1. 2016年 MacBook 新モデル はどうなる?MacBook Air Retina は出るのか?

2016年 MacBook 新モデル はどうなる?MacBook Air Retina は出るのか?

この記事をシェアする

ようこそ、AppBank Store ニュースへ。

今回は、いつものグッズ紹介ではなく、2016年のMacBookがどうなるのか、私(〝たてさん〟)の珍説を書いてみたいと思います。

上の写真が気に入ったらインスタのフォローもお願いします!

匿名のソースからの情報! 内部からのリーク! なんて話ではなく、いちユーザーとして「こうなるのかな?」「こうなったらいいな!」という話ですので、ぜひ、気楽におつきあいください。

2016年 Apple イベント

Apple CEO Timothy Donald Cook
写真はAppleのティム・クックCEO

米テクノロジー系ニュースサイトRe/codeによれば、2016年のAppleの新製品発表イベントは3月21日(日本時間で3月22日)になる、とのこと。

Apple Product Event Will Be Held March 22 | Re/code ※英文のみ

同サイトは、元ウォール・ストリート・ジャーナル紙で長年テック系のライターを務め、故スティーブ・ジョブズ氏とも親交があったWalt Mossberg氏が設立したサイトだけに、Apple関連の噂を扱うウェブサイトの中でも比較的信頼できるソースです。もちろん、この記事を書いている時点では、Appleからは正式な発表がなされていないので、確定情報はわかりませんけれども……。

そして、このイベントではiPhone SEiPhone 5SEなどの名前になる、とウワサされている新型のiPhoneが登場するようです。

iPhone 5seは3月21日に発表?
iPhone SEのデザイン予想CG | AppBank

新型iPhone、とても気になりますね。でも、ここでひとつ、個人的な思いを語らせていただけるなら、私はそれ以上に「2016年モデルのMacBookシリーズがどうなるか?」が気になります。特に、2008年の登場からほぼ姿を変えず長年販売され続けているMacBook Airは、新型が出るという人もいれば逆にディスコン(販売終了)になる、という人もいて、とても興味をそそられます。

3月21日のイベントでMacBookについて何かしら発表があるのか、あるいは毎年6月に行なわれている恒例のイベントWWDCでの発表になるのか、はたまた、もっと先の発表になるのかはわかりませんが、ここからはドドーンと、私の珍説をご披露いたしましょう(笑)。

2016年 MacBook Air 新型

Apple MacBook Air
※画像は2015年モデル

ズバリ、2016年に登場するMacBook Airはポリカーボネート製の新筐体を採用したモデルになります。

はい、さっそく、珍説を放ってみました。これは、私の勝手な妄想ですよ。あわてて、コピペしてツイートとかしちゃうと恥ずかしい思いをするので、ご注意ください(笑)。

ですが、たまには夢のある話もいいじゃないですか。それに、2006年から2008年に販売されていた『MacBook』の筐体はポリカでできていましたし。あぁ、なつかしいIntel Core Duo初搭載モデル。

どうでしょう? 2016年の新型MacBook Airが、iPhone 5cみたいなカラフルな姿になると思うとワクワクしませんか? それでもって、値段もお手ごろなままでいて、重量もアンダー1kgなんて仕様になったら欲しくなっちゃうと思います。なんか、大学のカフェテリアとかで使う人、いっぱいいそうなイメージがあるんですよね、ポリカのMacBook Air。

とは言え、そんなウワサはどこからも聞こえてきませんし、これはあくまでも妄想。現実的な話としては「Air」シリーズは無くなってしまう可能性のほうが高いでしょう。

12インチのMacBookが登場したことで、Appleの「薄軽モバルノート」というポジションをMacBook Airが担う必要はなくなりました。

もちろん「ハイパフォーマンス・モバイルノート」という立ち位置についても、MacBook Proがあるので、こちらにも「Air」の出番はありません。
となれば、「Air」がMacBookのラインナップから消えてしまう、という話もありえそうだな、と思えてくるのです。

一方で、MacBook AirがRetinaディスプレイ化などの進化を遂げて新型が登場する、というウワサもネットでは散見されます。

Apple MacBook

「Air」の新型登場説に関しては、「そうあって欲しい」という願望が生み出した話のような気がしないでもありませんが、いまだに売れ続けているマシンではあるようなので、Appleがいきなりディスコンにすることはないだろう、という考え方も、それはそれで成り立つ気がします。

そんなわけで、2016年MacBook Airはディスコンになる、というのが現実的ではありそうですが、私は個人的に新型の登場を切望しております。Appleさん、ひとつ、ここは「Air」シリーズを残して、パワーアップする方向でお願いしたい! あと、ついでにSIMカードも挿さると、なお、うれしい! 

2016年 MacBook 12インチ Retina 新型

Apple MacBook 12
※画像は2015年モデル

12インチRetinaディスプレイを搭載したMacBookが登場したのは2015年。なので2016年には外観の大きな変更はありえないと見て間違いないでしょう。あったとしても、ローズゴールドなどの新色追加程度かなと思います。

一方で、中身に関してはパワーアップが期待できます。2015年モデルが搭載しているCPUはBroadwellシリーズで、この後継となるSkylakeシリーズがとっくの昔に登場していることから、CPU積み替えによる順当進化は既定路線。ちなみに、BroadwellとSkylakeは同じ14nmプロセスルールでつくられていますが、アーキテクチャが一新されています。通常アーキテクチャの変更はCPUの性能を大きく向上させることになるので、新MacBookのパフォーマンスもガツンとパワーアップしてくれるとうれしいですが、実力に関してはもちろん実機のデータが出てくるまでわかりませんね。

2015年に発売された第1世代のMacBookは「非力だ!」という人が、身近にいたので、マシンパワーが上がればモバイル端末の本命として頭角を現してきそうです。

2016年 MacBook Pro 新型

Apple Macbook Pro
※画像は旧モデル

こちらも、12インチMacBook同様、BroadwellからSkylakeへのCPUの刷新はほぼ既定路線。ハードウェア的な変更点があるとすれば、キーボードが12インチMacBookのようなキーストロークの短いタイプになるのか、そのあたりが気になります。

MacBook Proについてはなかなか珍説もひねり出しづらいのですが、Appleの指紋認証システムであるTouch ID対応なんかがあれば便利かな、とは思います。最近のスマートフォンに慣れていると、PCのキーボードで長いパスワードを入力するのが不便に思えることが多いので、指をのせるだけでちゃんとした精度でロック解除ができるようになればうれしいですよね。

というわけで、今回は私の思いの丈(?)をいろいろと書いてみました。

みなさんは、どんな予想、珍説をお持ちでしょうか?よければ、ツイッターやフェイスブックなどでコメントをお寄せください。

それでは、また、インターネットのどこかでお会いしましょう!

[ 掲載日:2016.3.4 ]

記事を書いた人:〝たてさん〟 (@masahiratate)

この記事をシェアする
この記事をシェアする

LINEやツイッターも要チェック!

LINEで気軽に話しかけてください!

こちらのアカウントは基本的に自動応答設定ですが、頂いた感想は本人かスタッフが確認しています。


linefriends


いいね!&フォローをお願いします!

フェイスブックやツイッターなどのSNSでも最新情報を発信中です。


2016年 MacBook 新モデル はどうなる?MacBook Air Retina は出るのか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Twitterでツイート

Facebookでシェア

AppBank Storeマガジン 新着記事

ABSマガジンをもっと見る

記事カテゴリー一覧

人気のキーワード

AppBank Storeについて

Zちゃん

AppBank Storeはをはじめとしたスマホ関連グッズ・アクセサリーを独自の視点で厳選し、販売しているショッピングサイトです。

「あなたのスマホライフにHAPPYをプラス!」をコンセプトに、お買い物をしていただくみなさまにハッピーをお届けします。

プライベートブランド商品をはじめ、iPhone・スマホアクセサリー専門店ならではのひと味違った商品や最新商品など、私たちがご提案する商品をご購入されたお客様が「ハッピー(幸せ)」を感じていただける充実した商品ラインナップと、ご利用しやすいお店作りを行っています。

また、ライターや専門スタッフの商品レビュー(紹介)を通じて、お客様に商品の特徴をわかりやすくお伝えし、新しい価値の提供を目指します。

すべてはみなさまの「HAPPY!」のために。

Be happy!


5,400円(税込)以上で送料無料!

1配送につき 5,400円(税込)以上のお買い上げで、通常550円の送料が無料になります。配送はヤマト運輸に委託しています。

13時までのご注文は当日発送!

在庫のある商品は13時までにご注文いただくと当日発送いたします。もちろんご希望の配送日時での指定も可能です。

選べるお支払い方法

各種クレジットカード、代金引換はもちろん、Amazon Pay、楽天ペイ、LINE Pay、コンビニ後払いでのお支払いに対応しています。

ABSでしか買えないグッズの数々!

他のお店では買えないAppBank Store限定のオリジナルグッズや、AppBank Storeが先行して販売するiPhone関連商品を数多く取り扱っています。

会員登録について

お買い物をしていただくにはABSの会員登録が必要です。会員になるとお得な情報満載のメルマガ購読や、クーポンなどの会員ランク特典がもらえます。但しAmazon会員であれば、在庫あり商品に限りABSの会員登録をせずにAmazonの会員情報でご購入いただけます。
→新規会員登録ページヘ →会員ランク制度について →Amazonペイメントについて