声で操作する完全ワイヤレスイヤホン「ROWCING AI-007」一般販売始まる

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

901

ROWCING AI-007(ローシング エーアイ ゼロゼロセブン)
メーカー提供画像

株式会社ブルーネクストジャパン(東京都大田区)は、同社が販売代理店を務めるROWCING社の完全ワイヤレスイヤホン「ROWCING AI-007(ローシング エーアイ ゼロゼロセブン)」の一般販売を開始しました。

今まで手を使ってコントロールしていたイヤホン操作を、声で操作可能にする画期的な技術が搭載されたイヤホンです。しかも、常時音声コマンドが働くため、日常生活に馴染むユーザビリティを実現しています。

カラーはブラック・ホワイトの2色展開。価格は、14,000円(税込)。

ROWCING AI-007(ローシング エーアイ ゼロゼロセブン)
メーカー提供画像

常時音声で話しかけることでイヤホン操作が可能なボイストリガー機能が最大の目玉。

充電ケースからイヤホンを取り出して耳に装着して「Hello Voice Q」と音声アシスタントを起動後に「~の曲」と話しかけると音楽視聴が可能。他にも曲送り・曲戻し、着信への応答・拒否、さらに音声アシスタントを起動すれば音量調整や「~に電話して」などの指示が出せる。

装着者の発音であるかどうかをイヤホン側が微細な振動で判断してくれる高精度な声紋認証を搭載。周囲の音がイヤホンに入ったとしても、誤操作を防げる設計です。

ROWCING AI-007(ローシング エーアイ ゼロゼロセブン)
メーカー提供画像

イヤホンは両耳合わせて約10gの軽量設計。カナル型のイヤホン筐体はエルゴノミックデザインを採用して、耳のフィット感を高めています。

チップにはQualcomm社のQCC3020をもとにKnowles社のテクノロジーを採用。さらに、低周波数帯域を得意とするウール素材の振動板が使われています。

6.1mm径の金メッキダイナミックドライバーを搭載、コーデックはSBC・AAC・apt-Xに対応。ペアリングにはBluetooth 5.0(Class2)対応、プロファイルはHSP・HFP・A2DP・AVRCPとなっています。

ROWCING AI-007(ローシング エーアイ ゼロゼロセブン)
メーカー提供画像

イヤホン単体での音楽再生には最大7時間、ケースに入れて充電を繰り返すことで最大35時間ほど駆動できます。

ROWCING AI-007(ローシング エーアイ ゼロゼロセブン)
メーカー提供画像

充電ケースには入力用USB-Cポートがある他、ワイヤレスチャージにも対応しています。お手持ちのワイヤレス充電パッドに置くだけでケーブルレス充電ができる便利な仕様になっています。

ROWCING AI-007(ローシング エーアイ ゼロゼロセブン)
メーカー提供画像

防水等級はIPX5、突発的な雨や汗へ耐性があり普段使いしやすい安心の性能です。

ライターから一言

完全に音声だけで操作ができる完全ワイヤレスイヤホンはほとんどありません。音声コマンドに慣れてしまえば、手を使わずにフルタッチレスでのイヤホン操作ができますね。