イヤホン15%OFF

イヤホン15%OFF

読書感想文(中学生の部:島田 大誠様)

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

34

ペンネーム:島田 大誠
応募区分:中学生の部

私はこの本を読んで、感動しました。今中学3年の私は、毎日むらいさんの動画を見て、元気をもらっています。特に降臨戦のニコ生でむらいさんが必死にパズルを考え、モンスター達に立ち向かっていく姿を見ていると、「僕ももっと頑張らなくては」とつくづく、感じさせられています。

 私の現在の暮らしとむらいさんの小さかった頃を比べてみると、むらいさんがどれ程昔からすごい方だったのかが分かる気がします。私は先月、公文式を止めました。毎日が忙しくなったからです。でも、むらいさんが公文を止めた理由を読んだ時、自分とむらいさんとの違いを知りました。むらいさんは努力を積み上げ、実力もあったのだが、その自分の力が怖くて公文を止めました。私は、その事に圧倒されました。むらいさんの努力の凄さに感動しました。

私がこの本を読んで思った事はもうひとつあります。それはむらいさんが何事にも一生懸命だという事です。むらいさんは中学の時バスケットボール部で、ずっと補欠でした。バスケはあまり上手くなく、身長も低かったためか、試合にはなかなか出してもらえませんでした。でも、むらいさんは退部して逃げる、なんて事はせず、しっかりと練習を続けていました。部活の事だけでなく、不良校だった中学を変えようと皆を注意したり、全く知識のないIT企業で働くことになっても、諦めたり逃げたりせず、全て乗り越えてきました。この事は「限界突破」や「素晴らしき日々」の歌詞にも表れていると思います。

72ページに「わたしは自分のことを弱者だと感じていた。」という文がありました。でもだからこそ「努力しよう、諦めるまい」という気持ちが湧いてくるのだと思います。そんなむらいさんは、私のヒーローであり、そして私が目指す目標でもあります。

マックスむらいさん、これまで笑い、そして勇気を届けてくれて、ありがとうございます。これからも応援しています。頑張って下さい。

読書感想文一覧に戻る

この記事が役に立ったら
シェア!しよう

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア