空気をキレイに。イオン除菌&パワフル送風の2in1サーキュレーターファン「EPEIOS HM702A」で猛暑に備える!

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

873

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A
メーカー提供画像

今年の夏は猛暑なんて耳にしました。リモートワークが浸透して自宅で仕事をするのがほぼほぼなので、例年にも増して日中の暑さ対策は必須ですよね。

そんなこんなで、小型でパワフルな扇風機がないか探していたところ、気になるアイテムを見つけました。

それが、「EPEIOS サーキュレーターファン HM702A」。

冷房を付けている際にお部屋の空気を循環させて冷房効率を上げるサーキュレーターの役割を果たしてくれます。と、ここまではどこにでもあるサーキュレーターなんですけど、なんと「EPEIOS サーキュレーターファン」には除菌機能が付いているんです!

ファンにはイオン発生機能が搭載され、送風と同時にお部屋へマイナスイオンを展開。空気中を除菌してくれるので、気になる菌やホルムアルデヒドの除去に役立つのです。

送風性能も超強力で、小型ながら最大32メートル先まで風を送ることができます。小学校の25mプールより遠くまでって・・凄い。

イオンの力で空気中を除菌し、冷房効率を向上させ、部屋干しの乾燥を手助けする優れた除菌サーキュレーターファンです。

さっそく、実機を手に入れたので使用感を含めてレビューしていきます。

製品仕様はこちら。

  • 製品名:EPEIOS サーキュレーターファン HM702A
  • JANコード:4573502850580
  • 型番:HM702A
  • カラー:白
  • ブランド:EPEIOS
  • メーカー:株式会社MPOW JAPAN(東京都中央区)
  • 消費電力:35W
  • 寸法:H712~900mm(伸縮前後)×D300mm×W255mm、6インチ
  • コード長:約180cm
  • 重量:約2.92kg
  • 操作方法:タッチパネルorリモコン
  • モーター:DCモーター
  • 送風距離:最大32メートル
  • 対応畳数:19畳
  • 風量調整:12段階
  • 静音:最小22dB~最大50dB
  • 高さ調節:約70~90cm(6段階)
  • ファン可動域:上下左右90°(左右 90°・60°・30°設定可能)
  • 運転モード:通常風モード・自然風モード・おやすみモード・エコモード
  • タイマー機能:オンタイマー・オフタイマー機能(最長12時間まで設定可能)
  • その他機能:室内除菌機能、室温感知機能、風速自動制御機能
  • 同梱物:「EPEIOS サーキュレーターファン HM702A」、リモコン、取扱説明書

マイナスイオンで除菌。お部屋を空気をキレイに!

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A
メーカー提供画像

外から帰宅したら、まっさきに手洗いうがい。ダイニングテーブルやキッチン周りはしっかり除菌シートで清潔に。

などなど、なにかと衛生面に気をつけている今日このごろ。見落としがちなのは、空気環境ではないでしょうか。実際筆者も家中のあらゆるモノへ除菌を心がけていますが、空気中に入り交じる菌やホルムアルデヒドなどの化学物質がなおざりに・・。

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A

3~4万円くらいするイオン除菌機能付き空気清浄機もありますが、グッと手頃な1万円台で扇風機の代わりにもなる「EPEIOS サーキュレーターファン HM702A」なら手軽に導入できておすすめです。

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A
メーカー提供画像

「EPEIOS サーキュレーターファン HM702A」は、サーキュレーター内部にマイナスイオンを発生させる機能が備わっているのが最大の特徴。

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A
メーカー提供画像

仕事は在宅勤務、プライベートは家でゲームやネトフリで映画っていう風にお家時間が長くなればなるほどクリーンな室内環境で過ごせるって気持ち良いですよね。

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A
メーカー提供画像

その実力は、『広東省微生物研究所』によって証明されています。

体積30m3(りゅうべい)ある空間で除菌モードを稼働させた際、1時間で約80%の雑菌が除去、そして2時間で99.9%以上の雑菌を除去して室内の除菌が完了してしまうほど。

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A
メーカー提供画像

あと、女性だと室内で部屋干しすることが多いと思います。

そんなときにも空気が循環して衣類の乾燥を早められるし、マイナスイオン効果で部屋干しの臭いが和らぐことも見込めるからおすすめしたいですね。

え、そんな遠くまで?!最大32メートル先まで届く送風力!

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A
メーカー提供画像

メーカー公称値によれば、19畳までのお部屋で使うことが推奨されています。

19畳もあれば多くの一般家庭のリビング・寝室・書斎・脱衣所・キッチンで十分使えるでしょう。

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A
メーカー提供画像

しかも、最大32メートル先まで風を届けることができるっていうから驚き。

直進性の高いジェット気流を生み出し、風を直線状に集約させることでより遠くまで送風することができるのです。

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A
メーカー提供画像
EPEIOS サーキュレーターファン HM702A
メーカー提供画像

風量調整は12段階もあって、細かく調整可能。マックス風力にすれば、お部屋の端っこまで十分届きますよ。

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A

サーキュレーターファンの足元に付いたタッチパネルもしくは、付属リモコンで直感的に操作できます。

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A
メーカー提供画像

稼働モードには、4種類から選べます。

真夏の炎天下でまっさきに涼みたいときに重宝する『通常風モード』、エアコンの冷風循環を促したり部屋干しに役立つ『自然風モード』、寝苦しい熱帯夜の就寝に使いたい『おやすみモード』、省エネな『エコモード』が用意されています。

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A
メーカー提供画像

さらに、自動でスイッチが起動する『ONタイマー』、電源を切ってくれる『OFFタイマー』のタイマー機能付き。

最長で12時間まで設定ができるので、寝る時や起きる時にエアコンと合わせて使ってあげると便利です。

日中のお仕事タイムから夜間の就寝までシチュエーションに合わせて使い分けられますね。

上下左右、そして・・斜めにも?!3D送風でお部屋の隅々まで風を送る!

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A

昔、実家にあった扇風機ってもっとファンの羽を大きくてめちゃくちゃ場所をとるイメージがあったんですけど、今となってはこんなにファンが小さいんですね~。

と、しみじみ感じさせるコンパクトな扇風機としても活躍します。

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A
メーカー提供画像

サーキュレーター自体の高さは伸縮するので、最も低いと約71.2cm、最も高くして約90cmあります。

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A

電源はコンセントからとります。コードの長さが約180cmあるので、お部屋の設置したい場所からコンセントまでの距離が足りるか事前に確認しておくと良いでしょう。

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A
メーカー提供画像

モーターにはパワフルなDCモーターが搭載されていますが、同時に静音設計にもなっていて音問題にも対策がされています。メーカー公称値で最小22デシベル、最大50デシベルだそう。

音が静かだと就寝時に寝付きやすいのでグッドポイントです。

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A
メーカー提供画像

さて、注目の3D送風について。

「EPEIOS サーキュレーターファン HM702A」のファンは上下左右に首振り機能が付いています。『左右を往復して首を振る設定』『上下を往復して首を振る設定』を選べます。

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A

さらに、どちらともボタンを押すと、上下左右をミックスしてランダムに首を振ってくれます。

斜めに振ったり、天井を向いたまま横に振ったり・・まさに立体的に風を送る『3D送風』です。

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A
メーカー提供画像

3D送風のおかげでお部屋の空気が良く循環され、エアコンの冷却効果が上がります。普通にエアコンを付けているよりも、サーキュレーターがあることで圧倒的に涼しく感じますね。

定期的に冷たい風が送られてくるので、エアコンの設定温度を普段より1~2℃下げても十分なくらいでした。

EPEIOS サーキュレーターファン HM702A

夏には一日中ずっとエアコンをつけっぱなしにしておく筆者としては、効率的に部屋を涼しくできるのでありがたいですね。

電気代も気になっていたので、経済的にも助かります。

ライターから一言

エアコンとサーキュレーターファンの併用によって、涼しく除菌された空気を循環させることができます。夏の暑さに対策と室内環境の清潔さに一役買うアイテムなので、自宅で過ごす時間の長い在宅勤務者・リモートワーカーに使ってほしいですね。

今回紹介した商品はこちら