イヤホン15%OFF

イヤホン15%OFF

読書感想文(中学生の部:ゴーヤパンプキン様)

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

3

ペンネーム:ゴーヤパンプキン
応募区分:中学生の部

 僕は、マックスむらいのことが嫌いでした。何故、パズドラやモンストをプレイしている動画をアップロードするだけでこの人はお金をもらえているのかといつも疑問に思っていました。ですが友達はみんなマックスむらいのことが大好きでいつもその話題ばかりしているので、流行に乗り遅れたくないという思い、少しでも勉強してみようとい考えてこの本を選びました。

 さて、そんな経緯で選んだこの本ですが、とても勉強になりました。僕は至って普通の中学生です。生徒会に入っているわけでもなく、部活は運動部には入っているものの、特に、良い成績を残しているわけでもないです。ですが、僕には勝手な考えがありました。将来は「別に今、目の前にあることを頑張らなくてもどうせ何とかなるんじゃないの」という考えです。ですがこの本を読んで気づかされました。「後に偉大になる人には、目の前にあることに全力を注ぎ、途轍もないほどに汗を流し、苦労し続けた過去がある」ということを。と同時に、マックスむらいが以前から知っているただただゲームをしているおじさんではなく、社長業と平行してTVCMにもあったように「子ども達に面白い遊びを教えてくれる、すごい大人」ということを気づかされました。

 僕はこれからは、例え目の前に大きな困難が襲ってきたときにも村井智建さんを思い出して、部活に勉強に、頑張っていきたいと思います。そして将来、何か大きな試練に立ち向かうときにも、ボロボロになりながらも働き続けた村井智建さんのように、僕もボロボロになるまで、最後まで頑張ります。本の中から村井智建さんの声が聞こえてくるようです。「大丈夫。何度失敗したって、周りの人よりも働き続ければ必ずその失敗を覆せる。いつか自分のことを責めてきた人のことも下に見れるような時がいつか来る」と。

読書感想文一覧に戻る

この記事が役に立ったら
シェア!しよう

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア