スティック型のモバイルバッテリー+AC充電器「Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 5000)」

3,352

Anker 511 Power Bank

アンカーから発売された、モバイルバッテリーとAC充電器が一体化したスティック型の持ち歩ける充電器「Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 5000)」をゲットしました。

普段から携帯するポーチやミニバッグへ収納しやすい細長タイプです。3センチ角の大きさに長さが約11センチ。

お化粧ポーチにもINできちゃいます。

機能としては、20Wでスマホを急速充電できるモバイルバッテリーなので出先で便利。さらに、折り畳み型のコンセントプラグが付いていてUSB充電器としても利用できますよ。

5000mAhの容量からiPhone13を約1回くらいチャージできて、バッテリー残量がなくなってきたら本製品をコンセントにブスッとさして補給。モバイルバッテリーを充電するためのケーブルやアダプタとの接続が不要ってところが手軽ですね。

毎日持ち歩く用のスマートな充電器として役立つ、モバイルバッテリー兼プラグ付きUSB急速充電器「Anker 511 Power Bank」を使用感をチェックしていきます。

スティックのようにスタイリッシュな見た目にビビッときた人も要チェックですよ。

製品仕様はこちら。

  • 製品名:Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 5000)
  • JANコード:4571411198601
  • 型番:A1633N12
  • カラー:ブラック
  • メーカー:アンカー・ジャパン株式会社(東京都千代田区)
  • 機能:モバイルバッテリー、プラグ付きUSB急速充電器
  • バッテリー容量:5000mAh
  • 本体寸法(約):113mm×30mm×30mm ※プラグを除く
  • 重量(約):170g
  • 入力:100-240V 0.5A 50-60HZ
  • 搭載ポート:USB-C
  • USB-C出力:5V=3A、9V=2.22A ※最大20W
  • PowerIQ 3.0(Gen2):対応
  • プラグ:折りたたみ式
  • 充電所要時間(約):2.5時間

携帯しやすいスティック型

Anker 511 Power Bank
Anker 511 Power Bank
メーカー提供画像

本製品の大きさは、長さが11.3cm・縦横が3cm四方。細長スティックみたいな形をしています。

Anker 511 Power Bank

上部と下部で表面の質感が異なります。半分がツヤツヤした光沢感があり、もう半分がマットテイストです。

Ankerの充電器といえば、最近発売されているものの多くがマット調です。だけど、今回は艶感のあるデザインを取り入れていることから、女性を意識しているのかな?とも思います。

Anker 511 Power Bank
Anker 511 Power Bank

スティック形状のおかげで手にしたときにグリップしやすいですね。片手にスマホ、片手に「Anker 511 Power Bank」でケーブルに接続して充電しながら持ち歩きやすいかな。

Anker 511 Power Bank

重さもiPhone13とほぼ同じくらいの約170gほど。持ちながら行動しても気になる重さではないのが嬉しいポイントです。

Anker 511 Power Bank

プラグは折り畳み型になっていて、荷物の中でかさばることも少ないし、他の物を傷つけちゃう心配もありませんね。

Anker 511 Power Bank

なにより、細長くて荷物の隙間にスポッと入るのが便利です。

タテ入れにできるから、ちょっとしたカバンの無駄に空いたスペースを有効活用できます。

Anker 511 Power Bank

真四角や長方形などのモバイルバッテリーが多い中、細身のスティック型であるメリットは私的には大きいですね。そこまで充電容量がいらない普段使いなら携帯しやすいモノが良いので。

Anker 511 Power Bank

しかもハンドストラップが上部に付いているので、カバンの中から紐を引っ張って取り出せて、これまた便利です。

Anker 511 Power Bank

トートバッグなんかだと、奥まったところにモバイルバッテリーが入っていても、ガサガサしなくていいんです。サッと取り出せて楽になりました。

USB急速充電器+モバイルバッテリーの2in1

Anker 511 Power Bank
メーカー提供画像

「Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 5000)」はAnkerのFusionシリーズの最新作です。

Fusionシリーズは、携帯充電器に興味がある人なら、一度は目にしたことがあるのでは?くらい有名ですよね。

特長は、モバイルバッテリーとプラグ付きUSB充電器が一体化した2in1であること。

Anker 511 Power Bank

それぞれ別々に持ち歩く必要はなくて、Fusion一台で二役をこなしてくれちゃう便利アイテムなのです。

Anker 511 Power Bank
Anker 511 Power Bank
メーカー提供画像

モバイルバッテリーとしての容量は5,000mAhです。おおよそ最新アップルスマホのiPhone13なら1回くらいの充電かな。

Anker 511 Power Bank

何回も満充電できるってモノではないので、日中持ち歩く用ですね。一日のうち出先でスマホの電池切れが1回でも起きそうならちょうどよいくらい。

Anker 511 Power Bank
メーカー提供画像

以外に遠出にも意外と良かったりするのがFusionの面白いところなんです。

確かに容量は心細いかもしれませんが、本体をコンセントにさせば充電器自体を充電できます。

だから、出張先のホテルや旅館、PC作業ができるカフェなど、コンセントさえあれば無限にバッテリーを補給し続けることができちゃいます。

Anker 511 Power Bank

充電がいっぱいになるまで、おおよそ2.5時間で完了します。で、コンセントにさした状態で、なおかつモバイルバッテリーにケーブルを接続してスマホを充電する場合は、スマホの充電が完了したら、その次にモバイルバッテリー自体の充電に入ります。パススルー充電のように両者を同時にチャージしてくれる訳ではないようです。

モバイルバッテリーを充電するためのケーブルが不要なのもポイント。ケーブルをうっかり忘れた~もないし、ケーブルをわざわざ持たなくて良くなりますからね♪

Anker 511 Power Bank

ただ、携帯性に優れる一方、細長い形だからこそのデメリットも。使ってみたハッと気付いたんですけど、コンセントをもう一つ潰してしまうんです。

Anker 511 Power Bank

上部にケーブルをさすと上から下まで距離をとってしまいます。そのため、お隣のコンセントに干渉しちゃうんです。。これは盲点だった・・。

Anker 511 Power Bank
Anker 511 Power Bank

USB-Cポートからはスマホの急速充電ができる最大20Wに対応。このスリムかつミニサイズのモバイルバッテリーで20Wに対応しているのはなかなかパワフルだと思いますね。

20W出力対応の充電ケーブルさえ使えば、iPhoneやアンドロイドスマホの急速充電もできるし、iPad Air・iPad miniあたりの電力チャージにも使えますよ。

Anker 511 Power Bank

外出中の電車移動でカバンから取り出し、パパっと素早く充電できて手軽。もちろん各スマホに準じたケーブルは持ち歩く必要があるのでご注意を。

動画レビューはこちら

ライターから一言

「Anker 511 Power Bank」一つでモバイルバッテリーと急速USB充電器の2つの機能を持ち歩けます。そしてスティック状でカバンに入れやすい携帯性が魅力でした。コンセントがふさがっちゃう点はネックだったけど、携帯性を重視するならおすすめできる充電器だと思いますよ。