スマホグッズのライターが身につける「あるもの」に称賛の声。「便利すぎる」「ガチで欲しい」

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

3,552

A/WS - WALLET POUCH

みなさんはスマホやお財布をどのように持ち歩いているだろうか。ズボンのポケットやバックパックの中に入れているなんてところだろう。

なるべくなら身軽に、そして両手をフリーにしておきたいと考える僕にとって荷物は極限まで減らしたい。

とはいっても、最低限スマホ・財布・消毒用アルコール・マスクの替え・リップクリームあたりは携帯しておきたいもの。

そこで、最近僕がゲットしたAMARIOのショルダーポーチがちょうどいい。

ぶらっとショッピングへ街に出かけたり、キャンプやテーマパークなどアウトドアレジャーを楽しんだり。

なるべくなら手ぶらで外出したい僕のような人に重宝する見かけによらない収納力と利便性が魅力。

大きくもないし、ちょっとしか入らない訳でもない。しかもオシャレで・・まさにちょうどいい。

中も使いやすくなっていて、小銭ケースやカードポケットなどこれ一つでお出かけができてしまう。

家族や友人、会社の同僚に見せると「なにこれお洒落」「使いやすくて便利」「どこのやつ?欲しい」「こういうの探してた」など称賛の嵐。

実際に僕がしばらく使ってみた例をまじえて、レビューしていく。

A/WS - WALLET POUCH

製品仕様はこちら。

  • 製品名:A/WS - WALLET POUCH
  • JAN:4562157223603、4562157223627、4562157223610、4562157223634
  • カラー:ブラック、オレンジ、ネイビー、グレー
  • ブランド:AMARIO(アマリオ)
  • メーカー:株式会社サカン(大阪府大阪市)
  • 種別:ポーチ ※ロープストラップ「A/WS - ROPE STRAP」は別売りです。
  • 寸法:W115mm×D24mm×H175mm
  • 重さ:113g
  • 材質:帆布(パラフィン加工)
  • コインケース:ポーチ内に搭載 ※着脱可能
  • カードポケット:3箇所
  • フリースペース:インナーに1箇所、アウターに1箇所
  • スマホ収納スリーブ:1箇所
  • 収納可能なスマホサイズ:6.1インチ
  • 原産国:中国

スマートな見た目によらず、豊富な収納スペースあり。

A/WS - WALLET POUCH

外観はシンプルでスマートなフォルムをした携帯用ポーチ。

ポーチの寸法は縦17.5センチ・横11.5センチ・厚さ2.4センチあり、何も入れていない状態での重量は約113gほど。

A/WS - WALLET POUCH

収納スペースを順にみていくことにする。

A/WS - WALLET POUCH

まずは、外見から。ストラップを取り付ける側のアウターにスマホが入るポケットがある。

iPhone 13 Proがちょうどスッポリ収まるサイズ感だ。すぐに取り出してスマホを使いたいとき、こちらのポケットに入れておくと素早く出し入れができて重宝する。

A/WS - WALLET POUCH

次にL字ファスナーを開けて中を見ていく。

ファスナーが回り込むように設けられていて、ガバっと大きく開くので何がどこに入っているか一目瞭然。普通のポーチなら見づらい底まで丸裸になり、出先で手間取ることもなさそうだ。

A/WS - WALLET POUCH

ファスナーを開けるとまず目に飛び込んでくるのが、コインケース。そう、小銭をスマートに持ち歩けるのだ。このポーチを持ち歩けば財布レスが実現するというワケ。

A/WS - WALLET POUCH

しかもコインケースは簡単に着脱できるようになっていて、単独で携帯することも可能。小銭が必要な観光地や飲食店・自動販売機などで役立つ。

A/WS - WALLET POUCH

次に向かって左に目を向ける。

A/WS - WALLET POUCH

縦に並んだカードポケットが3箇所、そして大きなフリースペースが設けられている。

クレジットカード、免許証、保険証、交通系ICカード、スーパーやドラッグストアのポイントカード、オフィスのセキュリティカード、クリニックの診察券、美容室の会員カード・・・あらゆるカード類を収納しておける。

A/WS - WALLET POUCH

少し遊びがもたせてあるので、カードを2枚重ねてポケットに入れることもできた。

A/WS - WALLET POUCH

そしてフリースペースには紙幣はもちろん、領収書やレシート、名刺やフライヤーといった形やサイズが不均等なモノを保管しておくスペースとして便利。

自分好みに使ってほしい。

A/WS - WALLET POUCH

さて、続いて向かって右にはスマホスリーブになっている。

スマートフォンが出し入れしやすいようにL字に開いていている。iPhone 13 Proサッと入れてファスナーを閉じれば、外傷からほとんどカバーできる。

A/WS - WALLET POUCH

装着しているスマホケースによっては、キツキツになるかもしくはファスナーが閉まらない可能性があるので注意してほしい。6.1インチのiPhone 13 Proをケース未装着のままなら、まったく問題ない。

A/WS - WALLET POUCH

ちなみに、僕のiPhone 13 Proにちょっぴりゴツい耐衝撃ケース「Atomic SLIM 4」を付けた状態で入れてみたら入った。ただ、結構ギリギリだし他のカードや小銭などをポーチに入れるとパンパンになるので見た目的にはおすすめできないかな。

薄手のスマホケースか裸の状態で収納してあげるのが良いでしょう。

A/WS - WALLET POUCH

ということで、収納スペースは、アウターにスマホ収納が1箇所・インナーにスマホ収納が1箇所・カード収納が3箇所・フリー収納が1箇所の合計6箇所。

あまり大きな声でおすすめはできないが、ポーチ内部自体の空間にもモノは入る。推奨されている使い方ではないかもしれないが、僕は重宝した。

A/WS - WALLET POUCH

例えばメモやペンなどを持ち歩きたいときに入れておくなどできる。入れるモノが分厚かったり形がいびつだとポーチのシルエットがブサイクになるので、行き場を失ったモノの緊急避難場所として使ってあげるのが良いだろう。

A/WS - WALLET POUCH

僕の場合、リップクリームや鍵、消毒用のミニアルコールやエコバッグやマスクの予備などを持ち歩くこともある。そういった雑多になりがちな携帯品をいれておくのにも便利だった。

A/WS - WALLET POUCH

全部入れて閉じてみるとこんな感じ。

ちなみに、かさばりにくいスリムな形なので、小物入れとしてバックINポーチみたいなのもアリ。バックパックの隙間に縦入れすれば省スペースで持ち歩けるポーチとしても魅力だ。

洋服に馴染むミニマルデザイン。個性が光るロープストラップの組み合わせで遊ぶ。

A/WS - WALLET POUCH

AMARIOはこれまでにバックパックとかも販売しているブランドで、シンプルながらセンスの光るアイテムが多い。

A/WS - WALLET POUCH

このポーチ「A/WS - WALLET POUCH」もミニマルデザインで持つ人を選ばない。老若男女問わずに使える印象を受ける。

A/WS - WALLET POUCH
A/WS - WALLET POUCH

ブランドタグが大きく配置されていて、その他は極めてシンプル。

A/WS - WALLET POUCH

ファスナーがマットテイストになっていて、金属っぽさを感じさせないのもイケてる。

A/WS - WALLET POUCH

カラーバリエーションにはブラックとネイビーのシックな色以外に、鮮やかなオレンジと写真には写っていないがベーシックで人気のグレーが並ぶ。

A/WS - WALLET POUCH
A/WS - WALLET POUCH

ロープストラップ「A/WS ROPE STRAP」は別売りになるので、ポーチと合わせて購入する必要がある。

A/WS - WALLET POUCH
A/WS - WALLET POUCH

ロープのような太さをもつストラップは存在感があり、ファッションのアクセントになる。

カラバリが豊富なことも特長で、ブラック・ネイビー・パープル・ライトブルー・レッド・シルバー・ホワイト・イエロー・蛍光グリーン・蛍光イエローの全10色展開。

ポーチのカラーとストラップのカラーの組み合わせ次第で自分好みにカスタマイズできる楽しさがある。

A/WS - WALLET POUCH

カラビナでポーチへ手軽につけ外しできて、作りはとても頑丈。そう簡単にはちぎれたりしない。

A/WS - WALLET POUCH

長さ調節は自由自在なので、ネックストラップやショルダーストラップなどコーデに合わせてほしい。

A/WS - WALLET POUCH

ライターから一言

外出する際になるべく手ぶらが良い、そんな人に心からおすすめしたいスマホポーチ兼お財布。AMARIOブランドの丁寧な仕事、そして使い手を想う気持ちと緻密な計算がにじみ出る逸品だった。良いモノを持つと、人はナチュラルに笑顔になると学んだ。

ポーチ・ICカードケース の人気順一覧