進化した「プリケース」は、ここがスゴイ!

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

878

こんにちは!
夏休みに入って竹下通りはますます賑わっており、店内も活気に溢れています。

そんな原宿店で断トツ人気といえば『プリケース』。iPhoneに入っている画像でオリジナルケースが作れる画期的なシステムなのです。
大反響があった記事から約半年、進化した『プリケース』をご紹介します!

進化その1 透明光沢タイプと透明マットタイプが登場

従来の白ケースに加え、透明ケースにも印刷できるようになりました。ツルツルしている透明光沢タイプと、サラサラした手触りの透明マットタイプの2種類。iPhoneのカラーや画像に合わせてケースを選ぼう!

画像の雰囲気をそのままに「白ケース」

AppBank Store 原宿 プリケース

アップルマークを見せつつ、涼感を持たせる「透明光沢タイプ」

AppBank Store 原宿 プリケース

優しい印象にするなら「透明マットタイプ」

AppBank Store 原宿 プリケース

進化その2 QRコードで楽チン画像転送

お客様のiPhoneとお店のiPadをケーブルで繋ぎ画像転送していましたが、QRコード読取アプリがあればもっと簡単に画像が転送できます。
iPadに表示されたQRコードを読み取り画像転送用の専用サイトへ。そこでケースにしたい画像を選択しアップロードしましょう。

AppBank Store 原宿 プリケース

すると画像呼び出し用の数字が出てくるので、それをiPadに入力するだけで、あっという間に画像が表示されました!
もちろんケーブル接続での画像転送もOKなので、QRコード読取アプリがない方もご安心を。

進化その3 林檎マークの場所を確認しながらレイアウト

よく見かけるiPhoneの林檎マークを活かしたケースが、プリケースでも作れます!
画像のレイアウト時に林檎マークの場所が表示されているので、オシャレなデザインの透明ケースが作れるのです。
一味違うオリジナルのケースが作れること間違いなし!「レイアウトがしやすくなった」とお客様からご好評をいただいています。

これだけ進化したけど値段は…?

どのタイプのケースでも、お値段据え置き2,980円!しかも8月は500円引きの2,480円と超お得です!
どうしたらいいかイマイチ分からない…そんな時はお気軽にスタッフへお声がけ下さい。素敵なケースが作れるよう一生懸命お手伝いします。
世界にひとつだけのオリジナルiPhoneケースを作りましょう!

この記事が役に立ったら
シェア!しよう

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア