【初心者向け】ソロキャンプの必需品・揃えるものや場所選びなど基礎知識を解説!【2021年最新】

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

414

初心者が揃えたいソロキャンプに必要な道具や楽しみ方を紹介!【2021年最新】
メーカー提供画像

アウトドアブームの今、特に注目を集めているのがソロキャンプです。今までアウトドアに興味を持っていなかった人も、一人で始められる気軽な自由時間の過ごし方としてソロキャンプを楽しんでいます。ただ興味は持っていても、「一体何から用意すればいいんだろう」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はソロキャンプに必要な道具や楽しむために知っておきたいことを解説します。

ソロキャンプが人気沸騰中

メーカー提供画像

さまざまなアウトドアレジャーがあるなかで今ソロキャンプが人気なのは、「一人の自由を満喫できること」でしょう。自然のなかでキャンプを楽しむこと自体は非日常的な楽しさがあります。普段の生活とは全く違う環境でゆっくりと過ごす時間は最高の癒しになりますよね。もちろん友達や家族と行くキャンプでも非日常で癒しを感じられるのですが、ときには「一人の時間を過ごしたい」と感じることがある人にとって、ソロキャンプは日常から完全に切り離された一人の時間を過ごせる機会です。

ソロキャンプは一人でできるからこそ、誰かとスケジュールを合わせる必要がありません。必要な道具さえあれば今日思いついて「明日行こう!」というようなこともできます。キャンプ中も誰かのしたいことに合わせる必要がなく、自分の好きなように過ごすことができるのです。物理的に人と会っていなくても、SNSなどで誰とも常に繋がることができるからこそ、誰にも縛られず自分の好きなように過ごせるソロキャンプに魅了されている人が増えているのかもしれませんね。

ソロキャンプを始めるのに必要な準備

メーカー提供画像

ソロキャンプを始めるためには、キャンプ場までの移動手段を決め、道具を揃えて使い方をマスターし、ソロキャンプが楽しめるキャンプ場を選ぶ必要があります。

準備のなかでも初めての時は移動手段を決めることを最初に行いましょう。なぜかというと、移動手段によって持ち運べる道具が限られてくるからです。キャンプ場へは電車やバイクなどでも行くことができますが、車で行く場合よりも運べる荷物の数は少なくなります。どのような手段で行くかよって最初に揃える道具が変わってくるので、どんな手段で移動ができるかまず考えてみてください。

そして移動手段が決まったら最低限必要な道具から順番に揃えていきます。ソロキャンプを楽しむための道具はさまざまなものがあり、サイズなども踏まえるとバリエーションは豊富ですが、車以外でキャンプする場所に移動する場合はできるだけコンパクトなものを選びましょう。

そして必要な道具を購入したら、その使用方法を確認します。特に大切なのがテントの使用方法です。最近のテントは簡単に設置できるものが多いですが、キャンプ場に行く前に一度試し張りをしておきましょう。試し張りをしておくと実際にソロキャンプをするときでもスムーズですし、万が一問題がある場合でも事前に対処ができます。

これら全ての準備ができたら、移動できる範囲のなかでキャンプ場を見つけましょう。キャンプ場の選び方は次章で解説します。

キャンプ場の選び方

メーカー提供画像

初めてのソロキャンプでキャンプ場を選ぶときは、以下のポイントをチェックしながら選びましょう。

選び方 1. 水回り設備の有無

水回り設備のないより自然な場所で過ごすのも人気ですが、初心者ならトイレやシャワーなど水回りが充実しているキャンプ場の方が快適に過ごせます。設備がある場所を選ぶ場合は、設備の数もチェックしておきましょう。

選び方 2. ソロキャンプ専用サイトの有無

静かな時間を過ごしたいのであればソロキャンプ専用サイトのあるキャンプ場をおすすめします。家族連れや仲間連れがいないので、静かな時間を楽しめるでしょう。またソロキャンプ用サイトはそうでないものより価格が安い場合も多いです。

選び方 3. 管理棟の有無

いざというときのことを考えると管理棟があるキャンプ場が安心です。なかには夜間警備を行ってくれるキャンプ場もあります。特に初心者の女性がソロキャンプをする場合は、セキュリティ面は重視しましょう。また携帯電話の電波がある場所かどうかも確認しておいてください。

選び方 4. ロケーション

まずは気軽に行ける場所を選ぶのか、絶景と言われるような景色が楽しめる場所を選ぶのかも考えてみましょう。自然を満喫するなら絶景を楽しめる場所がおすすめですが、整備が十分にされていない場所も多いので、しっかり確認することをおすすめします。

ソロキャンプで揃えておきたいキャンプ道具

メーカー提供画像

これからソロキャンプを始める際に最低限揃えておきたい道具を解説します。

テント

メーカー提供画像

まずなんといっても欠かせないのがテントです。ソロキャンプをするなら1人用か2人用のものを選びましょう。移動が電車やバイクの場合は1人用の方がコンパクトです。それ以外にも耐久性や耐水性、機能性もチェックしながら選んでみてください。

シェラフ(寝袋)

メーカー提供画像

シェラフは商品ごとに快適温度が表示されています。オールシーズン用もありますが、季節ごとの商品もあるので、最初にソロキャンプをする時期を考えながら選ぶといいでしょう。素材によって折り畳んだ時のサイズや保温性が異なります。形も封筒型とマミー型があるので好みで選びましょう。

マット

メーカー提供画像

シェラフがあっても下にマットを敷かなければ地面の温度が直で体に伝わってきます。また地面の凹凸も感じなくなるので、快適に過ごすためには必須のアイテムです。ウレタン・エア・インフレータブルの種類があります。軽い反面地面の凹凸を感じやすいのがウレタン、持ち運びやすいのがエア、両方のメリットを兼ね備えたのがインフレータブルです。

椅子・テーブル

メーカー提供画像

日中に使う椅子や食事や必要なものを置けるテーブルも必須アイテムです。ソロキャンプでどんなことをするのかによってベストなサイズが変わってきます。見た目の好みもありますが、実用性と持ち運びやすさを重視して選ぶといいでしょう。

調理器具・バーナー

メーカー提供画像

簡単な料理を作ったりコーヒーなどを入れたりするためには調理器具とバーナーが必要です。どんな目的で使うのかを考えて選びましょう。まだ最初のソロキャンプであまり荷物を増やしたくない場合は、炊事場などがあるキャンプ場を選ぶという手もあります。

ランタン・ヘッドライト

メーカー提供画像

夜の時間を快適に、そして安全に過ごすためにはランタンやヘッドライトが欠かせません。ランタンは種類が豊富ですが、火を使わず安全に使えるのがLEDランタンです。ヘッドライトは夜間の移動でも両手が空くので安全に移動できます。

ソロキャンプで気をつけること

メーカー提供画像

ソロキャンプをするときに初心者が気をつけたいルールやマナーは以下の通りです。

●音楽などの音量に気を付ける
●夜遅い時間は照明の光量を落とす
●他人のキャンプサイトを横切らない
●火の扱いに注意する
●寝る前に食事の後片付けは必ずする
●共用施設は綺麗に使用する
●ゴミの処理を必ずする
●使用した炭をそのままにしない
●キャンプ場のルールを厳守する

キャンプ場によって火の扱い方法などルールが定められています。一人の自由が楽しめるとはいえ、ルールやマナーを守ることは必須です。必ずキャンプ場を訪れる前に、キャンプ場が定めたルールを確認しましょう。

おすすめソロキャンプ用品5選

ソロキャンプに必要となるキャンプ用品の中でも初心者向けに厳選したグッズをラインナップしました。一人だからこそ便利に使える小型かつ軽量なキャンプグッズから実用的な用品まで幅広くご紹介していきます。

アウトドアや災害時に最適LEDハンディライト付きモバイルバッテリー

アウトドアや災害時に最適LEDハンディライト付きモバイルバッテリー
メーカー提供画像

テーブルやテントに備えるLEDランタンや暗い山奥の移動に役立つ懐中電灯代わりになる万能LEDライトです。内蔵バッテリーによりコードレス利用できることから電源のとれないソロキャンプにぴったり。しかもモバイルバッテリー機能も備えていて、スマホの電池対策としても使えます。

bitplay AquaSeal 防水ショルダーバッグ

bitplay AquaSeal 防水ショルダーバッグ
メーカー提供画像

ipadなどのタブレット端末でゲームをしたり、Kindleなどの電子書籍リーダーで読書をしたり等々、一人でのソロキャンプを満喫したいときに便利なショルダーバッグです。水に弱い電子機器を保護できる安心の防水仕様。中に入れた電子機器をゲリラ豪雨や強風から守ってくれます。サコッシュのように身に着けられるので、今使いたい!ってときにアクセスが良い使い勝手が魅力ですよ。

IP68取得で防塵・防水 OUTDOORコラボレーションスマートフォン用防塵・防水ケース

IP68取得で防塵・防水 OUTDOORコラボレーションスマートフォン用防塵・防水ケース
メーカー提供画像

アウトドアウェアから日用品にいたるまで高い知名度を誇る「OUTDOOR」とスマホアクセサリーを手掛ける「オウルテック」がコラボレーションした防水スマホケースです。屋外での粉塵や雨に耐えられる防水防塵スペックIP68に対応。最高レベルで中に入れたスマホが保護できます。さらに、スマホを収納した状態のまま、外から操作ができたり、通話にも対応。また、透明な小窓付きでメッセージの確認や動画視聴に役立つ便利な設計になっています。

necOn WEARABLE COOLER & WARMER ネッククーラー&ウォーマー

necOn WEARABLE COOLER & WARMER ネッククーラー&ウォーマー
メーカー提供画像

両手が塞がらずに夏は涼しく、冬は暖かくキャンプを楽しめる首掛けタイプのネッククーラー兼ウォーマーです。ペルチェ素子が組み込まれた金属プレートをヒンヤリ冷たくする『クーラー機能』は暑い夏場のテント設営や作業が快適になり、じんわり暖かくなる『ウォーマー機能』は寒さの厳しい冬場のキャンプで体の体温が奪われるのを抑えてくれます。

オーバーサイズトートバッグ

オーバーサイズトートバッグ
メーカー提供画像

お一人様でコンパクトにソロキャンプを楽しみたいキャンパーなら荷物がそれほど必要ないってこともありますよね。そんなときにちょうど良い30リットル容量の大きめトートバッグが持っておくと便利です。そんなニーズを満たすのがオーバーサイズトートバッグです。耐摩耗性に優れたプレミアムキャンバス素材を採用していて、タフに使えるのが特徴。持ち手が大きく取られていて、重たい荷物を肩にかけて持ち歩く際には楽ですよ。

万全の準備でソロキャンプを楽しもう

気軽に楽しめるソロキャンプなら、都会とは全く違う「自分だけの時間」を過ごせます。ソロキャンプをするときは今回の記事を参考にキャンプ場選びや必要な道具を揃え、ルールやマナーを守って楽しく過ごしましょう。