イヤホン15%OFF

イヤホン15%OFF

読書感想文(大学・専門学校の部:りっころ様)

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

2

ペンネーム:りっころ
応募区分:大学・専門学校の部

私が「マックスむらい、村井智建を語る。」の本に出会った理由は、パズドラが好きで高校三年生からやっており、約二年続けているからだ。パズドラが好きで動画をみるようになったら、村井さんを知るようになった。分かりやすい解説やおもしろい会話をしながらパズルをやっている姿がすごく好きになり、村井さんにも興味をもつようになった。今では毎日村井さんやパズドラやAppBankに関する動画は日常的なものだ。そこで動画をみていたら村井さんが本を出すということを知り、絶対買う!と思い発売日に購入した。表紙も村井さんが横になっており、私的にすごく好きだ。

まずは村井さんの幼少期の思い出が書かれていた。村井さんの家族構成がよくわかりおもしろかった。ドラゴンクエストを宮さんより早くクリアしたいだけで受験前なのに必死にやり続けたり、学校があるというのに大学にいくべきか確かめるために東京にいき自転車で帰るなど自分のしたいことはするという意思がとても関心した。私が一番すごいと思ったのはせっかく入った防衛大学を退校したことだ。しかも三ヶ月で。東京に行きたいという気持ちだけで今ある環境を捨ててまで退校するのは普通の人ではできないことだ。こういう強い意志や希望があるからこそ今の位置に立っているのだと思う。

そして、iPhoneに出会い宮さんが「これがインターネットそのものになる。」と言った。アプリ情報サイトをつくれば国内最初になると分かった村井さんは新しいビジネス、AppBankを開いた。

この本を読んで自分の好きなことが仕事になり成功できるのはとてもすばらしいことだと改めて思った。どんなに困難でも自分のやりたいことをやりとげる村井さんをみてこれから就活がある私はもっと前向きで積極的に努力しとうと思った。パズドラが好きなことで村井さんに出会い本当によかった。これからもパズドラと村井さんを応援しつつ私も努力し続ける。

読書感想文一覧に戻る

この記事が役に立ったら
シェア!しよう

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア