約6倍の長寿命化を実現するポータブル電源「Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh」

2,599

Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh
メーカー提供画像

アンカーは同社人気のポータブル電源シリーズPowerHouseより新作「Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh」を発売した。

記事執筆時点での価格は24,800円(税込)。

同製品は、電気自転車等に採用されるリン酸鉄リチウムイオンバッテリーをシリーズで初めて採用したポータブル電源。

さらに高品質セルも搭載することにより、一般的に流通しているポータブル電源に比べて約6倍の長寿命化を実現している。メーカー公称によると、3000回以上繰り返し利用した場合であっても最大容量に対して約80%ほどの低下にとどめているそうだ。

本体にはPD対応の最大60W出力USB-Cポート、最大18W出力の2つのUSB-Aポート、最大120W出力シガーソケット、最大出力200Wの2つのACコンセントという合計6つのポートを搭載。

パソコンやスマホ・タブレット、小型の家電やLEDライトといった6台の機器へ同時に給電することが可能だ。

キャンプや災害グッズとして重宝されるポータブル電源が長寿命化したAnkerの新作だけに注目を集めている。

一つずつスペックを確認していこう。

製品仕様はこちら。

  • 製品名:Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh
  • JAN:4571411196638
  • 型番:A1720511
  • メーカー:アンカー・ジャパン株式会社(東京都千代田区)
  • 種別:ポータブル電源
  • サイズ(約):21.6cm×21.14cm×14.4cm
  • バッテリー種類:リン酸鉄リチウムイオンバッテリー
  • 搭載ポート:USB-C(最大60W出力)、USB-A×2(最大18W出力)、シガーソケット(最大120W出力)、ACコンセント×2(最大200W出力)
  • 本体充電所要時間(約):電源アダプタ→4.1時間、USB-C→4.3時間、電源アダプタ&USB-C→2.5時間

大容量かつ長寿命化を実現するポータブル電源

Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh
メーカー提供画像

『リン酸鉄リチウムイオンバッテリー』という電気自転車にも使われる高効率バッテリーを搭載しているのが最大の特徴だ。

Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh
メーカー提供画像

市販に流通している多くのポータブル電源に比べ、メーカー公称値で約6倍長持ちするそうだ。

バッテリーすべてに共通することだが、充電を繰り返した場合には最大容量に対して劣化していく。しかし、劣化スピードを抑えている点がこの「Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh」において優れているポイント。

Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh

おおよそ3千回繰り返し充電したとしても、搭載バッテリー容量に対して80%以上を維持する長寿命化を実現しているそう。頻繁にキャンプへ出かける人にとってはうれしい性能だろう。

Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh
メーカー提供画像

ポータブル電源をフル充電している状態なら、最新機種のiPhone13を約18回充電できる容量を誇る。

他にも参考値として、タブレット端末(19Wh)で約11回充電、ノートPC(50Wh)なら約4回充電、プロジェクター(36Wh)なら約6回充電、テレビ(110W)で約2時間の駆動、電気毛布(55W)なら約3時間駆動を実現する。

キャンプを快適にする目的、そして災害時の防災グッズとしても十分重宝するスペックだと言える。

Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh

ポータブル電源自体を充電するには、付属の電源アダプタを接続する方法やUSB-Cポートから充電する方法もある。

電源アダプタを利用する場合、フル充電までに約4.1時間かかる。USB-Cポートでは約4.3時間かかる。また、電源アダプタとUSB-Cポートの両方を接続した場合には、わずか2時間半ほどでスピーディーに満充電してくれる。

Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh
メーカー提供画像

さらに、Ankerから販売されているソーラーパネル「Anker PowerSolar 3-Port 100W」と接続すれば、太陽光を利用してポータブル電源に蓄電することも。

Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh
メーカー提供画像

長期でキャンプに行く人や徹底した防災対策には心強い使い方だろう。

Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh

本体上部に持ち手が付いてて、片手で持ち運びやすくなっている。車に積んでおいて持ち運んで使うなんて方法もアリだ。

USB、シガーソケット、コンセント。6つのポートを備える汎用性

Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh
メーカー提供画像

搭載されているポートは全部で6口。USB-Cが1口、USB-Aが2口、シガーソケットが1口、コンセントが2口搭載されている。

Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh

USB Power Delivery対応の最大60W出力USB-Cポートからはスマホやタブレットの急速充電は当然として、MacBook等のノートPCへの高速充電にも対応している。

最大18W出力に対応する2つのUSB-Aポートもスマホはもちろん、小型のワイヤレスイヤホンやWi-Fiルーターといった外で使うガジェット充電に最適だ。

Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh

シガーソケットも備え、最大120Wを誇る。車移動をするなら、車内で使っていたシガーソケット用グッズがキャンプ場でも使える。

Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh

純正弦波対応のACコンセントは最大200Wを誇り、小型の冷蔵庫からヒーター毛布、扇風機やハンドミキサーなど小型電化製品を動かすことができる。

いずれもアウトドアで活躍する心強い充電ポートの数々だ。

Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh
メーカー提供画像

6つのポートすべてを接続して6台同時に電子機器の給電をすることだって可能だ。その際には出力が分散され、合計で最大398W出力のパフォーマンスとなる。

Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh
メーカー提供画像

本体全面には各機器を接続している状態で、残りどれくらいの時間充電or給電し続けられるか表示してくれる。

例えば、寒い冬場のキャンプでは「あと何時間くらい電気毛布を温め続けられるのか」だったり、夏のバーベキューでは「扇風機をあと何時間動かし続けられるか」といったことがひと目で把握できる。

もちろん電池残量も数字で表示してくれて便利だ。

Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh
Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh
メーカー提供画像

また、LEDライトも備え日が落ちて暗い夜間であっても非常灯代わりに役立つ。

屋外で使うには十分な耐久性も備わっている。驚きなのが高さ50センチからコンクリ床へ落とすテストに合格していること。

Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh
Anker 521 Portable Power Station PowerHouse 256Wh
メーカー提供画像

外周に強化パネルを採用し、さらに8つの各コーナーを衝撃から守るよう強化している。しかも熱に強い耐火ラバージェルを使う徹底ぶり。安心して屋外でも使えそうだ。

ライターから一言

キャンプで人気のAnker製ポータブル電源の最新作。初心者キャンパーでも使いやすいモデルだと言える。また、ポータブル電源にしては3万円未満で購入できる手頃な価格設定なのも良心的だ。