読書感想文(社会人の部:いまい様)

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

6

ペンネーム:いまい
応募区分:社会人の部

私はマックスむらいを知ってからまだ半年程だ。何度も購入を悩んでいたが、読書感想文の応募を知り、ついに買ってしまった。目前の本からは、新参ファンが手にしていい代物ではないオーラが漂ってくる。

この本を読めばむらいさんの過去が分かるんだ。そう思い震える手で本を読む。
私がマックスむらいを初めて知ったのは、モンスト攻略サイトからだ。最初は、この人はなんて楽しそうにゲームをしているんだろうと思った。気付けば、モンスト攻略動画だけでなく、これまで全くプレイしたことのないパズドラ動画まで欠かさず見るようになった。どの動画を見ても面白い、一ヶ月程経つころには、私はマックスむらいのことが気になって仕方がなかった。今を思えば、あの偉大なる魅力に知らずと引き寄せられていたのだろう。

本は、過去の世界体験するかのように進んでいった。その世界は私が想像していたよりも圧倒的で凄まじいものだった。

そして、同時に呆然とするしかなかった。とても800字内では、この本を語り尽くすことが出来そうもないことに。
最近動画で、マックスむらいの顔がデカくなっているとのツイートに対し、本人は言っていた、太ったから顔の肉が付いたのだと。
そう、違和感は感じていた。あいたかはしくんの顔が小さくなってきたなぁ…そうかダイエットに成功したのか。とか、マミルトンも顔小さくなってねぇか…あぁ風邪で休んでたしそれでかぁ。まおちゃんも顔小さくなってきたなぁ…社長になったし仕事大変なのかなぁ。といったことを思っていた。しかし、真実は隣にいるマックスむらいの顔がデカくなっていただけだったのだ。
…だが、本当の真実はマックスむらいの顔がデカいのではなかった。
この本を読んだ今なら分かる決して顔がデカいからではないと。マックスむらいという圧倒的な存在感のために、顔がデカく見えるという錯覚を起こしていただけなのだと。

~以上 あなたのファンいまいより~

この記事が役に立ったら
シェア!しよう

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア