MacBook Pro・Airのポート難民を救う!なんと10ポートも拡張できる「HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ」が万能極まりない

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

556

HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ
メーカー提供画像

Apple成因周辺アクセサリーを手掛けるHyper(ハイパー)ブランド、その日本公式代理店である株式会社ロア・インターナショナル(東京都新宿区)から、MacBook ProやMacBook Airで困るポート不足を解消する10ポート拡張USB-Cハブ「HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ」が発売されました。

記事執筆時点での価格は、税込み12,100円です。

同製品は、MacBookでのあらゆるマルチな作業に対応しているUSB-Cハブ。

特徴なのが、分岐するデュアルUSB-C入力端子を採用していてさまざまなデバイスに対応できる点です。ヘッド部分をスライドさせることで分岐し、MacBook Pro/Air以外の製品にも活用できます。

各種端子に拡張することで、4K60Hz対応HDMIポートによるデュアル映像出力をはじめ、USB-Cポート、USB-Aポート、SDカードスロット、micro SDカードスロットなどを搭載。また、イーサネット端子で有線LANケーブルの接続、3.5mmオーディオジャック搭載でイヤホンやヘッドホンの有線接続を可能にします。

さらに、マルチタスクをしながら、PD対応USB-Cポートによる60W出力でパススルー充電が可能。MacBook Pro/Airの電池を気にする必要なく、快適なPC作業をこなせます。

MacBook ProもしくはMacBook Airを使っているなら持っておいて損はないであろうHyper(ハイパー)のUSB-Cハブの詳細をチェックしていきましょう。

製品仕様はこちら。

  • 製品名:HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ
  • 型番:HP-HD392GR
  • JANコード:4570047544769
  • ブランド:Hyper(ハイパー)
  • 販売代理店:株式会社ロア・インターナショナル(東京都新宿区)
  • 材質:CNCアルミニウム、ポリカーボネート、ポリ塩化ビニル
  • 重量:約109g
  • 寸法:本体:14.4cm×4.8cm×1.6cm
  • ケーブル長さ:24.5cm
  • 搭載ポート:USB-Cポート(入力)×1口、60WPD対応USB-CHDMIポート(出力)×2口、USB-Aポート×3口、ギガビットイーサネット×1口、SDカードスロット×1口、micro SDカードスロット×1口、3.5mmオーディオジャック×1口
  • 保証:購入より1年間(※付属品を除く)
  • 原産国:中国

10ポートを完備した抜群の汎用性。MacBook Pro/Airであらゆる作業が可能に!

HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ
メーカー提供画像

MacBook ProやMacBook Airではどうしても搭載されている端子(ポート)が少ない関係上、PC単体ではできる作業に限界があります。

HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ
メーカー提供画像

そこで、MacBookユーザはハブを使うことがマスト。

数あるハブの中でもこの「HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ」は、USB-CやUSB-Aなどメジャーどころは搭載、HDMI端子やSDカードスロット・イヤホンジャック・イーサネット端子などなど10ポートも搭載している抜群の拡張性が魅力なのです。

HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ
メーカー提供画像

USB-C入力ポートを2口使うことで、40K60HzのHDRデュアル映像出力に対応しています。

デュアルディスプレイ出力に対応するデバイスには、Macbook Pro 2020モデル・2019モデル・2018モデル(※M1チップモデルには非対応)、MacBook Pro 15インチ 2017モデル、MacBook Air 2020Retinaモデル・2019モデル・2018モデルなどがあります。

ちなみに、USB-Cポート1口に接続した場合には、1つのディスプレイへ映像出力になります。

HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ
メーカー提供画像

急速充電規格PD(Power Delivery)に対応するUSB-Cポートからは60W出力でデバイスの急速充電が可能。

しかも、ハブを使いながらでも同時にデバイス充電ができるパススルー充電に対応しているのはうれしいポイントですね。作業中に充電ができて便利ですよ。

HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ
メーカー提供画像

動画編集をしている人なんかだと、動画をアップロードする際にWi-Fi経由だとどうしても遅くなるので有線経由にしたいってこともありますよね。

そこで、ハブにはギガビットイーサネット接続にも対応しています。高速での通信が可能。重たい動画データのアップロードなどは有線LANで作業できて快適ですね。

HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ
メーカー提供画像

音楽を聴きながらパソコン仕事をしたい、音と映像を合わせながら遅延なく動画編集をしたい。

そんな要望に応える3.5mmオーディオジャックも付いています。お気に入りの有線イヤホンやヘッドホンを接続できますよ。

多くのUSB-Cデバイスに対応すべく、2つのUSB-C端子に分岐する!

HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ
メーカー提供画像

「HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ」本体とMacBook Pro/Airを繋ぐUSB-Cケーブルの先端は、スライドさせることで2つのUSB-C端子に分岐する仕様に。

HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ
メーカー提供画像
HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ
メーカー提供画像

2つのUSB-Cケーブルをそれぞれ単独のUSB-Cケーブルとして使うことでMacBook以外にもさまざまなUSB-Cデバイスに使うことができます。使用しているデバイスに合わせて、活用してくださいね。

アルミが使われ、MacBookとマッチする高級感のあるデザイン

HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ
メーカー提供画像

MacBook自体の筐体デザインがシンプルかつ高級感があるので、その周囲の周辺機器も外観にこだわりたいところ。

しかも、MacBookのそばに置いて使うハブならなおさらです。プラスチック感満載のチープなハブだと、美しいMacBookのデザインが台無し・・なんて思ってしまいます。

やっぱり格好良いデザインにこしたことはないし、Apple製品好きとしては製品のデザインも含めて性能だと思うんですよね。

HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ
メーカー提供画像

その点、「HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ」は無駄な装飾は一切なく、質感もMacBookとシンクロ率高め。

HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ
メーカー提供画像

ハブ本体の外観にはアルミニウム削り出しで作られていて、洗練されたシャープな印象を受けます。MacBookと合わせて使っても遜色ない高級感が味わえます。MacBookにマッチしているデザインですよね。

アルミニウムが採用されていることで耐久性があるだけでなく、重たい作業をする際に熱を持ちやすいハブの冷却効果も期待できますよ。

ライターから一言

MacBookのポート不足を解消する救世主!とでも言いたくなるほど汎用的に活用できる10ポート搭載のUSB-Cハブでした。MacBook Pro・MacBook Airのパフォーマンスを高めるこのハブを使って作業効率を上げましょう。

今回紹介した商品はこちら