
具体的には、100~300ルーメン程度の明るさのものを選ぶのがおすすめです。

その他、夜間の散歩などに利用できる持ち運び可能な持ち歩き用ランタンには、100ルーメン程度でコンパクトな商品を選ぶと便利です。

光の色

光の色にもこだわればより一層キャンプの雰囲気づくりを演出できたり、料理や作業が快適になります。優しい印象のある暖色光とはっきりとした白色光の2種類の色を解説します。

暖色光

暖色ライトは、オレンジがかった色をしていてお部屋の間接照明に用いられることが多いです。リビングや寝室などに暖色光をもってくると落ち着いた印象になるのと同じく、キャンプサイトへ温かみのある優しい雰囲気を演出できます。夜に語らい合う際、ちょっとムーディーな雰囲気にしたい場合におすすめです。

白色光

白色ライトは太陽光に近い白っぽい色をしています。似た光に蛍光灯の色を想像すれば分かりやすいかもしれませんね。はっきりくっきり照らしてくれるので、包丁を使う料理をしたり、ナイフを使う作業の場合に重宝します。

連続点灯時間

LEDランタンの連続点灯時間は、最低4時間以上のものを選ぶようにしましょう。もちろん長時間点灯できるLEDランタンが便利ですが、形が大きくなったり重量が重くなるので留意が必要です。

アウトドアで使う場合であれば、夏場は5時間、冬場は7時間ほどの利用が目安になります。
また、防災用で購入する場合は、1~2週間程度の長期利用ができる商品を選ぶのがおすすめです。

置き方種別

LEDランタンの置き方は、

●吊り下げ型
●据え置き型
●ハンディ型

の3つのものが多くなっています。以下にこれら3つの置き方種別ごとのLEDランタンの特徴を紹介します。

吊り下げ型

吊り下げ型のLEDランタンは、ランタン用のポールに吊り下げて、高い位置に配置するメインランタンとして多く利用されています。

据え置き型

据え置き型のLEDランタンは、卓上に配置して料理や身の回りのものを照らすのにぴったりです。
また、防災用のLEDランタンとして使うにも、据え置き型の商品はおすすめです。

ハンディ型

ハンディ型のLEDランタンは、懐中電灯として使えるものも多く、コンパクトなタイプが主流となっています。
キャンプでの利用のほか、防災用として利用するのにもぴったりです。

その他の機能

そのほかにも、LEDランタンを選ぶ際には、調光機能や耐衝撃性、防水性についてもチェックするとよいでしょう。それぞれの機能について解説していきます。

調光機能(シーンにあわせて明るさを調節)

便利に快適にLEDランタンを活用するのに役立つのが調光機能です。明るさを調節することで、調理・作業・雰囲気作り、就寝時のようにシチュエーションに合わせて最適な光を灯すことができます。

調光することで、無駄なバッテリー消費を抑えて長時間LEDランタンを使えたり、乾電池を交換する頻度を減らして経済的などの利点があります。

耐衝撃性

落下や衝撃に耐えられる、壊れにくいLEDランタンは、アウトドアではもちろん、防災グッズとして利用するのにもおすすめです。

購入前に耐衝撃性はどうか、確認しましょう。

防水性

雨による浸水や釣りでの利用など、防水性の高さはLEDランタンを選ぶうえでも重要なポイントとなります。
そのためには、防水性の高さを示す防水等級(IPX)を基準に商品選びをするとよいでしょう。

一般的に防水性の高い商品とされるのは、IPX5以上の商品となります。
中でもIPX7以上の商品は、完全防水の商品として、防災グッズとしても安心して使える商品です。

モバイルバッテリー機能

リチウムイオンバッテリーを搭載している充電式LEDランタンに搭載されていることが多い機能として、モバイルバッテリー機能があります。

スマートフォンやタブレット端末、電子タバコやワイヤレスイヤホン・スピーカーなどの電力チャージに活用できます。電源確保が困難なアウトドアレジャーにおいてはランタン自体が電力源になるというのはメリットですよ。

LEDランタンの人気おすすめランキング10選

それでは最後に、AppBank StoreおすすめのLEDランタンをご紹介します。おしゃれな外観をしたLEDランタンやコスパ最強クラスに価格を抑えたモデルなど幅広くピックアップしています。
「使い勝手のよいLEDランタンを購入したいが、どの商品を選べばよいかわからない」という方はぜひ参考にしてください。

GIMMICK(ギミック) LEDランタン モバイルバッテリー機能付き

GIMMICK(ギミック) LEDランタン モバイルバッテリー機能付き

新鋭アウトドアブランドGIMMICK(ギミック)のLEDランタンは最大850ルーメンの明るさで周囲を照らしてくれます。4段階の明るさ調整ができるので、就寝前の保安灯やテント内の照明・外灯などの代わりに使えます。LEDライトの発色も切り替えることが可能。白色・暖色・白色×暖色の3パターンになっています。室内の雰囲気作りやガレージや倉庫などで使用する際の色味を自由に調整できるのはうれしいポイントです。

設置方法は2通りです。1つ目はスタンドにして床やテーブルなどに立てかけられます。日が沈んだキャンプ場でテーブルを囲んで食事をする際にチョコンとテーブルに置いておけますよ。夜にガレージで車やバイク、自転車の整備をしたい時にも広範囲を照らしてくれるので便利ですよ。フックを使えば吊り下げることもできます。テントなどの天井に吊るして室内の照明になったり、木の枝やポールに引っ掛ければ外灯にもなりますよ。

また、「GIMMICK LEDランタン」は10,000mAhのモバイルバッテリーを搭載。iPhoneやAndroidスマートフォンなら約2回~3回は充電することができます。アウトドアでコンセントが無い時や緊急時の予備電源としてもしもの時に使えるのでこれ一台あれば安心できますよ。

色合いはブラックとベージュの2色展開です。ブラックはどんなキャンプグッズやファッションにも合わせられる定番色です。ベージュはLEDランタンには珍しい色味で優しい雰囲気を醸し出しています。明るい色合いなので、女性も使えておしゃれなデザインになっていますよ。

モスキートキラーランタン 虫取りLEDライト 3R-MKL01

モスキートキラーランタン 虫取りLEDライト 3R-MKL01

アウトドアレジャーは外で楽しむので、たくさんの虫がやってきます…。6月〜9月のアウトドアシーズンは特にモスキート「蛾」が天敵。人がいるベースキャンプやライトの周りに集まってきます。虫刺されが悩みの種になりますよね。

その習性を利用した便利なアイテムが「モスキートキラーランタン」名前の通りで虫を光で誘き寄せて電気ショックで退治してくれるアイディアLEDランタンです。

最大150ルーメンの明るさでLEDランタンとしてキャンプ場やテント内を照らしてくれます。3段階の明るさ調整が可能でLEDランタンの性能も確保されています。夏場のキャンプシーズンにあればうれしい便利なランタンになっています。

商品はこちら

KMコーポレーション 超軽量LEDランタン LUMENA(ルーメナー)7 LEDランタン

KMコーポレーション 超軽量LEDランタン LUMENA(ルーメナー)7 LEDランタン

「LUMENA(ルーメナー)」は、超軽量で小型ながらロウソク1300本分の圧倒的な明るさを誇る人気のLEDランタンです。
明るさは「昼白色モード」「電球色モード」いずれも4つのモードでの切り替えができ、最大1300lmでも約8時間点灯が可能になっています。

また、緊急時のモバイルバッテリーとしても利用できますので、防災アイテムとしても手軽に活用できます。
片手で持ち運べるコンパクトな形状で、キャンプなどのアウトドアシーンでも大活躍するLEDランタンです。

ユニーク 360度 全方位スピーカー コンパクトでタフなLEDランタン IP67防塵防水 Bluetoothスピーカー「エコランタン」

ユニーク 360度 全方位スピーカー コンパクトでタフなLEDランタン IP67防塵防水 Bluetoothスピーカー「エコランタン」

アウトドアに適したスピーカー付きのユニーク「エコランタン」は、水洗いも可能なほど防水機能に優れたLEDランタンです。
卓上に置いて使用できるほか、吊り下げても利用できるため、アウトドアでの利用に大活躍します。

また、コンパクトな形状ながら、最大400lmの明るさをもつLEDランタンとなっており、テント内のメインランタンや卓上にのせて間接照明としても利用できます。
Bluetoothにも対応しているので、スマートフォンにペアリングさせて音楽を楽しめるという点でも魅力的な商品です。

OWLTECH 大容量モバイルバッテリー搭載 LEDキャンピングランタン 6700mAh OWL-LPB6701LAシリーズ

OWLTECH 大容量モバイルバッテリー搭載 LEDキャンピングランタン 6700mAh OWL-LPB6701LAシリーズ

OWLTECHの「LEDキャンピングランタン」は、LEDランタンとしての利用はもちろん、付属のUSBポートからスマートフォンの充電も可能な商品です。

明るさは、最大で260lm、IP65の防水・防塵性能を備えており、アウトドアでの利用のほか、防災グッズとしても活用することができます。
バッテリー残量がわかりやすいインジケーター付きで、バッテリー充電のタイミングを調整しやすい点でも使い勝手のよいLEDランタンとなっています。

DACH Lunar LEDランタン

DACH Lunar LEDランタン

一見、LEDランタン?と思わせる昔ながらのガスランタンのようなビンテージ感あふれるデザインがおしゃれ。LEDライトとしては、屋外で十分な最大430ルーメン(lm)を誇り、暖色系に照らしてくれます。キャンプやバーベキューなどアウトドアレジャーでの雰囲気をより一層リッチに引き立ててくれますよ。

本体の上下を分解することができて、立てて使う卓上LEDランタンの他に付属の持ち手を取り付けて懐中電灯としても活用できます。暗闇でのキャンプ場の移動やテントで使うときに便利な仕様になっています。

INOVA サージLEDランタン モバイルバッテリー機能付

INOVA サージLEDランタン モバイルバッテリー機能付

重量がわずか245g、手のひらにちょこんと乗るサイズ。テーブルでスタンドに使ったり、移動中にバックパックのベルトに取り付けたり、テントで吊り下げたりなどコンパクトかつ軽量で使い勝手の良いLEDライトです。白色LEDだけでなくサージLEDを採用することで、太陽光のように明るい『白色』、優しい印象の『中間色』、温かみのあるムーディーな『電球色』のバリエーション豊かな表情をみせてくれます。4段階の調光が可能で、遭難信号にも対応しているので万が一の際に安心ですよ。

バッテリー容量は10000mAh搭載していて、最長で41時間ほど点灯する電池持ち。夜間帯だけ点灯させることを考えると数日は持つ計算になりますね。また、スマホ充電用のモバイルバッテリーにもなる2in1仕様。LightningケーブルやUSB-Cケーブル等の充電ケーブルさえ持っていけば、スマホの電池がなくて天候の確認や緊急時の連絡ができない!っていう緊急事態に役立ちますよ。これだけ高機能かつ高性能でありながら、5千円を切る最強レベルのコスパも魅力的ですね。

LEDランタン LUMENAⅡ(ルーメナー2)

LEDランタン LUMENAⅡ(ルーメナー2)

キャンパーから絶大なる人気を誇るLEDランタンLUMENA(ルーメナー)のセカンドモデル。第一弾モデルより4千円ほど価格が上がりますが、明るさが1500ルーメンになり大幅スペックアップしています。家庭にある一般的な懐中電灯が100ルーメンもしくは200ルーメンと言われる中、相当な明るさを確保することができますね。しかも、落下に強い耐衝撃設計かつ、防水防塵規格IP67対応になり水や砂利に耐性があるタフモデルになっています。

LEDの色は、「昼光色」「電球色」「昼白色」の3種類に照らしてくれます。晩ごはんを囲む時には温かい「電球色」でムードを出したり、作業をする時には視認性の高いくっきりとした「昼光色」にするなどシチュエーションに合わせて色味や明るさ調整して使い分けることができる便利な仕様。

他にもスマホの緊急用バッテリーとしてケーブルをつなげてiPhoneやAndroidスマートフォンを充電できたり、本体の背中にはフックが付いているので木やテントからぶら下げることができて便利ですよ。

LUMENAプラス(ルーメナープラス) LED式ランタン

LUMENAプラス(ルーメナープラス) LED式ランタン

LEDランタン「ルーメナーシリーズ」の第3弾となる最新モデル。シリーズ史上最も明るい1800ルーメンを誇り、Lowモードでは最大200時間のたっぷりな連続点灯時間を実現しています。連泊のキャンプにも耐えられるバッテリー持ちが魅力ですね。

LGイノテック製の最高等級G3 PRIME LEDを搭載していて、Highモードにすればローソク1800本分の十分な明るさを確保できます。テント内はもちろん、大きなサイズのタープテントなどにも対応できて余りある照明の役割を担ってくれますよ。

明かりは『昼光色』『昼白色』『電球色』の3色に切り替えが可能で、明るさ加減も4段階に調整できます。夜間の炊事には電球色のハイモードにして手元をしっかり照らして安全に調理を楽しめるメリットがあります。また、焚き火を囲んで談笑している時には、昼光色のロウモードでいい感じの雰囲気作りに一役買います。

本体にはUSB-Aポートが付いているので、スマホの電池切れの際にモバイルバッテリー代わりとして使えます。移り変わりの早い山の天気を把握する情報収集ができない!ってとうピンチに安心。そして、災害が起きた際には、緊急点灯である国際遭難SOSモールス信号を発することも。防災の観点においても心強いLEDライトです。

NaFro 意外と便利な2Wayランタン

NaFro 意外と便利な2Wayランタン

小さいボディで持ち運びに優れたLEDランタン。アウトドアレジャーやキャンプで使うのにピッタリです。折り畳めば半分のサイズ感なのに、140ルーメンの明るさでしっかり周囲を照らしてくれます。BBQ時テーブルに置いたり、テントの上に照明としてぶら下げておくのもアリですね。

ライトは3段階の調光で、強と弱、点滅が選べます。ベースキャンプでの使用や緊急時のSOSライトなど状況に応じて使いこなせるのは結構便利。

さらにiPhoneやAndroidを充電できるモバイルバッテリー機能付き。ついつい思い出作りに動画や写真を撮ってしまいがち。気づかないうちに電源が無くなって焦っても近くにコンセントがない可能性が高いですよね。800mAhの容量なのでフル充電とはいきませんが30%程度はデバイスに電力を供給することが可能になっていますよ。

ライターから一言

アウトドアや防災に幅広く使えるLEDランタンを上手に選ぶには、給電方法や明るさ、連続点灯時間、置き方、耐衝撃性や防水性などその他機能に注目した商品選びをするのがおすすめです。

今回ご紹介した内容を参考に、用途にあったLEDランタンの購入をご検討ください。