メタモジより、月をまたいでスケジュール管理ができる巻物風カレンダーを発売

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

183

ロールカレンダー 2022
メーカー提供画像

株式会社MetaMoJi(東京都港区)より、巻物のようにクルクル巻いて使うことで月をまたいでスケジュール管理がしやすくなるカレンダー「ロールカレンダー 2022」が発売になりました。

カレンダーの表示期間は2021年12月~2023年1月、価格は3,960円(税込)です。

同製品は、毎年発売される人気のカレンダー。壁にかけて使うタイプで、カレンダーの長さを調節することで表示しておける日付の範囲を変更できます。

最も短い長さで1ヶ月、最大まで長さをとれば最大6ヶ月までひと目でスケジュール確認ができるメリットがあります。

ひと目でパッと予定が把握できる手軽さが魅力ですね。

カレンダー本体には特殊な素材が使われ、ホワイトボードのようにホワイトボードマーカーで書いたり消したりできる便利な仕様になっています。

自宅で家族との連絡用として使ったり、オフィスでスタッフのスケジュール管理に活用するなど複数人で書き込んで活用することも。

チェーンで引っ掛けて使うので、持ち運びも楽々。場所を変えて使いたいときに便利ですよ。

フルセット以外にも、すでにロールカレンダーを持っている人のために差し替え用のリフィルも販売開始になっているので、既にお持ちの方はそちらもオススメです。

製品仕様はこちら。

  • 製品名:ロールカレンダー 2022
  • 型番:rollcal2022、rollcal2022refill
  • JANコード:4562339120942、4562339120959
  • 販売元:株式会社MetaMoJi(東京都港区)
  • 寸法(約):横幅50cm×縦幅60~180cm×厚さ4cm
  • 重さ(約):530g
  • 表示期間:2021年12月から2023年1月まで
  • 主な素材:紙、プラスチック
  • 同梱物:「ロールカレンダー 2022」本体、取り扱い説明書
    ※ホワイトボードマーカーは付属していません
ロールカレンダー 2022
メーカー提供画像
ロールカレンダー 2022
メーカー提供画像
ロールカレンダー 2022
メーカー提供画像

ライターから一言

根強い人気で毎年年末にかけて売れる定番カレンダーです。リモートワーク環境となりちょうど自宅用にカレンダーを探していた!なんて人は検討してみても良いでしょう。