iPhoneケース・スマホケース・スマホカバーの専門通販

  1. NuForce BE Free8 完全ワイヤレスイヤホン ブラック

NuForce BE Free8 完全ワイヤレスイヤホン ブラック 送料無料

¥18,230(税抜価格 ¥16,880) 送料無料

  • 発送時期
  • 通常1〜2日後
  • 送料
  • 無料
  • ラッピング

Twitterでツイート

Facebookでシェア

米国の老舗高級オーディオメーカーのNuForceが完全ワイヤレスタイプ最高の音質を目指して開発したイヤホン。また電磁誘導方式を採用し音切れが少なく、最新のチップセットにより音の遅延が極めて少ない新世代の完全ワイヤレスイヤホン

関連キーワード

#イヤホン #ブラック #黒
カートに入れる

63人がほしい物リストに追加

製品仕様・スペック

■製品特徴


BE Free8(ビーフリーエイト)」は米国の老舗高級オーディオメーカーのNuForceが完全ワイヤレスタイプ最高の音質を目指して開発したイヤホン。また電磁誘導方式を採用し音切れが少なく、最新のチップセットにより音の遅延が極めて少ない新世代の完全ワイヤレスイヤホンです。ストレスフリーで、快適なスマホ生活を約束してくれる「BE Free8」です。

【NuForceとは】
米国ハイエンドオーディオブランドにして、数々の銘機をリリースし、世界中から称賛を受け続けている NuForce。ハイエンドオーディオ製品開発の中で蓄積されたポータブルオーディオのラインナップは、世界中の著名レビューアやメディア、そしてオーディオマニアの方だけでなく、より良い音をもっとカジュアルに楽しみたいという新しいユーザー層の方々からも熱い支持を集めています。



・高音質&低遅延
小型軽量で人間工学に基づく優れた装着性はもちろん、イヤホン本体左右間の通信に電波ではなく電磁誘導を利用する最先端技術「NFMI」を採用。完全ワイヤレスイヤホンの弱点とされてきた音の途切れを克服し、音楽も快適に楽しむことができます。
また音質も最上級。aptXやAACといった高音質音声圧縮技術の採用に加え、クリアでパワフルな低域と明瞭なボーカルを両立。あらゆるジャンルの音楽もリッチで高品位に楽しめるよう仕上げています。
最高峰の快適さとリスニング体験を実現してくれる先進デバイス。それがBe Free8なのです。



・NFMI(近距離磁界誘導)&Bluetooth4.1接続
NFMI(近距離磁界誘導)
最先端技術「NFMI」とは左右の耳の間で双方向に音を伝送しあうために開発された技術。
通信に電波ではなく電磁誘導を利用します。音の途切れを克服し、より快適に音楽を楽しむことができるのです。



・Bluetooth4.1接続
BE Free8は「NFMI」と「Bluetooth4.1」、2つの最先端テクノロジーにより、“聴きたい時にすぐ聴ける”ストレスフリーな設計です。ペアリングの煩わしさを極限まで排除しました。


<接続方法>
ステップ1:電源を入れる
左(L)側イヤホンを充電ボックスから取り出します。たったこれだけで電源は自動で入り、接続の準備が整った状態となります。
ステップ2:Bluetooth機器とのペアリング
スマートフォン、タブレット、コンピューターなどのBluetooth機器とペアリングします。
白色・オレンジ色のLEDが点滅をはじめると、Bluetooth機器には「BE Free8」の文字が出現、タップしてペアリングを行います。
ステップ3:自動接続
右(R)側のイヤホンのボタン2秒長押しして電源をオン、白色のLEDが点滅を始め、左(L)側のイヤホンと自動接続します。NFMI技術の採用により、安定した接続とバッテリーの長持ちを実現。ワイヤレスイヤホンを利用する人にとって非常に重要な機能です。


・ストレスのない接続
初めての接続から約12時間の間、左(L)側のイヤホンをバッテリーボックスから取り出しただけでBluetooth機器に自動的にペアリング。右(R)側ボタンの2秒間の長押しで「トゥルーワイヤレスイヤホン(完全ワイヤレスイヤホン)」が完成します。
“いま聴きたい”“すぐ聴きたい”の衝動に瞬時の対応が可能です。
戻すときはさらに簡単です。左右(L/R)のイヤホンをボックスに戻すだけ電源が自動的にオフになります。ストレスのないワイヤレスイヤホンライフがお楽しみいただけます。



・コンファタブルフィット
イヤホンのフィット感にもストレスフリーを実現、快適なリスニングに向け3つのコンファタブル(快適)を設定しました。
-人間工学的「エルゴノミクス」で設計されたイヤホンは快適なフィット感。
ライフスタイルのいかなる使用環境化でもストレスフリーを体感いただけます。
-日米で特許を取得しているSpinFitがBE Free8用に開発した超薄型フランジで、快適な装着感と高音質を両立させたイヤーチップを採用しています。
-防水規格IPX5による使用環境を選ばない使用感。
IPX5に準拠した防水機能は「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」 ということ。アクティブスポーツの発汗をも想定しています。



・状態をあらわすインジケーター
BE Free8は、様々な状態(状況)をイヤホンのLEDインジケーターで確認することが出来ます。視認性の高い「色・輝度」にて一目で認識ができるので、ここでもストレスフリーを実現しています。
電話の着信:白色LEDが急速に点滅します。
ペアリング:白色・オレンジ色LEDが急速に点滅します。
充電:オレンジ色LEDが点灯します。
電源オン:白色LEDが点灯(1秒)します。
電源オフ:オレンジ色LEDが点灯(1秒)します。



・操作方法
BE Free8は、左(L)側イヤホンのスマートボタンのプッシュ内容で操作を完結できます。
「1プッシュ」「2プッシュ」「2秒長押し」「4秒長押し」の4アクションだけです。
左右の操作を覚えて使い分ける煩わしさはありません。
ボタン4秒長押し:Bluetoothを接続します。
ボタン2秒長押し:Bluetoothを切断します。
ボタン1プッシュ:電話の応答ができます。
ボタン1プッシュ:電話の切断ができます。
ボタン2プッシュ:曲が次トラックへ移動します。
ボタン2秒長押し:電源オン
ボタン4秒長押し:電源オフ
スタンバイモードでボタン2秒長押し : Siri・Google Voiceの起動
※ボリュームは、スマートフォン・タブレット・コンピューターなどのBluetooth機器からのコントロールとなります。



・Attractive design(魅力的なデザイン)
【イヤホンセッティング】
BE Free8は、バッテリーボックスに収納する際、どちらのイヤホンが右か左か簡単に区別する為、右側のイヤホンは右側のホール、左側のイヤホンは左側のホールにしか入らないように設計されています。充電もホール(穴)に軽く乗せるだけで開始されます。
また、(L)(R)の表示は、イヤホン本体のスマートボタンにもあり、イヤホン単体でも確認ができる仕様です。



【Cocoon(繭型)】
BE Free8のバッテリーボックスは、「Cocoon(繭型)」タイプで作成しました。僅か、縦7cm×横(最大)6cm×厚さ(最大)2.5cmのコンパクトサイズ。手のひらにスッポリ入る大きさで、角のないCocoon(繭型)シルエットはナチュラルな感触です。



【LEDランプ】
バッテリーボックスの充電は付属のUSBケーブルを通じてUSBポートより行います。三つの白色LEDインジケーターでの表示内容でバッテリー残量が確認できます。
-三つ光っている場合、あと3回充電が可能です(12時間分の容量)。
-二つ光っている場合、あと2回充電が可能です(8時間分の容量)。
-一つ光っている場合、あと1回充電が可能です(4時間分の容量)。



【ロングライフバッテリー】
BE Free8の「Cocoon(繭型)」バッテリーボックスは、500mAhリチウムイオンバッテリーを搭載したのロングバッテリー設計です。最大3回のフル充電(合計12時間分の容量)を可能にし、イヤホン本体は「Cocoon」の中で、約180分でフル充電となります。
-音楽の再生・通話の連続使用:4時間
-待受時間:待受時間最大5日間(120時間)
-500mAhバッテリー:一度の充電で連続3回チャージが可能なバッテリーボックス



・Sound quality(音質)
True Hi-Fi
BE Free8は、水素よりも高いイオン化エネルギーをもつ不活性金属を使用した「5.8mm不活性金属コーティングダイアフラム」を搭載した「Dynamic型6mmドライバー」を採用しました。
画像内の配置内容は下記の通りです。
①メタルコーティングダイアフラムを内蔵した6mmドライバー
②500mAhバッテリー
③NEMI(近距離磁界誘導)テクノロジー
④Bluetooth




・AACとaptXに対応
BE Free8の対応コーディックは、高音質、低遅延で音声データを伝送できるaptX、高圧縮率で高音質なAACおよびSBCといった高音質音声圧縮技術に対応しています。特にaptX対応スマホをご使用いただければ、僅か-40msのレイテンシー(遅延)しかありませんから、動画サイトやゲームなども快適に楽しんでいただけます。




・高い通話品質
BE Free8にはCVCノイズキャンセリングマイクが内蔵されています。喧騒の街中でも快適に会話のできる高い通話品質を実現しました。



■製品仕様/技術仕様

【サウンド】
ドライバーダイヤフラム: 5.8mm不活性金属コーティングダイアフラム
ドライバーユニット: Dynamic型6mmドライバー
応答周波数: 20Hz-20KHz
インピーダン: 32Ω
感度: -42dB+-3dB
イヤホン感度 : 92±3dB at 1K Hz

【接続】
BE Free8:Bluetooth 4.1、範囲10m(フリースペース)、サポートヘッドセット(HSP 1.2) 、ハンズフリー(HFP 1.6)、A2DP 1.3/AVRCP 1.4プロファイル
バッテリーボックス:MicroUSB-コネクタ

【オーディオ】
SBC, AAC, aptX low latency

【マイクロホン】
CVCノイズキャンセリングマイク

【バッテリー/電源】
イヤホン本体:左(L) 80mAh, 右(R) 50mAh, / 音楽再生および通話時間 約4時間
バッテリーボックス:500mAh / イヤホン本体へ最大3回のフル充電(12時間分の容量)

【その他】
重量 (kg):イヤホンセット(CP350 tips含め) 11g / バッテリーボックス 44g
充電時間:イヤホン 2時間(フル充電) / バッテリーボックス3時間(フル充電)

【付属品】
・Spinfit (CP350) イヤピース S/M各1pcs
・Spinfit (CP100Z)イヤピース SS/S/M 各1pcs
・バッテリーボックス
・MicroUSB-ケーブル


■サポート情報

バリュートレードサポートセンター
お問い合わせ先 TEL:050-3388-6812
Email:support@v-trade.co.jp

販売元:バリュートレード
UPC/JAN:4562497697751

アイテムレビュー『「BE Free8」遅延が少ない老舗音響メーカーNuForceの完全ワイヤレスイヤホン』

2017.10.11・4778Views

iPhoneなどスマホとBluetoothで接続し、コードが一切ない完全ワイヤレスイヤホン。

Bluetoothイヤホンは有線イヤホンと違い無線接続なので、少なからずiPhone側で流れる映像と耳に入ってくる音に遅延(ズレ)が生じるもの。

しかし、今回手に入れた「BE Free8(ビーフリーエイト)」はびっくりするほど遅延(ズレ)が低減されている完全ワイヤレスイヤホンであると言える。

筆者はiPhoneで音楽を聴くことはもとより、頻繁にYouTubeを観ながら通勤している。

今回この「BE Free8」を使ってみて今まで使ってきた完全ワイヤレスイヤホンの中でぶっちぎりの低遅延であった。

ミュージックビデオ、YouTubeなど映像と音を楽しむ機会が多い人におすすめしたいこの「BE Free8」を詳しくお届けしたいと思う。

仕様的にはざっとこんな感じ。
▼重量:イヤホンセット(CP350 tips含め) 11g/バッテリーボックス 44g
▼音楽連続再生時間:最大4時間
▼通話連続時間:最大4時間
▼充電時間:イヤホン 2時間(フル充電)/バッテリーボックス3時間(フル充電)
▼バッテリーケース:3回分のフル充電が可能
▼ドライバーダイヤフラム:5.8mm不活性金属コーティングダイアフラム
▼ドライバーユニット:Dynamic型6mmドライバー
▼周波数特性:20Hz-20KHz
▼感度:-42dB+-3dB
▼イヤホン感度 : 92±3dB at 1K Hz
▼インピーダンス:32Ω
▼サポートコーデックス:SBC, AAC, aptX low latency
▼Bluetooth:Bluetooth 4.1
▼防水規格:IPX5
▼マイク:CVCノイズキャンセリング通話可能

「BE Free8」は米国の高級オーディオブランドOptoma/NuForceが開発した完全ワイヤレスイヤホン。
同ブランドがコンセプトとする、「Accessibility(利便性)」「Attractive design(魅力的なデザイン)」「Sound quality(音質)」を完全ワイヤレスで実現している点も触れながらレビューしていきたいと思う。


高音質かつ極めて音が途切れにくい

音域は、低音域から中音域、高音域とまんべんなく音を押し出す力強さを感じました。少し低音の表現が強めなイメージかな。
音の特徴は、全体的にやわらかいイメージで、包み込むような音の出し方をしてくれます。反対に透き通った伸びのあるボーカルの歌声は、もう一歩伸びが欲しいかなという印象。
しかしながら完全ワイヤレスイヤホンということを考慮すると、圧倒的に高音質だと言えるでしょう。

通常、完全ワイヤレスイヤホンでは電波を使用するので音が途切れることが多々あります。
しかし、「BE Free8」は最先端技術「NFMI」を搭載。通信に電波ではなく電磁誘導を利用し、左右の耳の間で双方向に音を伝送しあうため音の途切れを克服しているのです。
実際に駅や繁華街といった人混みでも、通常の完全ワイヤレスイヤホンより圧倒的に途切れる頻度は減りました。
筆者は、毎朝の通勤電車で頻繁に音が途切れてイライラする!なんてことが減りました。
無用なストレスに悩まされることからおさらばしましょう。


映像と音の遅延(ズレ)を極限まで抑える

YouTubeといった動画ストリーミングサービスで威力を発揮すると言っても過言ではない。
真のコードレスである、完全ワイヤレスイヤホンの中でもダントツで映像と音の遅延(ズレ)が極小。
さすがに遅延にシビアな音ゲーができるというレベルでは無いにしろ、かなりのレベルに達しているであろう。


長時間の快適な装着を実現するイヤーピース

耳の形は千差万別。
筆者の耳は左と右ですら違うもの。
「BE Free8」にはSpinFit(スピンフィット)というイヤーピースが付属されています。
SpinFitは中心にくびれがあり、柔らかく、耳の形状に合わせてヘッド部分が可変しフィットしてくれます。

装着してみるとそっと耳の奥でフィットするような感覚で2~3時間の装着でも痛くなったり疲れることはありませんでした。

もちろん落っこちる心配もなく、遮音性も向上するので、音楽に集中することができます。


スマホを取り出さず、イヤホン本体の物理ボタンで。

イヤホン本体には小さな物理ボダンが。
スマホを取り出すことなく、電話の応答/切電、曲の再生/停止、次の曲へトラック、SiriやGoogleVoiceといった音声アシスタント操作ができます。
ただ、音量調整ができないのが残念ですね。


生活防水、通話もクリアで日常使いに◎

防水規格IPX5に準拠して、多少の雨や汗には耐性を持っています。
※写真は分かりやすいように大げさに水をかけてみましたが問題なくその後も使用できました。

CVCノイズキャンセリング機能を搭載し、人混みの中でも相手の声をクリアに聞き取ることができました。
こういった日常使いに便利な機能はうれしいところです。


美しいコクーンのようなバッテリー内蔵ケース

音質が柔らかく包み込むような特徴であるように、ケースも美しい曲線美でコクーンのようなボディをしています。
とても美しいシルエットですね。

このケースはイヤホン本体を最大3回フル充電(12時間分)することができるので、筆者のように通勤で使っている分には軽く一週間はもちます。
完全ワイヤレスイヤホンはバッテリー持続時間に一抹の不安がありますが、イヤホン単体でも4時間の連続音楽再生可能なので、バッテリーケースと一緒に持ち運ぶことでさらに安心感がありますね。


まとめ

▽good point
・包み込むような高音質で不満なし
・CVCノイズキャンセリング搭載でクリアな通話
・IPX5の生活防水で使い勝手良し
・ケースでイヤホン本体を3回分フル充電できる

▽bad point
・高音ボーカルの伸びがもう一歩(※個人差あり)
・音量調整はスマホ側で操作する必要がある


こんな人におすすめ

・完全ワイヤレスイヤホンを使ったことがあるけど、音質・利便性・デザインに不満をもっている人。
・スマホでYouTubeなどの動画を見る人


ライターから一言

完全ワイヤレスイヤホンの中では群を抜いて、音と映像の遅延(ズレ)が少なく、YouTube等の動画ストリーミングサービスを良く観る人にはおすすめしたい。
音質は力強さを感じ、コクーン(繭)のように包み込まれるような高音質が心地よい。今までの完全ワイヤレスイヤホンから音・デザイン・利便性どれをとっても2、3歩抜きん出たモデルと言っても過言ではないでしょう。

イヤホンの新着商品

新着商品をもっと見る