アンカーより、Soundcore Liberty Air 2 Proの新色ブルー&ピンクが本日リリース

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

1,796

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro
メーカー提供画像

2021年4月21日(水曜)より、アンカーの人気ノイキャンイヤホン「Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro」から新色ブルーピンクが発売開始になりました。

これまでにブラックとホワイトの2色が販売されていましたが、新色が加わり全4カラーでのラインナップに。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro

ブルーはマット調でスタイリッシュな色味。ちょっぴり目を引くアクセントカラーに使えるようなカラーリングをしています。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro

ピンクはフェミニンで女性らしい色使い。アクセサリーのように可愛いカラーテイストが特徴的です。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro
メーカー提供画像

同製品は、内外に2つのマイクが付いたウルトラノイズキャンセリング機能を備え、イヤホン装着時に耳へ入る環境音を低減してくれます。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro
ABSマガジン編集部撮影

周囲の環境に応じて最適な消音効果にカスタマイズできる3種類のノイキャンモードに対応。

電車やバスなどの公共の乗り物に乗車中に走行音を抑える『交通機関モード』、街なかのガヤガヤとした喧騒をカットする『屋外モード』、自宅やカフェ・オフィスなどで話し声を低減する『屋内モード』に対応しています。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro
メーカー提供画像

また、周りの音を耳へ取り込む外音取り込み機能に対応。イヤホンを外さなくとも会話ができるので、手間が省けるメリットがあります。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro
メーカー提供画像

ドライバーには10層ものナノレイヤーが重なり正確な振動を鼓膜に伝えるPureNoteドライバーを内蔵し、明瞭かつ迫力のある高音質を実現しています。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro
ABSマガジン編集部撮影

さらに、専用アプリSoundcore経由により、装着者の耳の聞こえ方を計測してプロファイルが自動作成される「HearID 2.0」に対応。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro
メーカー提供画像

自分の聴覚に合わせて聞こえやすいように調節できる他、イコライザー調整も可能なため低音域から高音域まで好きな音域や音色に変更できるようになっています。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro
メーカー提供画像

通話用ノイズリダクション機能付きで、ハンズフリー通話やオンライン通話においても明瞭な音声を通話相手に伝えることが可能。また、片方のイヤホンのみでモノラル再生できる片耳再生に対応していることから、周りの環境に気を配りながらリモートワークやオフィスなどで仕事用としても重宝します。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro
メーカー提供画像

再生時間はイヤホンのみで最大7時間、ノイキャンを起動した状態で最大6時間。充電ケースとの併用では最大26時間、ノイキャンモードを常に使用した場合でも最大21時間もの頼もしいバッテリー持ちを誇ります。

充電ケースにはUSB-Cケーブルでチャージするだけでなく、ワイヤレス充電器に置くだけでチャージできるワイヤレス充電機能に対応。お手持ちのワイヤレス充電器があれば、ケーブルの抜き差しが必要なく便利に充電作業が行えます。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro
ABSマガジン編集部撮影

防水規格はIPX4なので小雨やランニング時の汗くらいなら問題なく使用できます。お仕事や運動問わずに活用が見込めます。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro

ライターから一言

高いコストパフォーマンスが人気のノイズキャンセリング機能付きフルワイヤレスイヤホンに新色が登場したということで、より一層人気が出そうですね。ブラックとホワイトだけでは何か物足りないっていう人にはスタイリッシュなブルーと可愛いピンクを検討してみてくださいね。