アプリ送料無料キャンペーン

アプリ送料無料キャンペーン

コロナで注目の在宅ワークの強い味方!WEB会議とは?Web会議の方法も徹底解説【2020年最新版】

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

526

コロナで注目の在宅ワークの強い味方!WEB会議とは?Web会議の方法も徹底解説【2020年最新版】

昨今の社会の動きや働き方改革の推進により、在宅ワークを導入する企業が増え続けています。そんな時に必要となってくるのがWeb会議。Web会議の必要性を感じているものの、導入方法や始め方がわからないという人も意外と多いのではないでしょうか。ウェブ会議・オンライン会議のメリット・デメリット・注意点、おすすめのオンライン会議用マイク・ビデオ通話カメラ、無料で使えるZOOMやGoogleハングアウトなどのオンライン会議システムをまとめてご紹介します。

WEB会議とは?

そもそもWeb会議とは何を指す言葉でしょうか。 遠隔地にいる人とカメラやマイクを使用し画面越しに会議をすることをオンライン会議といい、オンライン会議は「Web会議」と「ビデオ会議」の2種類に分類されます。

ビデオ会議はテレビ会議とも呼ばれ、主に映像と音声のみのやり取りが行われます。対してWeb会議は、パソコン・タブレット・スマートフォンなどのWebブラウザを利用し、資料やファイルの共有、チャットでのやり取りをリアルタイムで行うことが可能です。そのため、多くの企業がWeb会議を選択しオンライン会議を行っています。

一見導入方法が複雑そうに思えますが、始め方はとても簡単。主にクラウドサービスとして提供されているアプリケーションを利用することが主流となっているので、Web会議システム・Web会議ツールと呼ばれる専用のアプリケーションをダウンロードするだけで手軽に始められることが可能です。特別な機材を用意する必要がなく、インターネット環境があればいつでもどこでも会議を行うことができますよ。

おすすめのWEB会議ツール

Web会議システム・Web会議ツールにもたくさんの種類があるので、どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。Web会議ツールには、無料のWEB会議ツールと、有料のWEB会議ツールがあります。ひとまず手軽に始めてみたい場合は無料のものを試してみて、サポート体制やセキュリティ対策がしっかり整った環境のツールを使いたい場合は有料のWEB会議ツールを選ぶといいでしょう。こちらでは、無料と有料のWeb会議ツールの特徴とおすすめをそれぞれ紹介していきたいと思います。

無料のWEB会議ツール

・Google Meet
もともとあったGoogleハングアウトをより便利で使いやすくしたものが「Google Meet」です。Googleアカウントを持っていれば誰でも無料で利用でき、会社や学校などの所属している組織でG Suiteを利用していれば、Googleカレンダーやメールなどと連携ができるので、会議の参加やスケジュール管理が簡単に行えます。

・Zoom
在宅ワークやオンライン飲みの普及により一気に知名度がアップした「Zoom」。URLを共有するだけで誰でも簡単にミーティングに参加することができます。操作がわかりやすく、さまざまなデバイスで使用できるのでスマホからの参加も簡単です。また、バーチャル背景を自由に設定することが可能で、部屋の様子を映すことなくオンライン会議を行うことができますよ。

・Skype
Microsoft社が提供する認知度の高いオンライン会議ツール「Skype」。MicrosoftのOfficeを利用していれば、予定表やプロフィールなどの情報も連携されるので便利です。専用アプリをダウンロードし、登録するだけで直感的な操作でチャットや、オンライン会議が行えます。また、海外での利用者も多いので国外企業やグローバル企業とのWeb会議・商談にもおすすめですよ。

・Chatwork Live
ビジネスでのチャットツールとして広く知られているChatworkに搭載されているビデオ通話機能が「Chatwork Live」です。「音声通話」「ビデオ通話」「画面共有」といった基本的な操作を簡単に行うことができます。ビデオ通話は1対1のみとなりますが、音声のみであれば最大100人まで同時参加が可能です。

有料のWEB会議ツール

・Cisco Webex Meetings
シスコシステムズ社が提供するWeb会議ツール「Cisco Webex Meetings」は世界中で圧倒的な利用者数を誇り、業界トップクラスのセキュリティで安心・安全に使用できると評価が高いクラウドWeb会議サービスです。会議の様子を録画してシェアができ、大規模なオンラインセミナーでの利用にもおすすめです。

・LiveOn
月額3,000円という低価格で始めることができ、音声の途切れや遅延が少なく通信が安定した状態でのWeb会議を行えます。また、会議室を自由に作成することができるので、複数の会議を同時に開催することが可能。サポート体制もしっかりしているので導入後も安心して使用することができますよ。

・bellFace
営業に特化したオンライン商談システムである「bellFace」は、インサイドセールス用のWeb会議システムとして多くの企業に導入されています。アプリのインストールやID発行が必要なくスムーズに接続が可能です。ネット環境が不安定でも音声は電話越しに行うので会話を継続して行うことができます。お客様アンケート機能が搭載されているので評価の収集も簡単です。

WEBカメラ

Webカメラ CIO-WC1080P

Webカメラ CIO-WC1080P

FULL HD画質(1920x1080)対応、最大画素数は800万画素で高画質な映像を映し出すことが可能な、コスパ抜群のWEBカメラ「CIO-WC1080P」。フレームレートも最大30fpsとなっていて、カクばった動きにならず滑らかです。 周りの雑音を軽減してくれる3Dノイズ除去機能のマイクも内蔵されているので、別でマイクを用意する必要もありませんよ。
接続方法も、カメラを広げて固定しUSBケーブルを挿すだけの簡単3ステップ!ドライバーや専用アプリのインストールが必要なく手間のかかる設定作業がいらないのもうれしいポイントですね。

800万画素 ステレオマイク内蔵 高精細ガラスレンズ レンズフード付PCカメラ

800万画素 ステレオマイク内蔵 高精細ガラスレンズ レンズフード付PCカメラ

最大3264×2448ピクセル、Full HD対応800万画素で究極の高画質を楽しめるWebカメラ。日本メーカー製の裏面照射型CMOSイメージセンサーを採用することで抜群の高感度と色再現性を実現しています。さらに高精細ガラスレンズを搭載しているので鮮明な動画撮影が可能で、3200万画素の静止画を撮影して送信することも可能。

パソコンに接続するだけで簡単に始められ、SkypeやSkype for Businessなどの各種チャットソフトを使用しての動作も確認済。「エレコムWebCamアシスタント」をダウンロードすれば、動画を簡単に編集することができ、YouTube投稿機能など様々な撮影が楽しめるのでプライベートでの使用にもおすすめですよ。

マイクスピーカー

Anker PowerConf Bluetoothスピーカー

Anker PowerConf Bluetoothスピーカー

Web会議をスムーズに進める上で、音声による円滑なコミュニケーションは欠かせません。音声が途切れ途切れになってしまったり、ノイズが混じって聞こえづらいなどの問題が起こると、会議にも支障が出て余計なストレスがかかってしまいますよね。

「Anker PowerConf Bluetoothスピーカー」は、声の大きさ・距離を問わず音量を最適化し、会議をしている相手に均一な音量で声を届けることができるオートゲインコントロール機能が搭載されています。また、エコーキャンセリング・残響抑制・ノイズリダクション機能も採用されていて、エコーやハウリングを防ぎクリアな通話を行うことが可能。360度全方向から音を拾えるスピーカーマイクなので大人数が一堂に会するオンライン会議にもおすすめ。

Bluetooth 5.0に対応しているのでケーブルでの接続は不要。いつでもどこでも簡単にウェブ会議を始めることができます。さらにモバイルバッテリー機能が搭載されているので、外出時や電源をつなぐことが出来ない部屋などでも持ち運んで使えたり、スマホなどのモバイル機器を充電をすることができるので便利ですよ。

イヤホンマイク

Anker Soundcore Life U2 ワイヤレスイヤホン

Anker Soundcore Life U2 ワイヤレスイヤホン

一日のWeb会議の回数が多かったり、音楽を聴きながら仕事をする人におすすめしたいのが「Anker Soundcore Life U2 ワイヤレスイヤホン」。ネックバンド式でありながら軽さはわずか33gという軽量設計。ネックバンド部分は柔軟性のあるシリコンで作られていて、首元にぴったりとフィットするため、一日中使用しても快適な着け心地です。フル充電の状態で最大24時間の音楽再生を実現し、充電が切れてしまっても付属のUSB-Cケーブルで5分間充電すれば約2時間の音楽再生が可能となっています。

cVc8.0ノイズキャンセリングを搭載しているので、通話相手に自分の音声をよりクリアに伝えることができます。また、マルチポイントペアリング機能が搭載されていて、同時に2台の機器とペアリングが可能。1台はスマホから音楽、もう1台はPCでオンライン会議など、Bluethooth接続をそのたびに切り替える必要がないためスムーズに使い分けができちゃいますよ。

Anker Soundcore Liberty Air 2 完全ワイヤレスイヤホン

Anker Soundcore Liberty Air 2 完全ワイヤレスイヤホン

スピーカーマイクを使用すると周囲にウェブ会議相手の音声が聞こえてしまうので、個人で行うときはイヤホンマイクを使用するのがおすすめ。最近の音楽用イヤホンにはマイクが内蔵されたものも多く、ウェブ会議でもイヤホンマイクとして活用をすることが可能です。

「Anker Soundcore Liberty Air 2」はcVc8.0ノイズキャンセリングに対応した4つのマイクを、左右それぞれ2個ずつ内蔵。このマイクが周囲の騒音やノイズを低減して、通話相手へより大きくクリアに音声を届けてくれるのです。自宅で仕事をする上で生活音がうるさい場合に重宝しますよ。しかも、コードが全く繋がっていない完全ワイヤレスイヤホンなので動きが制限されずストレスフリーです。接続にはBluetooth 5.0を採用しているので、音声が途切れたりすることもほとんどありません。クリアでスムーズな会話はWeb会議を円滑に運ぶ手助けをしてくれますよ。

Bluetooth4.1 ネックバンド式 ワイヤレスイヤホン マイク内蔵

Bluetooth4.1 ネックバンド式 ワイヤレスイヤホン マイク内蔵

完全ワイヤレスイヤホンだと片方だけを落とす心配があったり、室内で使用する分にはそれほど小ささを求めないという人にはネックバンド式イヤホンがおすすめ。

OWLTECHの「ネックバンド式ワイヤレスイヤホン」はボタン操作がしやすく、一体感にこだわった柔軟性のあるネックバンドを採用することにより、耳からも外れにくい構造になっています。このネックバンド部分に通話用マイクがついておりハンズフリーでの会話が可能。CVC(Clear Voice Capture)6.0を搭載しているので通話中に気になるノイズや周辺の雑音などを軽減してくれます。防水規格のIPX4を取得しているので、汗や小雨程度なら十分耐えられる生活防水も嬉しい機能ですね。室内にこもって長時間テレカンをしているとストレスがたまりますよね。そんな時にはこのイヤホンを装着してランニングをするなんてこともできますよ。

ライターから一言

こちらでは、Web会議の基本的な情報とWeb会議で使えるおすすめガジェットを紹介しました。在宅ワークが定着しつつある今、円滑なコミュニケーションをとるためにも積極的に便利なアイテムを取り入れたいところです。使用目的に合ったアイテムを手に入れて、仕事でのパフォーマンス向上にも期待したいですね。

この記事が役に立ったら
シェア!しよう

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア