テレワークで体重が増えた・・ヤバい。茶碗の大盛り1杯で角砂糖7個分も糖質カットする炊飯器に切り替えた

264

糖質カット炊飯器

テレワーク歴は2年を超え、日に日に気になるお腹。呼んだ覚えはないが、徐々に前に出てくるお腹をこの目で確認しつつ、どうにかせねば・・と。

健康診断では毎年体重が増え続けており、さすがにマズイだろうと感じている今日このごろ。

私と同じようなサラリーマンは多いハズ。

そこで食生活を見直すべく試してみた糖質カット炊飯器「AINXスマートライスクッカー」が良かったのでお勧めしたい。

流行りのオシャレ調理家電のようなカッコいいデザイン。置くだけでキッチンが映えるよう。

どうやら市場に出回っている『ごはんが美味しくない糖質カット炊飯器』とは異なる模様。

糖質カット炊飯器
メーカー提供画像

他社製品と違い、釜に直接火が届いて高火力でムラなく一気に炊き上げ、なおかつ上部のトレーに煮沸(しゃふつ)された糖質が溜まって分離できる仕組み。この機構がメーカーであるAINX(アイネクス)社製の強みらしい。

メーカー公称の性能を確認すると、茶碗1杯のご飯で角砂糖7個分の糖質をカットできるんだとか。第三者機関の検証も公開されており、通常よりも33%の糖質(でんぷん)カットを実現しているということで信頼できる。

とはいえ、初めて使う糖質カット炊飯器だけに、旨いのか?と不安ながらも使用してみたレポートをお届けする。

今回紹介する商品はこちら

本日だけ使えるクーポンをプレセント中!
クーポンコード「abs4」ご使用で
5%OFF!
終了まで残り--時間----

まずはここをタップしてコードをコピー!
レジ画面で入力しよう。

製品仕様はこちら。

  • 製品名:Smart Rice Cooker スマートライスクッカー 糖質カット炊飯器
  • JAN:4582519730112、4582519730105
  • 型番:AX-RC3 B、AX-RC3 W
  • カラー:ブラック、ホワイト
  • メーカー:AINX株式会社(東京都港区芝大門)
  • 材質:本体→PP、内釜→合金アルミ
  • サイズ:横幅220mm×奥行235mm×高さ225mm
  • 電源コードの長さ:1.2メートル(アース線なし)
  • 重さ:約2.15㎏(内釜含む)
  • 入力電圧(AC):100V
  • 定格周波数:50/60Hz
  • 消費電力:350W
  • 保温時間:最長12時間
  • モード種別:白米、低糖質、玄米、おかゆ
  • 予約:2時間~24時間(30分単位)
  • 炊飯容量:白米4合、低糖質2合、玄米1.5合、おかゆ0.5合
  • 同梱物:「Smart Rice Cooker」本体、計量カップ、しゃもじ、糖質カットトレ-
  • 生産国:中国
  • メーカー保証:1年間
糖質カット炊飯器
メーカー提供画像

最大33%糖質カット。1杯で角砂糖7個分も!

糖質カット炊飯器

なんでお米を炊くだけで糖質が抑えられるのか。その仕組みから抑えておく。

AINX(アイネクス)の糖質カット炊飯器の内部は外釜と糖質カットトレーの2階建て構造になっている。

糖質カット炊飯器
メーカー提供画像

外釜で煮沸したデンプン(糖質)が上部トレーに溜まっていき、お米とデンプンを分離してくれるという訳だ。

もう少し具体的に話をすると、工程は「炊飯」→「蒸らし」の2ステップに分かれる。

お米に含まれるデンプン質がいわゆる糖質なわけだが、このデンプンが水に溶け出し、高温で炊飯して水と一緒に煮沸されて飛ぶ。

上記となってトレーに到達して溜まっていく寸法だ。

糖質カット炊飯器
糖質カット炊飯器
メーカー提供画像

検査会社の日本ラボテックという第三者認証機関の効果検証によると、AINX(アイネクス)の炊飯器で炊いたお米は、最大33%も糖質カットをしているという結果に。

糖質カット炊飯器
メーカー提供画像

家庭にあるお茶碗で大盛り1杯分(200g)で言えば、おおよそ角砂糖7個分の糖質を削減するんだとか。マジ?!っと浮足立つ気持ちを抑えつつ、先に進もう。

5層の特厚釜でふっくら美味しいご飯を炊き上げる

糖質カット炊飯器

釜には、蓄熱性を兼ね備えた5層の特厚釜が使われている。

糖質カット炊飯器
メーカー提供画像

釜の内側には高耐久性のフッ素コーティングによりこびりつきを抑え、土鍋のような泡立ち。釜の外側は、クリーンコートコーティングにより蓄熱性を向上させ、素早く全体に熱が回って炊きムラを抑えて芯までふっくら炊き上げてくれるという。

そんなウンチクはさておき、味だ。

いくら糖質が制限できるからと言って、不味けりゃ続かない。ということで、実際に炊き上げてみることに。

先に伝えておくが、私は味の評論家でもなんてもないガジェットライターである。故に、極めて主観的な味レビューになってしまうことを事前にお断りしておく。

糖質カット炊飯器

さて、実際に炊いていく。使い方はいたってシンプル。

糖質カット炊飯器
糖質カット炊飯器
糖質カット炊飯器
糖質カット炊飯器

いつも通りお米の研ぎ、炊飯器に釜をセットした後、トレーをセットして『糖質カット炊飯モード』を選択するだけ。

糖質カット炊飯器

しばらく炊きあがりを待ち、開けてみた。

糖質カット炊飯器
糖質カット炊飯器
糖質カット炊飯器

トレーにはデンプンが混じった乳白色の水分が溜まっている。こちらは捨てるか植物にでもあげるとして、肝心のお米へ。

糖質カット炊飯器
糖質カット炊飯器
糖質カット炊飯器

うん、非常にツヤがあり綺麗だ。

いざ、食す。

糖質カット炊飯器

ん?普通に旨いぞ。普段食べているお米に比べれば、たしかにデンプンがカットされているから甘みが少ない気がする。

糖質カット炊飯器
糖質カット炊飯器

しかし、炊きムラがなくふっくらとした食感はいつものお米と同じだ。味の濃さという意味では普通の炊飯器より劣るものの、これで糖質が抑えられるなら個人的には十分許容範囲だと言える。

コレ一つでキッチンがスマートに。

糖質カット炊飯器
メーカー提供画像

巷ではデザインに優れたオシャレなキッチン家電が流行している。先日訪れた某家電量販店ではオシャレ調理家電コーナーなるものがでかでかと展開されていた。

お家時間が増えたことで、目に入るモノから生活の質をあげていこうとする流れなのだろう。

AINX(アイネクス)の糖質カット炊飯器もまたミニマルデザインでカッコいい。

糖質カット炊飯器

キッチンに据えるだけで、どこか先進的でガジェット感を漂わせる。ガジェット好きである私としても、高揚感が高まる。

ざっと機能を紹介しておこう。

糖質カット炊飯器
糖質カット炊飯器
メーカー提供画像

まずはモード選択。

白米モード、玄米モード、低糖質モード、おかゆモードの4種類から選べる。

次に、予約機能と保温機能。

24時間以内で好きな時間に炊飯をスタートすることができる予約炊飯機能が使える。また、最大12時間の保温機能も搭載されている。

最大限引き伸ばすとして、炊飯開始を24時間後+保温12時間後の合計36時間は外出する際に放おっておける。

例えば、忙しいビジネスパーソンなら、夜のうちに予約しておき、仕事が終わった夜に帰宅してすぐにふっくら炊きたてご飯が味わえ、なおかつ翌朝にもお米が食べられる。

私の場合はテレワークをしているので、予約+保温の時間メリットには響かなかったが参考まで。

糖質カット炊飯器
メーカー提供画像

お手入れにも触れておこう。

糖質カットトレーはもちろん、内釜も取り外して洗える。なんら不自由はなかった。

しかし、注意が必要なのは、内釜のゴムパッキン。洗う際に取り外した後、また元の位置に取り付けるのだが、少し手こずった。水に沿ってしっかりはめる必要があり、ゆるいと炊飯中に蒸気が漏れてしまうので留意してほしい。

糖尿病の父にプレゼントしてみた

糖質カット炊飯器
糖質カット炊飯器
メーカー提供画像

当初、糖質をカットしようと思ったきっかけは、私の体重や体型によるところから。次第にぽっこりお腹になってくることに歯止めをかけねば。ということだったが、人それぞれ目的は違うだろう。

実は実の父が糖尿病なんだが、無類のお米好き。仕事には母が作るおにぎりを毎日持参。飲んだ後はかならずと言ってよいほど、お茶漬けでしめるのが我が家の通例儀式だった。

そんな父だったが、糖尿病にかかったことをきっかけに、大好きだったお米を制限するようになった。

食事の前にはかならずインスリンを注射する毎日。これまでの不摂生がたかったとはいえ、見ていて心苦しいものがある。

糖質カット炊飯器
糖質カット炊飯器

今回AINX(アイネクス)の炊飯器を使ってみて、お米好きの父でも味の面で許容できると確信した。

少しでも大好きなお米を食べられれば喜ぶだろうと思い、自分用とは別に父用へプレゼントすることにした。

ライターから一言

仕事上でマネージメントするのは得意だが、糖質をマネージメントするのは苦手。そんな私のようなビジネスマンにこそ心強い味方ではないだろうか。

今回紹介した商品はこちら

本日だけ使えるクーポンをプレセント中!
クーポンコード「abs4」ご使用で
5%OFF!
終了まで残り--時間----

まずはここをタップしてコードをコピー!
レジ画面で入力しよう。