iPhone12を爆速チャージしたい。それ「Anker PowerCore Essential 20000 PD 20W」が実現します

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

724

Anker PowerCore Essential 20000 PD 20W
メーカー提供画像

2021年2月11日(木曜)、アンカー・ジャパン株式会社(東京都中央区)はスマホと重ね持ちできる普段使いにぴったりな薄型モバイルバッテリーシリーズEssential(エッセンシャル)より、新作「Anker PowerCore Essential 20000 PD 20W」の発売を発表しました。

この新作モバイルバッテリーは、iPhone12・12Pro・12Pro Maxの急速充電に対応する20W出力を実現しています。そのため、移動中のわずかな時間だったり、出先でのちょっとしたスキマ時間に爆速で電力チャージができますよ。

忙しい現代人の頼もしいモバイルバッテリーですね!

なおかつ、iPhone12を約5回も繰り返し充電できる2万mAhの大容量ながら価格を抑えて、お値段5,290円(税込)の高コスパモデルです。

急速充電規格USB PD対応のUSB-Cポートが1口、PowerIQ 2.0対応USB-Aポートが1口の合計2ポートを搭載。2台同時充電にも対応していて、iPhoneとiPadなどスマホ&タブレットを持っている人ならいっぺんにチャージできて便利ですね。

表面はスタイリッシュなメッシュデザインになっていて、スマホと重ねて持ったときにスマート。出勤のときや忙しいとき仕事中に充電しながら出かけたいってシチュエーションに最適ですよ。

それでは充電回数・スピード・デザイン・サイズ・重量などを中心に詳しくチェックしていきましょー。

製品仕様はこちら。

  • 製品名:Anker PowerCore Essential 20000 PD 20W
  • 型番:A1287011
  • JANコード:4571411193958
  • メーカー:アンカー・ジャパン株式会社(東京都中央区)
  • 製品種別:モバイルバッテリー
  • バッテリー容量:20000mAh
  • 目安充電回数:iPhone12を約5回、Galaxy S20を約3.5回、iPad mini 5を約2.6回
  • 寸法:約158×74×19(mm)
  • 重さ:約346g
  • 搭載USBポート:入出力対応USB-Cポート×1口、出力専用USB-Aポート×1口
  • USB-C入力:5V=3A、9V=2A、15V=1.2A
  • USB-C出力:5V=3A、9V=2.22A
  • USB-A出力:5-6V=3A、6-9V=2A、9-12V=1.5A
  • 合計最大出力:USB-Cポート単体利用→20W、USB-Aポート単体利用→18W、2ポート同時利用→15W
  • USB Power Delivery:対応
  • PowerIQ 2.0:対応
  • 本体充電時間:6.8時間(※18W出力のPD対応USB急速充電器使用時)、20.8時間(10W出力のUSB充電器使用時)
  • メーカー保証:18ヶ月
  • 同梱物:「Anker PowerCore Essential 20000 PD 20W」本体、USB-A to USB-Cケーブル、USB-C to USB-Cケーブル、トラベルポーチ、取扱説明書

iPhone12を5回も!?スマホの電池切れから開放される大容量20,000mAh!

Anker PowerCore Essential 20000 PD 20W
メーカー提供画像

2cmもないくらいの薄型形状でありながら、2万mAhものバッテリー容量を積んでいます。

2万・・?って思った人も多いでしょう。

どれくらいかと言うと、メーカー公称値でiPhone12なら5回フル充電、Galaxy S20で3回以上フル充電、iPad mini 5で3回以上フル充電できる容量。

チャージ中の充電効率によって若干は落ちると思いますが、理論値としてこれだけスマホ・タブレットを充電できるなら普段使いなら十分過ぎ。

iPhoneユーザの私なら、平日5日間の通勤でこれ1台で過ごせかも。あと、旅行や帰省・出張のお供にもぴったりですね。

スマホの電池大丈夫かな?(焦)・・って心配から開放されますね。

ちなみに、アンカーならではの安全保護多重システムも搭載。リチウムイオン電池を搭載したモバイルバッテリーから発火するなんて事故が一時期ニュースになったこともありますが、そういった不安からも開放される安心の品質ですよ。

たった30分で50%も溜まるなんてステキ!iPhone12を最速で急速充電してくれる!

Anker PowerCore Essential 20000 PD 20W
メーカー提供画像

このモバイルバッテリーが進化した点として大きいのが、やっぱり20W出力にパワーアップしたことですね。

PD対応のUSB-Cポートのみ使って充電した場合に最大20W出力出せるので、iPhone12シリーズを最速で充電してくれます。

30分間でなんと半分、50%もチャージできる急速充電!この速さが魅力ですよね。

「あ、充電するの忘れてた!」っていう朝だったり、「ゲームに夢中で、電池ヤバ!」って通勤電車の中だったり・・

そんな急ぎのシチュエーションで、短時間でサッとスマホ充電をある程度溜められるのが便利なポイントですね。

Anker PowerCore Essential 20000 PD 20W
メーカー提供画像

ただし、iPhoneを最速で充電するには、急速充電に対応したUSB-C to Lightningケーブルを使う必要があるので、持っていない人はこの機会に一緒に揃えておくことをおすすめします。

私の場合は、このAnker製のUSB-C&Lightningケーブルを使っています。耐久性もあってちょうどよい長さなので使いやすいですよ、ご参考に。

Anker PowerCore Essential 20000 PD 20W
メーカー提供画像

USB-Aポートの方は単体利用で最大18W出力に対応。もしUSB-C端子の充電ケーブルを持っていなくても大丈夫。しかも、18W出力ならかなり早い方なのでスマホ充電なら十分なスピードでチャージできるでしょう。

そして、USB-CポートとUSB-Aポートの両方にケーブルを繋いで2台同時充電するときには、合計最大15W出力となります。

Anker PowerCore Essential 20000 PD 20W
メーカー提供画像

モバイルバッテリー自体を充電する際は、18W出力対応のPD急速充電器を使えば約6.8時間(メーカー公称値)で満タンになるのだとか。

2万mAhの大容量が、寝て起きたらチャージされてるって考えるとやっぱり早いですね。

他にも、ワイヤレスイヤホンやスマートウォッチなど小型ガジェットにぴったりな低電流モードにも対応しています。

ボタンを2回間髪入れずに押す、もしくは2秒長押しで低電流モードに移行します。インジケータが緑色になれば低電流開始のサインですよ。

板チョコ3枚分くらいのスリムなボディ。重ねて持ち歩きたいときに超便利!

Anker PowerCore Essential 20000 PD 20W
メーカー提供画像

モバイルバッテリーの本体サイズは、縦の長さが約158mm、横幅が約74mm、厚みが約19mm。

板チョコ3枚分くらいのサイズ感。

スマホを充電しながら持ち歩きたいってときにモバイルバッテリーを重ね持ちしますよね?そんなときに持ちやすくて超便利!

本体の重量は約346g。iPhone 12 Proがだいたい187gだから、2台分くらいってとこかな。

20,000mAh積んでいるモバイルバッテリーがこれくらいなら全然許容できる重さでしょ!

個人的には、手持ちのカバンやバックパックに入れておいても気にならないくらいの軽量だと思いますよ。

Anker PowerCore Essential 20000 PD 20W
メーカー提供画像

表面にはメッシュ加工が施されていて、スタイリッシュな印象。ビジネスシーンでも使えるスマートなデザインですよ。

ライターから一言

モバイルバッテリーっていっぱいあって、迷っちゃいますよね。今回の新作も、見た目だけではどこが良いのかって分かりにくい人も多いハズ。なので、私なりにこういう人ならぴったりですよ!っておすすめするなら、iPhone12シリーズを使っている人で、電池が1日持たなくて、なるべく短時間にパパっと充電を済ませたいって人に使ってほしいですね。

急速充電に対応したUSB-C to Lightningケーブルはこちら