iPhoneケース・スマホケース・スマホカバーの専門通販

AmazonPayAmazonアカウント、ゲストアカウントでお買い物ができます

  1. メガネ型ウェアラブルデバイス AYO(アイオ)【9月下旬】

メガネ型ウェアラブルデバイス AYO(アイオ)

¥29,800(税抜価格 ¥27,593) 送料無料

  • 発送時期
  • 2018.09.25~2018.09.28
  • 送料
  • 無料
  • ラッピング
  • 不可

Twitterでツイート

Facebookでシェア

忙しい現代人の乱れがちな生活のリズムを整え、快適な睡眠体験とアクティブな生活をサポートするウェアラブルデバイス、それがAYO(アイオ)です。

予約画面に進む

アイテムレビュー『睡眠とれてる?体内時計を調整するメガネ型デバイス「AYO(アイオ)」』

2018年09月11日 949Views

日中は眠気に襲われ、夜になると目が冴える。そんな経験ありませんか?夜ベッドに入った後、寝付けず気づけばiPhoneをいじっている。平日の不規則な生活時間により週末に寝溜めをして月曜日の朝がつらい。こういったことが体内リズムを狂わせ、悪循環を生んでしまう。しかし、現代のテクノロジーは日々進化している。現代人が直面している睡眠における課題を解消してくれるデバイスが登場したのだ。夜ぐっすり眠り、日中にパフォーマンスを発揮したいという人に重宝する「AYO(アイオ)」を紹介したい。「AYO」は、体内時計を調整して、睡眠サイクルを適切にしてくれるメガネ型ウェアラブルデバイスだ。

続きをみる>>

製品仕様・スペック

■製品特徴

忙しい現代人の乱れがちな生活のリズムを整え、快適な睡眠体験とアクティブな生活をサポートするウェアラブルデバイス、それがAYO(アイオ)です。

AYOは長年に渡るクロノバイオロジー(時間生物学)の研究成果に基づいた睡眠体験の向上、疲労感軽減、時差ぼけの緩和に役立つ光セラピープログラムを提案してくれる「AYOアプリ」と、目に優しい「ブルーライト」を発する「AYOウェアラブル」から構成されます。



・3つのセラピーモード
人は「体内時計」の作用により、夜になると自然に眠くなります。この”自然に眠くなる”という状態にする為に重要なのが「メラトニン」というホルモンです。そして「メラトニン」の生成・抑制に関わってくる要素の1つが、太陽光をはじめとする「光」です。AYOはこの働きに基づき、3つのセラピーモードを提供します。AYOの3つのセラピープログラムのモードについてご説明します。メガネ型のAYOウェアラブルを使用すればいつでも手軽にセラピープログラムが実践できます。

・スリープモード
光の力で体内時計を整え、希望した時間での自然な入眠や良い睡眠体験の実現を目的としたモードです。また、週末や夜更かしで乱れた睡眠サイクルを調整する手助けをします。
AYOアプリからスリープモードを選択し、最近の起床と就寝時間を入力してください。続いて希望の起床と就寝時間を設定すると、アプリ内にセラピープログラムが自動に作成され、光を浴びるのに最適な時間をお知らせしてくれます。プログラムに沿って光を浴びることで、体内時計のリズムの調整ができ、希望時間に自然な入眠ができ、より良い睡眠がとれるよう働きかけます。

・エネルギーモード
日中眠い時やシャキッとしたい時に、AYOアプリのエネルギーセラピーがお勧めです。エネルギーモードは眠気を緩和し、活力を取り戻すことを目的としたモードです。
AYOアプリからあなたのニーズに合わせて20分、30分、40分の3つのセラピー時間を選択することができます。(セラピー時間を長くするほど効果は大きくなります。)
眠い時やシャキッとしたい時、または運動前に光を浴びてください。それによりメラトニンの分泌を抑えられ、すっきりした感覚が得られるはずです。

・トラベルモード
長距離の海外渡航は、時差の変化に適応するのに苦労します。トラベルモードでは、つらい時差ボケを緩和することを目的としたモードです。
AYOトラベルモードでフライトスケジュールを入力してください。AYOアプリは独自のアルゴリズムに基づいて、あなたのフライトスケジュールに合わせた最適なセラピープログラムを提案してくれます。セラピーの時間になると、アプリから光を浴びるべき時間に通知が届きます。
フライト(片道、往復)の場所と時間を入力するとAYOアプリが最適なプログラムを自動的に生成します。

【睡眠と光の関係】
・光とメラトニン
我々の日常生活リズムは体内時計によってコントロールされると言われます。朝目が覚めて体が活動的になります。そして一日を過ごした夜は眠くなって体は睡眠状態になります。
このような「オン」と「オフ」の切り替えに働きかけるのは、「メラトニン」という「睡眠ホルモン」です。朝起きたらすぐ日光を浴びると、目の中にある網膜神経は光を感じて脳に「オン」の信号を伝達します。また、メラトニンは日光を浴びてから14~16時間ぐらい経過すると、体内時計の指令によって再び分泌されます。特に暗い環境の夜は多く分泌され、体は自然に眠くなってしまいます。このようにメラトニンの分泌は日光を浴びることで調節できると、研究によって判明されました。

・ブルーライトの力
ブルーライトと聞くと有害な物と感じる方も多いでしょう。「ブルーライト」は色の中で最もエネルギーが強いとされ、覚醒効果と眼精疲労を引き起こします。寝る前のスマートフォン使用が良くないとされるのはその為です。
一方で、ずっと昔からブルーライトは自然界に存在します。晴れた日に空を見上げれば青い空が見えます。これは光の構成色のうち2番目に波長の短い「ブルーライト」が空気中の物質で拡散し、青く見えるためです。私達はこの光のおかげで、昼間目がさえて活動できます。ブルーライトは体内時計の調整に欠かせない要素の一つとも言えるのです。
AYOの各種セラピーモードは、このブルーライトの効果を害なく効率的に発揮できるようにプログラムされています。
AYOデバイスのブルーライトは、紫外線や赤外線など目に悪影響を与えるものを取り除いた目に優しい光を使用しています。この青い光は日光と同じく、我々体内のメラトニンの分泌を抑える働きがあります。

・アプリを使って簡単セットアップ



※アプリ画面は開発中の画面です。予告なく変更になる場合がございます。

AYOウェアラブルは目に優しい「ブルーライト」を発するメガネ型ウェアラブルデバイスです。
・Bluetoothと専用アプリ
AYOウェアラブルはスマートフォンとBluetoothRで
接続し、AYOアプリで操作できます。


・安全性
AYOウェアラブルの青い光は、日光から紫外線や赤外線など目に悪影響を与えるものを取り除いた目に優しい光です。
専用アプリの指示に従って正しく使用すれば、人体への安全性は保たれています。


・充電式バッテリー
同梱の携帯ケースから充電できます。携帯ケースの充電がフルの状態では、AYOウェアラブル本体に5回フル充電できます。


・軽量性
AYOウェアラブル本体重量は、わずか35g。快適な付け心地を実現しました。


・手軽さ
AYOウェアラブルは目を閉じる必要はないので、作業をしながらでも利用ができます。


・AYOの青い光
光照度: 300 uW/cm2
光周波数: 475 nm
UVと赤外線は含まれていません。


・ノーズピース調整可能
ノーズピースは自由に調整可能、あなたの鼻筋に一番合う形に変えられます。
メガネをかけたままでもノーズピースを上に向け、AYOウェアラブルを装着することができます。

・携帯充電ケース
専用の携帯ケースが付属しています。AYOウェアラブル本体はケースに収納しながら充電もできます。
軽くて丈夫なプラスチック素材で持ち歩きに便利です


※パッケージ、同梱の取説は英語表記です。
※スマートフォンアプリは日本語翻訳済み
日本語マニュアルはこちら

■製品仕様/技術仕様

・サイズ:
本体:155×65×23(mm)
携帯ケース:-173×80×65(mm)
・重量:
本体:35g
携帯ケース:180g

・バッテリー使用時間:
本体:最大3時間( およそ6回のセラピープログラムが実施できます)
携帯ケース:最大 10時間( およそ20回のAYOセラピープログラムが実施できます)
・充電時間:約3時間

ライトについて:
・主波長: 約470nm ± 2nm
※紫外線と赤外線は含まれていません。
・半値幅: 22nm
・Typical Irradiance (強度100%) 約250 μW/cm2
・光パルス:1,000Hz (Duty Cycle, D=25-100%)
・商品寿命:> 10,000時間
・動作環境:iOS:iOS9以降のiPhone5以降 Android:BluetoothR 4.0対応のAndroid 4.3以降
・同梱物:商品本体
充電ケース
USBケーブル
簡易マニュアル

■注意事項
本製品をお使いになる前に、マニュアルに記載の安全上の注意、警告、注意の各項目をよく読んで使用してください。AYOは先進的なウェアラブル技術で構成されており、AYOアプリはパーソナライズされた光体験を提供しています。AYOは医療機器ではありません。病気や健康状態の治療、診断をするものではありません。AYOの技術による効果は個々の適用性や使用期間により異なります。製品情報に提示されている警告と注意は医師の診断ではなく、医師の診断に代わるものではありません。もしも薬や健康状態、病気への影響が心配される場合は、AYOを使用する前に医師への相談を推奨いたします。

■警告
4歳以下のお子様が手を触れないように気を付けてください。
下記に当てはまる方の使用は推奨いたしません。
・18歳以下のお子様
・白内障、緑内障、黄斑変性、網膜障害などの目の病気、既往歴のある方、または手術経験のある方
・光に敏感な方、てんかん発作やその他発作の経験がある方
・身体的、感覚的または精神的能力が低下した方、またはそのような装置を操作するため

使用前に医師に相談してください
・双極性障害、季節性情動障害の方、ご家族の中に目の疾患の既往歴のある方
・感光性の薬を服用されている方
(影響が出る可能性があるため)
(例 : 抗生物質、抗ヒスタミン剤、化学療法剤、心臓病、糖尿病、皮膚用の薬など)
頭痛や口渇、眼精疲労、吐き気、活動亢進などの不調があった場合は、AYOの使用を中止してください。
利用を開始する際は2~3日あけ、低い光度で使用を開始してください。
どの光度レベルであっても、光源を直視しないでください。
一日あたりの推奨時間を超える使用や、かかりつけの医師やAYOアプリの推奨時間以上の使用をしないでください。
こういった使用が頭痛や吐き気、眼精疲労、運動亢進、入眠困難につながる可能性があります。

■安全性と適合性
EOUROPE
CE EMC EN 55014, EN 61000-4-3
AYO は国際規格 IEC62471 に準拠する、目に安全な端末です。

Directive 2014/30/EU (EMC)
EN 55014-1:2006 + A2:2011
EN 55014-2:2015

Directive 2011/65/EU (RoHS)
IEC 62321:2008
IEC 62321-3-1:2013
IEC 62321-4:2013
IEC 62321-5:2013

Radio-Equipment Directive 2014/53/EU
EN 62479:2010
EN 300328:2015
EN 301489-1:2011
EN 301489-17:2012
The products described above comply with the RoHS Directive
2011/65/EU of the European Parliament and the Council
from 08/06/2011 on restriction of the use of
certain hazardous substances in electrical and electronic appliances.

US
FCC Title 47, Chapter 1, Part 15, Class B
FCC VOC:
47 CFR PART 15 OCT, 2016, Class B
ANSI C 63.4:2014

CANADA
Industry Canada (IC):
ICES-003 Issue 6, January 2016, Class B
ANSI C63.4:2014
その他の地域については、www.goayo.com を参照してください。

■サポート情報

株式会社ビーラボ
info-product@b-labinc.jp

UPC/JAN:0866020000327

AppBankレビュー&関連動画

「AYO」メガネ型光セラピーIoTデバイス

(公開日:2017.08.28)