首に掛けるもよし&普通に持ってもよし!パスケースレベルの超薄型財布「R/E SIDE ストラップウォレット」

918

R/E SIDE ストラップウォレット

キャッシュレス化が進んだ最近のお財布の主流といえば、もっぱらコンパクトウォレットですよね。

小さいから嵩張らないし、荷物にならないのがうれしい。カバンにもサッと入れられて、なるべく身軽でお出かけしたい人にとっては外せないアイテムでしょう。

しかし、コンパクトウォレットっていざ使うってなったとき見つからなくて焦った経験ありませんか?

とくに、カバンに入れているとお財布が小さいからか底の方に沈んでいて、レジ前とかでアレ!?お財布どこ行った!?ってなるんです。

かといって、手に持ったままっていうのは防犯上リスクがありますよね。ポケットに仕舞うのも心許ないし、女性だとそもそも洋服にポケットがないなんてことも。

そこで今回は、首から下げて使える「R/E SIDE ストラップウォレット」をご紹介します。

着脱式のストラップが付いた本品、首に掛ければ両手がフリーになるから身軽にお出かけできて、ストラップを外せば普通のコンパクトウォレットとして使える優れものです。

しかも、コンパクトなだけじゃなくかなり薄型。例えるならパスケースのようなサイズ感です。

スリムすぎてちゃんとお金入るの?って感じなんですが、これがまさかの大容量。お札だったら約15枚、小銭だったら最大25枚程度収納できるんです。

くわえて、お金を満タンにいれても厚さはたったの約1.5cmにしかなりません。本当にめちゃくちゃ薄いですよね。

しっかり現金は持っておきたい、けどお財布はなるべくコンパクトなままがいい!という私にとってはまさに夢のようなアイテム...。

シンプルで洗練されたデザインは飽きがこず長く使えるし、素材が牛革だから使うごとに味が出るのも最高ですよ。

実際に使ってみた感想を詳しくレビューしていきますね!

製品仕様はこちら。

  • 製品名:R/E SIDE ストラップウォレット
  • 販売元:canro(東京都世田谷区)
  • ブランド:R/E SIDE(リサイド)
  • 型番:AIRKY
  • JANコード:4582658190365、4582658190389、4582658190402、4582658190396、4582658190440、4582658190433、4582658190426、4582658190419、4582658190372
  • 本体サイズ:縦8.3×横9.5×厚さ1cm
  • 重さ:50g
  • カラー:ブラック、ブラッククロコ、トープ、イエロー、ペールピンク、ピンク、スカイブルー、エメラルド、ネイビー
  • 収納数:カードポケット×8、お札用ポケット×1(お札は折らずに15枚程度)、小銭用ポケット×1(20枚~25枚程度)
  • 留め具:スナップボタン、YKK製ファスナー
  • 素材:ブラック/ネイビー→オイルレザー、ブラッククロコ→牛革(クロコダイル型押し)、トープ/イエロー→サフィアーノレザー、ペールピンク/ピンク/スカイブルー/エメラルド→シュリンクレザー
  • 同梱物:ケア表示カード
  • 原産国:日本

見かけによらず大容量。カードもお札も小銭も全部入ってわずか厚さ1.5cm

R/E SIDE ストラップウォレット

小型で荷物にならないコンパクトウォレット。便利だけどカバンに入れると見つけづらいし、かといってポケットに入れておくのは不安ですよね。

R/E SIDE ストラップウォレット
メーカー提供画像

そこでおすすめしたいのが「R/E SIDE ストラップウォレット」。

R/E SIDE ストラップウォレット

本品は、ストラップが付いていて首から下げられるようになっています。実際に掛けてみるとこんな感じ。

R/E SIDE ストラップウォレット

ちょうどお腹のあたりにくるから収まりがいいし、すぐに財布が手に取れて中も見やすいんです。

R/E SIDE ストラップウォレット

また、小さいお財布っていざレジ前で支払いのタイミングに限って、カバンの中で行方不明になりませんか?

ゴソゴソ探しても全然見つからないとめちゃくちゃ焦りますよね。

R/E SIDE ストラップウォレット

でも、これならお財布がすぐに手元に用意できるから会計が超スムーズ。キャッシュレス決済だったらノールックでいけちゃいますよ。

R/E SIDE ストラップウォレット

表側のスナップボタンが小さめなので若干開けづらいんですが、慣れれば大丈夫そう。パチッとしっかり留められるから安心感がありますね。

R/E SIDE ストラップウォレット

ストラップは着脱できるので、普通のお財布としても使用可能。

R/E SIDE ストラップウォレット
メーカー提供画像

例えば、仕事の休憩中にサクッとコンビニに行きたいときは首から掛けて、外回り中はストラップを外してスーツの胸ポケットやカバンの中に仕舞うなんて使い分けもできちゃいます。

R/E SIDE ストラップウォレット

なお、サイズは縦8.3cm×横9.5cm×厚さ1cm。コンパクトかつ超薄型で、もはや財布というよりパスケースレベルです。

R/E SIDE ストラップウォレット

今まで使ってきたコンパクトウォレットの中でもダントツ小型だと言えますね...。これならスリムなビジネスバッグへの収納も余裕ですよ。

しかもうれしいのは、こんなに薄いのにお金がたっぷり入るってこと。

R/E SIDE ストラップウォレット

なんと、カードは8枚・お札は約15枚・小銭は約20~25枚も収納できます。見た目からは想像できない大容量にめちゃくちゃびっくりしました。

R/E SIDE ストラップウォレット

これだけたくさんお金を入れても厚さは約1.5cmにしかならないので、嵩張る心配もありません。

R/E SIDE ストラップウォレット

荷物が増えがちな旅行にもぴったり。小銭がたくさん持てるから切符やジュースを買うのに便利だし、首に掛けておけば両手がフリーになって観光地の散策が思いっきり楽しめますよ。

牛革だから経年変化が楽しめる。日本製ならではの細やかな設計とデザインが見事

R/E SIDE ストラップウォレット

コンパクトなのに機能性抜群の「R/E SIDE ストラップウォレット」、実は素材&デザインにもこだわりが。

R/E SIDE ストラップウォレット
メーカー提供画像

カラバリは全部で9種類あるんですが、色ごとに使用している革を変えているんです。

R/E SIDE ストラップウォレット
メーカー提供画像

オンオフ問わず使いやすいベーシックカラーのブラックとネイビーは、オイルレザーを使用しています。

R/E SIDE ストラップウォレット

使えば使う程ツヤと味が出るのが特長で、自分だけのオンリーワンな風合いが楽しめるのが魅力です。

R/E SIDE ストラップウォレット
メーカー提供画像

同じ黒でもブラッククロコはラグジュアリーな印象。シックで落ち着いた見た目がコーディネートを引き締めてくれます。

R/E SIDE ストラップウォレット

なお、R/E SIDEのクロコダイル型押しは、本物のワニ革から型を取っているので、安っぽく見えないのがポイント。

R/E SIDE ストラップウォレット

手に取ってみると程よい固さの革が肌に馴染みます。間近で見てみても高級感があり、おしゃれで気に入りました。

R/E SIDE ストラップウォレット
メーカー提供画像

こなれ感のあるトープとビタミンカラーのイエローには、傷や汚れが付きにくいサフィアーノレザーを使用。

R/E SIDE ストラップウォレット
R/E SIDE ストラップウォレット

ハイブランドの財布やバッグなどにも使われている革で、かなり高見えします。細かい筋模様が繊細で、手元を上品に演出してくれますよ。

R/E SIDE ストラップウォレット
メーカー提供画像
R/E SIDE ストラップウォレット
メーカー提供画像

アクセントカラーとして目を引くペールピンク・ピンク・スカイブルー・エメラルドには、シュリンクレザーを採用。

R/E SIDE ストラップウォレット

最初から革が柔らかくなめらかな肌触りなので、革財布初心者や革独特の硬さが苦手な人におすすめです。

R/E SIDE ストラップウォレット

また、本品は安心と信頼のMADE IN JAPAN。金具やファスナーなど、細部までしっかりと作り込まれています。

R/E SIDE ストラップウォレット

特に、裏側の小銭ポケットのファスナーの開け閉めが非常にスムーズ。

R/E SIDE ストラップウォレット

しかも、こんなに小さいポケットなのにちゃんとマチが設けられているから中が見やすいんです。

R/E SIDE ストラップウォレット

実際に使ってみた感想としては、やっぱり日本製って最高...に尽きますね。

ライターから一言

いくらコンパクトウォレットとはいえ、首から掛けるってなかなか思いつきませんでした。しかも、パスケース並みに小型・薄型ってすごいですよね。普段使いはもちろん、GWや今後の夏休みのお出掛けなどにも大活躍しそう。カードやお金をたっぷり入れられるから、いざというときでも安心ですよ。