アンカー、USB-C&Aの2in1ポータブルSDカードリーダー「Anker PowerExpand 2-in-1 SD 3.0 カードリーダー」発売

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

577

Anker PowerExpand 2-in-1 SD 3.0 カードリーダー
メーカー提供画像

2021年6月2日(水曜)、アンカー・ジャパン株式会社(東京都千代田区)から持ち運びやすく隣り合うコネクタに干渉しづらい小型SDカードリーダー「Anker PowerExpand 2-in-1 SD 3.0 カードリーダー」が発売された。

コネクタにはUSB-CとUSB-Aの2種類を備え、汎用的に使える2in1設計。サイズは約78mm×19mm×11mm、重量は約14gほど。価格は税込み1,890円。

Anker PowerExpand 2-in-1 SD 3.0 カードリーダー
メーカー提供画像

手のひらにすっぽり収まる小型&薄型をした本体に『micro SDカードスロット』と『SDカードスロット』を備える。

Anker PowerExpand 2-in-1 SD 3.0 カードリーダー
メーカー提供画像

挿入するSDカードの種類には、microSDXC・microSDHC・microSD・SDHC・RS-MMC・SD Card・MMC Microに対応している。

いずれかのSDカードをスロットにセットすれば、ファイルの同期・転送・共有が手軽に行える。

Anker PowerExpand 2-in-1 SD 3.0 カードリーダー
メーカー提供画像

デバイスに入っているお気に入りの音楽プレイリスト、一眼やアクションカムで撮影した動画データ、デジカメで撮った写真データなどなど、あらゆるファイルを最大104Mbpsの高速データ転送が可能。

特に、「Anker PowerExpand 2-in-1 SD 3.0 カードリーダー」を持ち歩いていれば、出先で撮影した動画や写真をその場でノートパソコンに素早く取り込むことができて、即時編集に役立つ。

近年では各企業・個人が続々とYouTubeに参集しており、動画を制作する編集者も大忙しだ。

タイムリーな動画公開が求められるシチュエーションだったり、多くの案件をかかえ納期に追われる動画編集者も多いだろう。そこで、いつでもどこでもデータを取り込める本製品は重宝するのだ。

Anker PowerExpand 2-in-1 SD 3.0 カードリーダー
メーカー提供画像

両端にUSB-A端子とUSB-C端子を搭載しており、デバイスに応じて使い分けられる便利な2in1仕様。

Anker PowerExpand 2-in-1 SD 3.0 カードリーダー
メーカー提供画像

MacBook Pro・MacBook AirやDell XPSをはじめとするUSB-Cポート搭載ノートPCに接続可能。その他、iPad ProやGalaxy Noteなどのタブレット・スマートフォンにも使える。

対応OSには、Windows・macOS・iPad OS・Chrome OS・Android等のメジャーどころがラインナップ。

Anker PowerExpand 2-in-1 SD 3.0 カードリーダー
メーカー提供画像

小型であることにより、パソコンに接続した際に隣り合うコネクタとの物理的な干渉リスクを低減してくれる。

動画編集や画像編集など重たい作業で電力消費が激しい場合にはノートPCへ電力供給しながら使いたい場面もあるだろう。そういったことを考慮すると、ノートPCを充電しながらデータ転送ができるのはうれしいポイントだ。

Anker PowerExpand 2-in-1 SD 3.0 カードリーダー
メーカー提供画像

携帯して持ち歩く際には、付属のキャップをしめて端子部分にホコリが侵入するのを抑えることが可能だ。

また、端子をカバーすることで、カバンのポケットやガジェットポーチの中に一緒に入れているモノを傷つける心配もない。

製品仕様はこちら。

  • 製品名:Anker PowerExpand 2-in-1 SD 3.0 カードリーダー
  • 型番:A83260A1
  • JANコード:4571411195013
  • メーカー:アンカー・ジャパン株式会社(東京都千代田区)
  • 種別:SDカードリーダー
  • 寸法:約7.8cm×1.9cm×1.1cm
  • 重さ:約14g
  • USB端子:USB-C、USB-A
  • 対応機種:MacBook Pro、MacBook Air、XPS、iPad Pro、Galaxy Note等々

ライターから一言

出先での作業が多い動画編集者にぴったり。「撮影してすぐさまその場でデータ取り込み。そのまま作業。」そんな使い方ができる便利なアイテムだ。

今回紹介した商品はこちら