クリスマスの福袋クーポン

クリスマスの福袋クーポン

銅製のハンドスピナーがどれだけ回るのか検証してみた

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

218

ハンドスピナーの選び方は人それぞれですが、筆者はとにかく長く回したいという負けず嫌い派です。とにかく長く回したいんだ!という人におすすめしたいハンドスピナーがこれです。
「TwinBlades Copper」は2枚羽で、素材は銅製、重さは約90gとずっしりしており、存在感はハンパないです。それでは回し方と何分回せるかの検証をしたので、みていきましょう。

ハンドスピナー「TwinBlades Copper」の回し方

筆者は右利きなので右手でハンドスピナーを持ち左中指で羽を支えます。100m競争で言うと「位置についてー!」的なやつ。

全神経を左中指に集中し、勢いをつけて羽を押し出します。100m競争で言うと「よーい(用意)!」的なやつ。

すべてのリミットを外し、解き放たれたように左中指を振りかざします。100m競争で言うと「ドン!!」的なやつ。

ほら!これです、このスピン!!やはり気持ちいい・・

真横から見るとこんな感じ。ベアリングに摩擦を感じないくらいスムーズに回っています。美しい・・

斜め下から見るとこんな感じ。このアングルもなかなかビューティフォーですね。

ということで回し方も習得したところで、いよいよどれだけ回るのか検証していきたいと思います。100m競争で言うと・・競技会?的なやつですね。緊張・・

銅製ハンドスピナー「TwinBlades Copper」は何分回るのか検証

iPhoneのストップウォッチを使用してスピンさせた後すぐに計測スタート。

ぐんぐん回ります。1分、2分なんて余裕です。やはり何度見ても美しいスピン。

4分を過ぎると減速を始め、5分前後でスローダウン。しかし5分を過ぎてからのスロースピンから息が長いこと。

ゴール!記録は5分39秒!!さすがそこんじょそこらの安物ハンドスピナーとは一線を画す逸品であることに間違いはありませんでした。
そのゴールドの輝きにふさわしい称号を与えたいと思います。100m競争で言うと「金メダル」的なやつ。感動をありがとう!

実際にハンドスピナーが回っている動画

バイヤーからの一言

2枚羽ということもあり、回している時の重心が取りづらい感じを受けますので多少の練習は必要かもしれません。また、通常のハンドスピナーより重量があるので指で弾いて回すよりも片方の手でハンドスピナーを持って、もう片方の手で羽を回すというやり方が勢いをつけやすい製品です。ぜひ記録重視の方はこの銅製ハンドスピナー「TwinBlades Copper」で6分の壁を超えてみてください!

LINE@の新規友だち登録で8%OFFクーポンをプレゼント

※友だち追加時のメッセージでクーポンコードをお知らせします

この記事が役に立ったら
シェア!しよう

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア