AppleWatchとスマートウォッチならどっちを選ぶ?「P10JP」と基本機能の違いをご紹介!

13,385

スマートウォッチ P10JP
メーカー提供画像

昨今スマートウォッチの需要が高まってきているのをご存じでしょうか。スマートウォッチといったら代表的なのがAppleWatchですよね。時計だけではなく様々な機能が搭載されていて結構便利なんです。

でも正直なところ、アップルウォッチって高くないですか…。私はAppleWatch SEを所有しています。SEの場合はある程度の基本的機能が備わっている状態で32,000円ほどで、多機能な機能が揃っているAppleWatch7では48,000円ほどの金額です。

Apple製品で揃えている方やAppleWatchだからこそ得られる機能はもちろんあります。とはいえ金額を抑えつつコスパのいいスマートウォッチの方がいいのか?と悩むこともあるでしょう。実際のところ私も、AppleWatchを購入するまでスマートウォッチにしようかかなり悩みました。

一方で「スマートウォッチ P10JP」は時計としての機能のほか睡眠管理や歩数計、血中酸素濃度計測、着信通知などなど基本的な機能が備わっています。

それでいて価格は5,000円以下!10,000円を超えないという手ごろさが際立ちますよね。スマートウォッチの使用感を試してみたい方などお気軽に手を出せる金額です。

そこでAppleWatchとスマートウォッチ、どちらを購入するべきか悩んでいる方に向けてそれぞれの特徴や違いについてご紹介いたします。

今回紹介する商品はこちら

本日だけ使えるクーポンをプレセント中!
クーポンコード「abs4」ご使用で
5%OFF!
終了まで残り--時間----

まずはここをタップしてコードをコピー!
レジ画面で入力しよう。

製品仕様はこちら。

  • 製品名:スマートウォッチ P10JP
  • 販売元:株式会社エアリア(東京都世田谷区)
  • カラーバリエーション:ブラック、ブルー、グリーン、ピンク
  • JANコード:4560490560744、4560490560768、4560490560775、4560490560751
  • 型番:ARW-P10 JP-BK、ARW-P10 JP-GR、ARW-P10 JP-PK、ARW-P10 JP-BL
  • 防水機能:あり、IP67相当
  • 画面サイズ:1.69インチ
  • 重さ:33g
  • 基本機能:天気予報、カメラシャッター、音楽再生コントロール、座りすぎ通知、睡眠管理、運動管理、着信通知、歩数計、メッセージお知らせ機能、血中酸素濃度、血圧計測、心拍数計測、アラーム機能、呼吸訓練機能、ストップウォッチ
  • Bluetooth:5.0
  • 対応アプリ:LINE、Facebook、Twitter、Instagram、Skype、WeChat、KakaoTalk
  • 充電方式:マグネット
  • 同梱品:「スマートウォッチ P10JP」本体、液晶保護フィルム2枚

あなたならどっち?AppleWatchとスマートウォッチ P10JPの基本機能を比較

スマートウォッチ P10JP
メーカー提供画像

まずは「スマートウォッチ P10JP」の基本機能をご紹介いたします。この機能は自分に必要かな?と考えながら見てみてくださいね。

画面のサイズですが、1.69インチです。cmに直すと4.29cmほどです。AppleWatchが7モデルで最大45mm、SEで最大44mmですので少し小さ目かなって感じですね。私自身が使用しているのは40mmのAppleWatch SEなので華奢な女性の腕だと少し大きめに感じるような印象があります。

スマートウォッチ P10JP
メーカー提供画像

BluetoothのバージョンはAppleWatch7、SEと同じ5.0に対応。メッセージのお知らせ機能や着信通知も問題なく対応しています。私は結構LINEなどの通知を一旦AppleWatchで確認して、緊急で折り返す連絡かどうかだけ見るようにしていますよ。

スマートウォッチ P10JP
メーカー提供画像

また私がよく使用しているのが「運動管理」です。運動管理って具体的に何?って方もいますよね。AppleWatch SEでは一日の消費カロリーや運動時間を記録してくれる機能があります。歩数計や座りすぎ通知も備わっているので、どれだけその日自分が動いたのかを確認できるのです。

スマートウォッチ P10JP
メーカー提供画像

特にデスクワークの方は、意識しないとなかなか運動ってできないですよね。座ったままだと体のめぐりが悪くなりますから、通知してくれると助かります。

「スマートウォッチ P10JP」にも歩数計、座りすぎ通知のほかウォーキング、ジョギング、サイクリングといった運動管理の機能が備わっています。AppleWatch7、SEともに装備された機能ですので価格だけで考えると、スマートウォッチ P10JPの方がコスパがいいように感じますね。

スマートウォッチ P10JP
メーカー提供画像

そのほかAppleWatchシリーズと共通した機能は、睡眠管理やカメラシャッターなどです。睡眠管理は睡眠時間や睡眠の深度などを計測してデータとしてまとめてくれる機能です。健康管理の一種として取り入れている方も多いですよね。カメラシャッターは手元のスマートウォッチでカメラを操作しスマホと離れていてもカメラシャッターを押すことができます。

ここまで見ると「スマートウォッチ P10JP」の多機能性に惚れ惚れしてしまいそうになりませんか。

スマートウォッチ P10JP
メーカー提供画像

さらに注目したいのが「血中酸素濃度の計測機能」です。実はAppleWatch SEって血中酸素濃度の機能は備わっていません。血圧や心拍数の計測は可能ですが血中酸素濃度のセンサーは搭載されていないのです。

ところが「スマートウォッチ P10JP」とAppleWatch7には装備された機能です。つまり高度な運動管理を行う方、登山などで血中酸素濃度のセンサーが必要な方はAppleWatch SEでは物足りないということになりますね。

スマートウォッチ P10JP
メーカー提供画像

では圧倒的「スマートウォッチ P10JP」の勝利か?と思われますが、ここで見逃してはいけないことがあります。それは「キャッシュレス決済」についてです。

私がAppleWatch SEを選んだ理由はここにあります。私は普段Suicaを使用していますが、iPhoneと連携させiPhoneですべて完結できるようにしていました。物理的なICカードは一切持たないでいたのです。

スマートウォッチ P10JP
メーカー提供画像

つまり「スマートウォッチ P10JP」では電子決済には対応していないということです。Suica以外にもAppleWatchではAppleペイを使用することができます。Apple Payに対応したクレジットカードはたくさんあります。

日本のほとんどのクレジットカードが利用可能となっており、楽天カードやJCB、イオンカードセレクトのほかデビットカードやPASUMOにも対応しています。私自身カードで支払いがメインですし手持ちのカードがすべて仕えたことからアップルウォッチを選びました。

スマートウォッチ P10JP
メーカー提供画像

以上のように、ほとんど機能面についてはAppleWatchもスマートウォッチ P10JPも共通しています。それぞれの使い方や重視したい機能でどちらを選ぶべきかが変わってきますね。

生活スタイルに合わせておすすめの使い方をご紹介

スマートウォッチ P10JP
メーカー提供画像

AppleWatchとの比較を見てきたところで、じゃあ私は結局何を選んだらいいんだろう?とお悩みの方へ、生活スタイルを例に挙げながらどんな使い方がいいのかを見ていきましょう。

どんな機能があると自分にとって便利だろうか、と考えてみましょう。上記でも述べました、私のように電子決済をメインに使用したい場合はAppleWatchの方がクレジットカード決済が豊富ですので便利です。さらに私はもうずっとAppleユーザーですので、iPhoneと連携もありスマートウォッチよりはAppleWatchがいいと思い選びました。しかしAppleWatch7のような高度な機能は必要なかったのでSEを入手したって感じです。

スマートウォッチ P10JP
メーカー提供画像

電子決済を必須としない、さらにコスパを重視したい!といった方には「スマートウォッチ P10JP」がおすすめです。血中酸素濃度の計測機能が備わっておりSEよりも機能が多様です。

また金額的な意味でもAppleWatchと同等の機能が備わっていることから、やはりかなり高コスパであるといえるでしょう。現金派、またはスマホやクレジットカードでの決済で問題ない方にピッタリですね。

スマートウォッチ P10JP
メーカー提供画像

そのほか生活防水の機能も装備されています。日常的にランニングをする方は、運動管理を行いながら突然の雨でも壊れる心配がありません。電子決済機能を除けば、充実した使い方が可能です。

スマホ決済は必須ではないけれど、AppleWatchの基本的な機能は備えておいてほしい、充実した健康管理ができる端末を探している方ですね。これだけ機能が揃っていて5,000円を超えないのは驚きでした。

ライターから一言

アップルウォッチとスマートウォッチ、どちらにするか悩んだらまずは「スマートウォッチ P10JP」を見て!っておすすめしたいほど、多彩な機能が備わっています。コスパのお化けじゃん!?ってびっくりしたくらいです笑

今回紹介した商品はこちら

本日だけ使えるクーポンをプレセント中!
クーポンコード「abs4」ご使用で
5%OFF!
終了まで残り--時間----

まずはここをタップしてコードをコピー!
レジ画面で入力しよう。

ライフロググッズ・ガジェット の人気順一覧