イヤホン15%OFF

イヤホン15%OFF

読書感想文(高校・予備校の部:オーサニーゴ様)

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

3

ペンネーム:オーサニーゴ
応募区分:高校・予備校の部

私はこの自伝本を読み終え真っ先に思ったことはこの男は一体どの様に生活をしていればこんな波乱万丈な人生を歩みどうしてこんなに都合よく物事が進んでいくのだろうかということである。さらに誰しもがマックスむらいになるチャンスはある!などと村井氏や宮下氏は言っていた。しかしそんなの無理に決まっている。そうこの本を読んで率直に思った。正直こんな人生を送ってきている人がもし仮にまだいるとすればそれはこの地球があと数時間で破滅するという確率と同じくらいであろう。しかしこの本を読むことによって最近の子ども達がマックス村井みたいになりたいと言っているのも分かる気がする。誰しもがこんな男に憧れるものである。

この本の良いところは時系列がしっかりしていてその中にその時の感情や情景がとても浮かびやすくなっているところだ。私は発売日に買ったわけだがその後2時間かからずに全て読み上げてしまった。しかしその中には疲れなど一切なくむしろ達成感や充実感といったものにあふれていた。それがいかに読者を惹きつけられているかということがはっきりと分かる。 本編の内容としては村井氏がAppBankの社長になるまでのことだが今まで動画などで見ていた村井氏とは別の人を見ている様だった。全編にわたり笑えるところが多く私は一人で本を見ながら微笑みを浮かべ側から見たら完全に変人だっただろう。

私の心理の中で社長という概念をことごとく壊していったマックスむらいという男の存在。私だけではない多分多くの人がそれぞれ描いていた概念を壊されていただろう。その男の生き様はやはり普通に生活していては想像できないものだった。

今の時代若者の犯罪の増加など暗いニュースが多い。その中で若者に一筋の光を与えてくれる村井氏そしてAppBank。これからも光をこの世の中に照らし続けていってもらいたいと思う。

読書感想文一覧に戻る

この記事が役に立ったら
シェア!しよう

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア