クリスマスの福袋クーポン

クリスマスの福袋クーポン

歴史に名を轟かせた侍の愛刀が今ここに蘇る!

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

1,232

男性はもちろん、女性や外国人にも大人気な日本の刀剣。それはカッコよさ、美しさを兼ね備え、日本の誇るべき技術から誕生しました。
そんな刀剣の中から、日本に大きな影響を与えた侍「織田信長」「坂本龍馬」の愛刀が、ペーパーナイフとなって登場!

刀剣好き、歴史好きな方は必見です。

小さくてもあふれ出る存在感

筆者が手に入れたのは織田信長の愛刀「圧切長谷部
全長21cmとコンパクトなサイズ間でありながらも、かなりの存在感を放っています。インテリアとしても置くのもあり。めちゃくちゃかっこいいです。コンパクトだからこそ、デスク上や棚、置き場所を選ぶ必要もありません。

刃から感じる職人のこだわり

このペーパーナイフは、昔から刃物の町として知られている「岐阜県関市」の刃物製造職人が一本一本丁寧に仕上げています。

刃の角度も均等に作られていて、かなり美しい仕上がりになっています。

刀の名前も刻まれていてかっこいいですね。

柄の部分にはシリコンが使用されているので、しっかりと握ることが出来ます。手を滑らせるなんてことはありません。

専用の台座もついているので、置き場所に困ることもないですよ。

その切れ味とは…!

実際に紙を切ってみたいと思います。

いい感じ。切るときは侍になったかのような気分。

あくまでペーパーナイフなので、ダンボールなどは切らないでくださいね。

ライターからの一言

男心をくすぐる一品。1本だけ置いておくも良し。並べておくも良し。インテリアとしての楽しみ方もあればペーパーナイフとしての役割もきちんと果たしています。紙を切るときだけでなく、抜刀する時と納刀するときもまたカッコいいです。
見ること、紙を切ることで楽しめる、そんなペーパーナイフをあなたの机の上にいかがでしょうか?

記事提供:monoyarq.net

LINE@の新規友だち登録で8%OFFクーポンをプレゼント

※友だち追加時のメッセージでクーポンコードをお知らせします

この記事が役に立ったら
シェア!しよう

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア