クリスマスの福袋クーポン

クリスマスの福袋クーポン

高機能イヤーピース「SpinFit」でどれほど音が変わるのか試してみた

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

51,702

毎日通勤中にイヤホンで音楽を聴いていますか?

筆者は毎日の通勤電車はほぼ音楽を楽しんでいます。
毎朝の憂鬱な気持ちを癒やしてくれ、仕事が終わった夜の晴れ晴れとした気持ちをさらに高揚させる音楽。

いやぁ~、よく考えると音楽にメンタルを助けてもらってる筆者です。笑

今回は、いつもイヤホンで聴いている音楽をちょっとリッチな音に変えてくれるモノを入手しました。

イヤホンの音をより高音質に変化させるイヤーピース「SpinFit(スピンフィット)」をご紹介します。

「SpinFit(スピンフィット)」とは?
「SpinFit(スピンフィット)」は2009年に香港で生まれたカナル型イヤホン用のイヤーピースブランド。高品質なシリコン素材を採用し、360度回転する特許技術を駆使した高機能イヤーピースで世界20ヶ国で展開されている人気ブランド。

くびれがあって、そこを軸に360度回転し、個人差のある耳の中にフレキシブルに合わせてくれるので、遮音性を上げつつ、より直線的に音を鼓膜へ届けてくれます。

今回は、AppBank Storeで売れ筋のイヤホンをいくつかピックアップし、筆者が実際に試して、イヤホンとイヤーピースのぴったりな組み合わせを紹介しつつ、レビューしていきたいと思います。

「MUSE 5」+「CP100Z」

※Apple Music(アップルミュージック)からダウンロードした曲をiPhone XとBluetooth接続して視聴しています。
映画館のような立体感溢れる3Dサラウンドを搭載した完全ワイヤレスイヤホン「MUSE 5」。

それに合わせたいのがSpinFit「CP100Z」。

SpinFit特有のくびれによって、柔軟に耳の穴に合わせてくれます。

(左)通常のイヤーピースを装着しているMUSE 5
(右)「CP100Z」を装着したMUSE 5
「MUSE 5」に標準で付いていたイヤーピースと比較してみたところ、SpinFit「CP100Z」に変えたところ、音量が上がったように感じました。恐らく耳の形にフィットしているので鼓膜に対してより直線的に音を届けてくれるからでしょう。

さらに、フィット感が上がることで、標準のイヤーピースで隙間から漏れていた音が漏れ無く鼓膜に届けてくれているような、より強い音圧を感じました。そして、音一つ一つの粒が丁寧にくっきりと表現してくれるように変化したので、明瞭感のあるクリアな音質へグレードアップした印象。見違えるほど音が良くなったと言っても過言ではないでしょう。


「Anker ZOLO Liberty+」+「CP100Z」

※Apple Music(アップルミュージック)からダウンロードした曲をiPhone XとBluetooth接続して視聴しています。
6.0mmのグラフェン素材のドライバーを採用した高音質であり、多機能な使い勝手が良い人気の完全ワイヤレスイヤホン「Anker ZOLO Liberty+」。

こちらにおすすめなイヤーピースがMUSE 5同様に「CP100Z」です。

(左)通常のイヤーピースを装着しているZOLO Liberty+
(右)「CP100Z」を装着したZOLO Liberty+
元々、奥行きのある包み込むような低音と音の画像度が高く高音質なモデルですが、さらに洗練された音質に変化しました。

(左)通常のイヤーピースを装着しているZOLO Liberty+
(右)「CP100Z」を装着したZOLO Liberty+
低音が前に強く押し出すような聴こえ方に変化。床から低音を感じるクラブにいるような感覚を味わえます。低音に押さてこもりがちだった女性ボーカルの歌声が、よりクリアになった印象。突き抜けて通るようなイメージで聴き心地に爽快感がプラスされた印象を受けました。とても気持ちの良い音質にしてくれたような感じですね。


「TaoTronics TT-BH07」+「CP145」

※Apple Music(アップルミュージック)からダウンロードした曲をiPhone XとBluetooth接続して視聴しています。
Bluetoothイヤホンの中でも頭一つ抜きん出た累計販売数を記録し続けている「TaoTronics TT-BH07」。良音質で防滴・マイク内蔵でハンズフリー通話可能など多機能でありながら3,000円でお釣りがくるコスパの高さを誇るモデル。

おすすめは「CP145」。

こちらのモデルもSpinFit特有のくびれ構造でフィット感が向上します。

(左)通常のイヤーピースを装着しているTT-BH07
(右)「CP145」を装着したTT-BH07
音の粒が細かく、女性ボーカルの高音が伸びる印象になります。一方で、低音をしっかりと置きに行くようなどっしりとした聴こえ方になるので、より安定感のある印象へ変わりました。

ライターから一言

たかがイヤーピース、されどイヤーピース。つけ心地だけではなく、音質まで変えてしまうほどに重要なイヤーピース。今回ご紹介したSpinFitは、フィット感が上がることで遮音性があがり、音質の変化を楽しむことができました。イヤーピースにしてはちょっとお高めですが、今よりちょっとリッチな音を毎日楽しむことができると考えるとお値段以上の価値があるのではないでしょうか。毎日の音楽視聴をより楽しめることでしょう。

SpinFitのシリーズはこちら

LINE@の新規友だち登録で8%OFFクーポンをプレゼント

※友だち追加時のメッセージでクーポンコードをお知らせします

この記事が役に立ったら
シェア!しよう

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア