iPhoneケース・スマホケース・スマホカバーの専門通販

  1. 飛行機型ドローン Moskito(モスキート)【12月下旬】

飛行機型ドローン Moskito(モスキート)【12月下旬】 送料無料

¥7,980(税抜価格 ¥7,389) 送料無料

  • 発送時期
  • 2017.12.28~2017.12.30
  • 送料
  • 無料
  • ラッピング
  • 不可

Twitterでツイート

Facebookでシェア

「Moskito(モスキート)」は、スマホのアプリでコントロールできる超軽量コンパクトな飛行機型ドローンです。
Bluetoothでスマホと本体を接続し、なんと最長60mの飛行が可能です。

予約画面に進む

29人がほしい物リストに追加

製品仕様・スペック

■製品特徴

・超軽量な飛行機型ドローン


少年時代、紙飛行機を作って遊んだ経験のある人は、誰もがこんなことを考えたことがあるのではないでしょうか。

「思い通りに操作出来ないか?」
「永遠に飛ばせないか?」

こちらは、ラジコンのような大がかかりな機械ではありません。



「Moskito(モスキート)」は、スマホのアプリでコントロールできる超軽量コンパクトな飛行機型ドローンです。
Bluetoothでスマホと本体を接続し、なんと最長60mの飛行が可能です。
マンションの高さにすると20階建てくらいの超上空を飛行できることになります。

・超軽量でありながら非常に耐久性のある素材


飛行中のクラッシュは、誰しもが経験する飛行経験の一部です。モスキートは衝撃に耐える新しいスーパークラッシュ耐性素材を使用して設計されており、例え衝突したり墜落しても本体が壊れないことはもちろん、周囲のものへの障害を最小限に控えてくれます。
素材はEPP(発泡ポリプロピレン)という素材を使用しており、本体のフォルムからは想像出来ないくらい軽量な20gのボディです。
プロペラとフラップだけがスマホに連動していて、とても簡単な構造にも関わらずスピードがぐんぐん出るのはこの軽さによるところが大きいです。

・屋外でも室内でも飛行可能


縦22センチ、横22センチという家庭用ドローンでは比較的コンパクトなサイズ感で、メーカーいわく屋外はもちろん室内でも飛ばせるそうです。海外発のドローンだけあり、室内はちょっとな~と思いますが、大きなお家に住んでいれば話は違うかもしれませんが、面積的に日本の住宅事情だとちょっとキツいかもですね。私は広い屋外で飛ばすことをおすすめします。


・非常に簡単で直感的な操作


実際に飛ばしてみて驚いたことは、「めっちゃ簡単に飛ばせる!」ってことです。本格的なラジコン飛行機と異なり、適度な速度で飛ばせて、スマホアプリと連動してスマホを左右に傾けるだけ。直感的な手のジェスチャーでコントロール出来る手軽さが魅力です。

付属のジョイスティックを取り付ければ、スマホのアプリ上でラジコンのコントローラーのようにスピードとフラップを操縦することが出来ます。個人的にはテクニカルに操縦したい方にはジョイスティックを取り付けて遊ぶとさらに楽しいですよ。
お子さんは手のジェスチャーで直感的に操作し、大人はジョイスティック&チルトで緻密に操作して楽しむなど、お子さんから大人まで十分に遊び尽くせますよ。

・遊べる時間


形状の薄いリチウムポリマー電池を搭載していて、20分の充電で12分の飛行が楽しめます。仮に遊んでいる時に充電が無くなっても、モバイルバッテリーで充電出来るので、一緒に持っていくことをおすすめします。

※この商品は輸入品です。
※写真の色調はご使用のモニターの機種や設定により実際の商品と異なる場合があります。
※製品の仕様は予告無しに変更となる場合があります。予めご了承ください。

■製品仕様/技術仕様

・本体サイズ: 220x 220 x 80(mm)
・本体重量: 20(g)
・飛行時間:12分
・充電時間:20分
・バッテリー:リチウムポリマー(80mAh)
・素材:EPP(発泡ポリプロピレン)
・飛行距離:60m
・Bluetooth Smart
・同梱物:本体、交換用プロペラ、USB充電ケーブル

■サポート情報

カスタマーサポートデスク
電話:03-3496-3022(年末年始を除く年中無休 10時~18時)
メール:support1@bluenext.jp

販売元:ブルーネクストジャパン
UPC/JAN:4260334660165

アイテムレビュー『飛行機型ドローン Moskito(モスキート)で実際に遊んでみた』

2017.06.12

遊んだ場所は大学構内をお借りしてきました。
ビルとビルに挟まれた広場ような場所で、風速は体感で3~5m程。
ちょっと風が強いかなと少し心配に感じましたが、そんなことより早く飛ばしたいとワクワク。

直感的な操作で簡単

スマホアプリ内の液晶画面を縦にスワイプするとプロペラの強弱が調整出来ます。
スマホアプリ内で0%~100%まで強弱を調整出来ました。

飛ばし方はいたって簡単。紙飛行機のように投げて、プロペラを回すだけ。

プロペラを100%(full)にするとぐんぐん上昇していきます。
あまり上昇し過ぎるとBluetoothのペアリング接続が切れてしまうので、気をつけてくださいね。
実際に飛ばしている映像はこちら

飛行機のパイロットになったような気分。

上昇させつつもスマホを傾けるもしくは、付属のジョイスティックでアプリ内でフラップを操作することによって、ドローンを左右にコントロールすることが出来ます。
旋回させるなら基本的に左か右のどちらかにフラップをずっと振り切ってあげればOKでした。
私はプロペラの強弱を100%にしてフラップを右に振り切って固定したところ、時計回りに旋回しながらぐんぐん上昇していきました。

私は5分くらいの飛行で慣れました。正直難しいかなと思っていたんですが、案外簡単でした。
やはり、慣れてしまえばめちゃくちゃ楽しい。男性なら一度は憧れるパイロットになったような気分でしたね。

筆者は昭和生まれのおじさんですが、直感的に操作出来るので平成生まれのヤング世代も楽しめるんじゃないかと思います。

充電に気をつけよう

やはり夢中になって遊んでいるとあっという間に時間が経ちますね。Moskitoは連続飛行可能時間が約12分と短め。
充電は本体の裏から付属のmicroUSBケーブルで充電してあげます。約20分で満充電出来ますよ。
外で遊ぶ時はモバイルバッテリーはマストで持っていくと継続して一日中遊べます。
人気のモバイルバッテリーはこちらから

バイヤーからの一言

ドローンというとなんだか近未来的で縁遠いという印象ですが、これは違います。男性諸君のあこがれ、いや、ロマンがつまった玩具です。
さぁ、あなたも大空の旅に出かけませんか?

AppBankレビュー&関連動画

Moskito: App Controlled Plane With Joystick // Ferngesteuertes Flugzeug // Drone

(公開日:2016.11.10)

つぎに見られている商品