読書感想文(高校・予備校の部:さっちゃん様)

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

6

ペンネーム:さっちゃん
応募区分:高校・予備校の部

 なぜこの本を読もうと思ったかと言うと、単純にマックスむらいの大ファンで村井さんのような考えを自分も持ちたい、村井さんのようになりたいという気持ちからです。

 そして発売日に本を手に入れ、さっそく読み始めました。初めは村井さんの幼い頃が書かれていて、農家に生まれて今の仕事と180度違う生活を送っていたことにまず衝撃を受けました。小学生の時に神童と呼ばれるほど頭が良かった事も驚きました。幼いころは虚弱体質だったということで小学校でも大切に扱われていて、写真も幼くて可愛かったです。途中出てくる父のまさおもすごく個性があって、特にスタンガンの話なんかはとても面白かったです。そして中学校に入学した時の話では、とにかくヤンキー校というイメージで村井さんはバスケ部に入部して厳しい先輩たちに殴られたりされながら3年間何とか頑張ったというイメージが強かったです。それから自らは望まないものの生徒会長に選ばれたりとすごく成長した姿がイメージできました。高校受験にもかかわらず、今でも友達の宮下さんとゲームの攻略勝負をしたりと小学生のまじめでおとなしかった頃から変わったなと思いました。高校に入って下宿生活が始まりそこで合唱部に入部した村井さんが村上龍にはまったり、それから3年生に宮下さんと二人で東京に行った話なんかはとても面白かったです。この頃から行動力が一気に活発になっていってるなと思いました。そして冬まで部活を頑張りそこから東京大学を目指して頑張ったというのが並の高校生ではできないと思うので尊敬します。そして結果的に防衛大学に行き、そこでもまた初日から騒ぎが起こったりととにかく大人になるまでの間の経験がすごくて驚きました。その結果社会に出ても結果をだしみんなにみとめられたのかと思います。

 私は正直このように活発でいろんな経験はしていないのですが、この本を読んで努力することの大切さが分かったのでこれからの人生努力して頑張ろうと思えました。

読書感想文一覧に戻る

この記事が役に立ったら
シェア!しよう

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア