iPhone 12 Pro Maxケース・カバーおすすめランキングTOP10はコレだ!【2020年最新】

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

6,292

【2020年最新】iPhone 12 Pro Maxケース・カバーおすすめランキングTOP10はコレだ!

最新のiPhone 12 Pro Maxケース・カバー(6.7インチディスプレイ)の中から、スマホケース専門店ならではの視点で厳選したおすすめアイテムをランキング形式でお届けします。

定番のクリアな透明ケース、おしゃれなブランドケース、個性的で可愛いキャラクターケース、美しい背面ガラスケース、利便性の高い手帳型ケース、落下に安心な耐衝撃ケース、かっこいいミニマルデザインのバンパーケースなどなど、ケース・カバーの種類は多くあります。

5G対応となるiPhone 12 Pro Maxは11月13日(金曜)午前10時から発売。端末本体は、スクエアのフラットデザインを採用して、6.7インチのSuper Retina XDRディスプレイを搭載。A14 Bionicチップを内蔵して、GPUも進化しています。

iPhone12 Pro Maxは、大きさ 71.5mm×146.7mm×7.4mm、重さ 187gというサイズ感。値段・価格は、128GBが11万7800円(税別)、256GBが12万8800円(税別)、512GBが15万800円(税別)となっています。

注目のカメラには、超広角・広角・望遠を搭載。LiDARスキャナにより、AR技術も進化しました。カラーバリエーションは、シルバー・グラファイト・ゴールド・パシフィックブルーの4色展開となっています。

長い間使うアイフォンだからこそ、保護力があり、機能的で好みのデザインを選びたいですよね。今回ランクインしたケース・カバーには、イチ押しポイントやメリット・デメリットまで専門ライターからのレビューが掲載されています。

ライターからのコメントも参考にして、あなたにぴったりなアイフォン12プロマックスケースを見つけてもらえるとうれしいです。

▽ ケース種類別のiPhone12 Pro Maxカバー一覧はこちら ▽

iPhone12 Pro Maxケース 手帳型 iPhone12 Pro Maxケース ブランド iPhone12 Pro Maxケース クリア iPhone12 Pro Maxケース レザー iPhone12 Pro Maxケース 耐衝撃

▽ iPhone12 Pro Max 以外のおすすめランキングはこちら ▽

▽ 新型iPhone12フィルムのおすすめランキングはこちら ▽

▽ 新型iPhone12のケース一覧はこちら ▽

iPhone12 miniケース iPhone12 / 12 Proケース iPhone12 Pro Maxケース

▽ 新型iPhone12のフィルム一覧はこちら ▽

iPhone12 miniフィルム iPhone12 / 12 Proフィルム iPhone12 Pro Maxフィルム

おすすめランキングTOP10

第10位:Hybrid Case Etanze

第10位:Hybrid Case Etanze

思わずため息が出るほどに艶っぽく美しいカラーガラスが特徴のスリムケース「Hybrid Case Etanze」です。ツルッとした背面ガラスの見た目と質感が支持されています。見る者を虜(とりこ)にするカラーリングとスマートなシルエットが人気で、アイフォン12プロマックスをしっかり保護できるおすすめモデル。

とても薄くてケースを付けていても厚みが出ず、ポケットの出し入れから操作性まで抜群の使い勝手が評価されています。側面には柔らかいTPUが配置されていて、落下のダメージをある程度緩和してくれます。

前面側は、ケースエッジをほんの少し高く設計することで、デスクやテーブルに置いた時にディスプレイが直接触れないようになっています。iPhoneでは過去最大の大型ディスプレイとなる6.7インチ液晶をスマートに守れますよ。

第9位:ソフトケース「CLEAR Soft」 クリア

第9位:ソフトケース「CLEAR Soft」 クリア

柔らかいTPUを使った定番のiPhone 12 Pro Max用ソフトケース。折り曲げられるほど柔軟性があるTPU素材なので、大型のiPhone12 Pro Maxにケースを付ける時やケースを外す時の手軽さがメリット。

着脱のしやすさだけでなく、透明タイプなのでiPhone購入したてのホヤホヤ時期に端末デザインを目視で楽しめることも魅力ですよ。

TPU製ソフトケースは、アイフォンの背面にペタペタ張り付いて気泡のようなウォーターマークが出がちですが、ケース背面インナーにドット加工がされていて張り付きを防止してくれます。

ケースの側面にはストラップ穴が付いているので、落としてしまいがちな人には安心ですね。

比較的大きなスマホであるアイフォン12プロマックスを落下や擦れ傷から守りつつ、扱いやすいケースを探しているならおすすめ。あと、硬いケースが使いにくかったり、苦手な人にもマッチする外れのない定番ソフトケースですよ。

第8位:Griffin サバイバー エンデュランス

第8位:Griffin サバイバー エンデュランス

驚愕の高さ4.2メートルから落としても、iPhoneへのダメージを最小限に留めて守ってくれる要塞のようなiPhone12 Pro Maxケースが「Griffin Survivor Endurance(グリフィンサバイバーエンデュランス)」。

3層からならメーカー独自プロテクションにより、衝撃を分散させてアイフォンの傷やビビ割れ、内部の故障を防ぐ高い保護力が最大の魅力ですね。

また、背面のポリカーボネートは、表面硬度2Hにより物がぶつかったり擦れたりする傷を抑える耐傷性があります。6.7インチ画面は、置いた時に接触しないようにディスプレイ周囲のケースエッジが1.7ミリほど高くなっているので安心。

ボタン類も操作しやすく、使い勝手は良好。米軍軍事スペックに準拠した信頼感、そしてアイフォン本来の機能性を損なわずに使えるケースですね。

第7位:アトミックスリム3

第6位:アトミックスリム3

先進的でおしゃれなデザインが人気のニューヨーク発スマホアクセサリーブランド『Ghostek(ゴーステック)』から発売されたiPhone 12 Pro Maxケースが「Atomic SLIM 3(アトミックスリムスリー)」です。既存のiPhoneシリーズでも定評がありファンの多いタフケースなので、見たことがある人も多いハズ。編集部でも何度かレビューしているおすすめiPhone12ProMaxケースですよ。

ケースの一番外側の背面と側面に強靭なアルミ、背面に透明ポリカーボネート、インナーに柔らかいTPUという3つの異なる素材が使われたハイブリット仕様。見た目からも分かる強靭さが魅力ですね。

四隅のコーナーには、弾力のあるラバー加工が施され、ミルスペックより数倍もタフ。ケース側面や角からの落下にめっぽう強い耐衝撃ケースでありながら、アルミフレームが醸し出すスタイリッシュな雰囲気がなんとも言えないカッコ良さを感じます。

完璧にiPhone12プロマックスを傷やヒビ割れから守るなら激押ししたい人気アイフォン12ProMax対応ハイブリットケースですよ。

第6位:CRYTONE TESiV Clean Case

第7位:CRYTONE TESiV Clean Case

ケースの主材料にTESiV(テシブ)を採用して、硬すぎず柔らか過ぎないソフトケースとハードケースの良いとこ取りをしています。

多くのiPhone12 Pro Maxケースに使われている熱可塑性ポリウレタン(TPU)や熱可塑性エラストマー(TPE)よりも弾力性をもっていることから、落下時の衝撃吸収性に優れたメリットがあります。

さらにそれだけでなく、ケース自体をアルコール除菌や水洗いしても問題ない劣化の強さを実現。毎日持ち歩き、雑菌が付いてしまいがちなアイフォンケースを清潔にしておける点が魅力ですよ。

質感としてはサラサラしていて肌なじみの良さと、握った時にグリップ感があります。ずっと触っていたくなるような人に優しいおすすめのiPhone12ProMaxケースですね。

第5位:超軽量・極薄・耐衝撃ハイブリッドケース「PALLET AIR」

第5位:超軽量・極薄・耐衝撃ハイブリッドケース「PALLET AIR」

丸みを帯びたラウンド形状の可愛い見た目でありながら、耐衝撃仕様の人気シリーズ「PALLET AIR」のiPhone12 Pro Max専用ケース。

硬いポリカーボネートをアウターに配置して、インナーには柔らかく衝撃を緩和するTPUが採用されています。

握り心地の良さを重視して、絶妙にラウンドさせたケース背面デザインが片手操作をサポートしてくれます。特に自撮りするとき、不安定になりがちな片手持ちが安定するメリットがあります。

2020年新型iPhoneの中で最も大きな6.7インチiPhone 12 ProMaxが持ちやすくなり、落下の危険性を少しでも低減してくれるでしょう。

また、ストラップホールが付いているので「落として傷つけたくない」「画面を割りたくない」って人はネックストラップやハンドストラップを付けてあげましょう。

デザイン的には、光沢感のある背面ポリカが色鮮やか。ファッションの差し色として使えるほど目をひくレッド、シンプルながらツヤ感のあるブラックとホワイトの3色がラインナップしています。

第4位:LINKASE PRO for iPhone 12 Pro Max

第3位:LINKASE PRO for iPhone 12 Pro Max

至高のガラス製クリアケースとしてトップレベルの高品質を誇るiPhone 12 Pro Maxケースが「LINKASE PRO(リンケースプロ)」です。

アップル社のiPhone端末に採用実績のある、Corning(コーニング)社(本社:米国ニューヨーク州)のゴリラガラスをiPhoneケース背面に使用されています。

1枚のゴリラガラスに立体的な3Dカッティングを施すことで、6.7インチサイズの大きなiPhone12ProMaxをより一層美しく魅せられます。

さらに、長期間使用していると発生するTPUの黄ばみ問題に対して、黄変耐性のあるADM(anti-discoloration molecule)素材をTPUに配合。見た目が汚くなってしまうTPUの弱点を克服して、いつまでもキレイな状態を保てる仕様になっています。

しかも、今作2020年モデルの「LINKASE PRO」では、TPUに銀イオンが含有されたことで抗菌効果があり、衛生面でも安心して持ち歩ける点がうれしいポイント。

ガラスの表面硬度は9Hを誇り、物理的にモノが当たってもちょっとやそっとでは傷つきません。また、米軍のミル規格「MIL-STD 810」を取得するほど落下の衝撃に強いメリットがあります。

中のiPhone12プロマックスへ伝わる衝撃を緩和して守れる安心感は絶大ですよ。

第3位:サバイバー クリア

第4位:サバイバー クリア

Griffinブランドのアイフォンケースといえばタフな耐衝撃仕様が有名ですが、その中でも極めてスリムな形状にこだわって保護力と利便性を兼ね備えたiPhone 12 Pro Max対応ケースが「Survivor Clear(サバイバークリア)」です。

見た目にも薄いことが分かるフォルムでありながら、MIL-STD810Gの米軍軍事規格に準拠した丈夫な作り。その実力は、高さ約1.8mから落としても、iPhone12 Pro Maxに致命的なダメージをあたえないほど。側面TPUにいくつも施された衝撃を分散させる幾何学模様によって、端末をガッチリ守ってくれるのです。

前面側の大きな6.7インチディスプレイは、前面から机に置いた時に接触しないよう側面側のケースを少しだけ高く設計してあります。また、背面側のカメラレンズも同様にレンズが接しないようケースに厚みをもたせる設計になっています。

ちょっとしたことですが、普段の生活で何気なく付いてしまう細かい傷や汚れからiPhone12プロマックスを守ってくれる安心感が魅力ですね。

ジーンズのポケットやジャケットの内ポケットにスルッと入る薄型設計。カバンの中でもかさばらず、持ち歩く時に便利なのもおすすめ。シルエットがシュッとしたスマートな見た目なので、プライベートからビジネスまで幅広いシーンで使えますよ。

第2位:ハードケース「CLEAR Hard」 クリア

第2位:ハードケース「CLEAR Hard」 クリア

スマホを新調したら本命ケース・カバーが見つかるまでクリアケースを選ぶ人は多いですよね。

そんな人におすすめしたいのが、スマホアクセサリーメーカー『MSソリューションズ』からiPhone12Pro Max発表に合わせて発売された超シンプルな透明クリアハードケース「CLEAR Hard」です。

「アイフォンを買ったら裸で使うのはちょっと嫌・・、だけどアイフォンのデザインや色を目で見て楽しみたい!」って人のニーズを満たしてくれる、硬くて透明なポリカーボネートを採用。iPhone12 Pro Maxが透けて見える透明度の高いスケルトンデザインになっています。

また、背面内側には、iPhone12プロマックスがケースに張り付いて発生する滲み(ウォーターマーク)を防いでくれるドット加工が施されています。

ケース全体の形状としては、側面と背面をしっかり守るシェル型になっています。さらに、ストラップホールが付いているので、首からぶら下げたりすることも。

その他にも、端末とケースの間に写真を入れてカスタマイズしてあなた仕様に楽しめちゃいます。iPhone 12Pro Maxケース選びに迷っているなら、安価で後悔しない「CLEAR Hard」が一押しですよ。

第1位:LINKASE AIR for iPhone 12 Pro Max

第1位:LINKASE AIR for iPhone 12 Pro Max

iPhone本体に使われる強化ガラスとおなじものをケース背面に配置している最強の呼び声高いクリアケースです。

Corning(コーニング社)製の高品質ゴリラガラスは、iPhoneでも採用されるほど群を抜く透明度と圧倒的な強度を両立させています。そのガラスを贅沢にもケースに取り入れたということで多くの人から支持されています。

透明感あふれる背面ガラスは、一点のくもりもなくアイフォン12プロの洗練された筐体美を目で見て楽しむことができます。仮に汚れが付いても布やクリーナーでササッと拭けば、すぐに綺麗になりますよ。

また、側面の柔らかいTPUは、経年劣化による黄ばみを抑えるAnti Discoloration Molecule(ADM)素材を配合。それにより、この「LINKASE AIR(リンケースエアー)」は、iPhoneを購入した時にとりあえず使う一般的なクリアケースではなく、長期に渡ってずっと使えるケースとして位置づけられています。

6.7インチの大きなディスプレイサイズを誇るiPhone 12 Pro Maxでは、物理的にぶつかる確率が高く、傷や衝撃に対する備えをより一層準備しておく必要があります。

その点、鉄球を落としても内部のiPhone12ProMaxへのダメージを緩和するゴリラガラスのタフさが非常に心強いメリットがあります。その耐久力は、タフな落下試験を通過して米軍MILスペックを取得するほどの実力を誇ります。

末永く愛用できるワンランク上の上質なケースを求めるなら間違いない逸品ですね。

ライターから一言

6.7インチの大型ディスプレイを搭載したiPhone 12 Pro Maxは、同じタイミングで発表された他の機種よりも守るべき範囲が多いですよね。

だからこそ、保護力の高いケースが必要だと思います。その一方で、保護性能だけに着目すると利便性や使い勝手が落ちてしまうので上手くバランスをとりつつ、自分のライフスタイルに合わせたiPhone 12 Pro Max用ケース・カバーを選んでくださいね。

LINE@の新規友だち登録で8%OFFクーポンをプレゼント

※友だち追加時のメッセージでクーポンコードをお知らせします。

この記事が役に立ったら
シェア!しよう

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア