あったかグッズ記事の掲載商品10%OFFキャンペーン

あったかグッズ記事の掲載商品10%OFFキャンペーン

【2022年最新】防水イヤホンおすすめ14選人気ランキング!運動・水泳・お風呂にもおすすめ

21,625

防水イヤホン特集。運動やお風呂におすすめのイヤホンはコレ!

この記事では防水イヤホンの選び方からおすすめモデルまで紹介しています。

ジムやランニング、プールやシャワー室などの公共の場でスピーカーから音楽を流しにくい場面には、防水・防滴ワイヤレスイヤホンを使用するのがおすすめ。そこで、運動やお風呂時間におすすめの水滴や汗に強い防水イヤホンを一気にご紹介していきたいと思います。

左右独立型・左右一体型・骨伝導タイプ・カナル型・インナーイヤー型など、幅広いタイプの最新商品をセレクトしてみたのでぜひチェックしてみてくださいね。

すべての防水・防滴・防汗イヤホンはこちら
    防水・防滴イヤホン一覧

第1位:IPX7規格対応 Anker Soundcore Liberty Neo 2

IPX7規格対応 Anker Soundcore Liberty Neo 2

日常のワークアウトにおすすめしたい、IPX7規格対応の防水性能を誇る「Anker Soundcore Liberty Neo 2」。したたる汗や突然の雨などの侵入を防ぐ防水性能を備えているので、どんな時でも音楽や通話を楽しむことができます。イヤーピースは5つのサイズから選べ、3つのサイズのイヤーウイングを付属。耳の形にあったサイズを選べば、激しい運動をしてたらいつの間にかポロっと落ちてしまった…なんてことも防げますよ。

さらに、スペックが高めのモデルにしか搭載していなかったアンカーオリジナルの『Soundcoreアプリ』に対応。もっと重低音を響かせたい、この曲は軽めに聴きたいなど、気分によってイコライザー設定で自分好みの音色にチェンジできたり、イヤホンのタッチ操作を自分のしやすいようにカスタマイズできます。前に使ってたイヤホンと操作方法が違ってやだなぁって時には自由に設定をいじっちゃいましょう。

最大約40時間もの長い再生時間と、ワイヤレス充電対応ケースにより手軽に日常使いできるので、スポーツシーンだけでなく、ビジネスシーン含むあらゆるシーンで活躍するコスパ良しの防水イヤホンですよ。

第2位:M-SOUNDS ノイズキャンセリング搭載 完全ワイヤレスイヤホン MS-TW33

M-SOUNDS ノイズキャンセリング搭載 完全ワイヤレスイヤホン MS-TW33

完全ワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW33」は防水防塵、高品質、ハイレベルなノイズキャンセリング機能、ハンズフリー通話、外音取り込み機能、低遅延モードなど、欲しい機能をまるごと搭載した高コスパなイヤホン。
防水防塵規格はIP54で、日常生活における手洗いの水しぶきや小雨による水滴のみならず、防塵性能もあるので砂ぼこりなどからもイヤホンを守ってくれます。

高性能のハイブリッドアクティブノイズキャンセリングを搭載。イヤホン外側と内側のマイクを併用し、話し声はもちろん、さまざまな環境音を大幅に抑えてくれます。ANC搭載のイヤホンは性能上重くなりがちですが、本製品は片耳わずか約4.8g。業界最小で最軽量クラスの完全ワイヤレスイヤホンです。イヤホン自体も優しく密着するカナル型で、長時間音楽を聴いても疲れないよう工夫されています。

動画視聴やゲームをプレイする際の音ズレを改善する「ゲーミングモード」も搭載。見た目もメタリックな質感がオシャレで、さまざまな生活シーンで活躍してくれる高コスパイヤホンですよ。

第3位:ノイズキャンセリングイヤホン PaMu Quiet Mini

ノイズキャンセリングイヤホン PaMu Quiet Mini

ランニングやフィットネス時の汗にも安心して使えるIPX4防滴性能搭載の「PaMu Quiet Mini(パム クワイエットミニ)」は、業界最高クラスのノイズキャンセリング機能をも搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。

その性能は驚異のマイナス40デジベルを誇るノイズキャンセリング。その秘密は、音楽データの受信用とは別に、ノイズキャンセリング機能に特化したams社の最新チップ「AS3460」を搭載したデュアルチップ仕様だから。
さらに、外側に取り付けられたマイクではノイズを察知して打ち消す『フィードフォワード方式』と、より耳に近い内側のマイクでは雑音を感知して消しつつ、改めて音を加える『フィードバック方式』を使用したハイブリッド式なのでノイズの低減効果も抜群です。

また、外を走るランニングやジョギングなどにも安心な外音取り込みモードを搭載。イヤホンをつけたままでも周りの環境音や車の走行音を鮮明に聞くことができるので、交通量が多い場所を走る時や人通りが多い場所にも最適。コンビニなどに寄り道する時も、イヤホンを外さなくてもお会計ができるのでお出かけにも重宝しますよ。

第4位:SOUNDPEATS 完全ワイヤレスイヤホン TRUEFREE2

SOUNDPEATS 完全ワイヤレスイヤホン TRUEFREE2 

SOUNDPEATSシリーズの中でIPX7防滴仕様を誇る完全ワイヤレスイヤホンが「TRUEFREE2 」。日常生活での水しぶきや、突然の雨、スポーツやジムなどのトレーニング中の汗を防ぎます。

安定した動作と高速転送が魅力のRealtek社のチップセットを採用。Bluetoothは5.0を搭載しており、街中の喧騒の中でも低遅延で途切れにくく安定しています。ドライバーユニットは6mmの音質増強の複合振動板を使用した超小型タイプを採用。幅広い音域をバランスよく再現してくれるので、一段上の高音質サウンドが楽しめますよ。

片耳の重さはわずか4.7gと軽量。特製のイヤーフックは人間工学に基づいてデザインされており、耳にしっかりフィット。トレーニング時にもイヤホンを落としてしまう心配が少なくなるので運動に集中できますよ

第5位:IPX5レベル性能JAYS m-Seven True Wireless

IPX5レベル性能JAYS m-Seven True Wireless

「JAYS m-Seven True Wireless ワイヤレスイヤホン」は2006年に北欧スウェーデンで設立されたオーディオブランド『JAYS(ジェイズ)』から出ている完全ワイヤレスイヤホン。シンプルで美しく、使いやすくて長持ちする製品作りを目指して作られています。

連続動作時間はなんと約9.5時間。専用の充電ケースと併用すれば最大約38時間の動作が可能となっており、こまめに充電を気にする必要がないほどの再生時間。動作はタッチコントロールを採用し、加えてボイスコントロールにも対応してます。

カラーはグリーン・グレー・ブラック2種とシックなラインナップ。防滴設計はIPX5レベルなので、しとしと降る雨の中だったり、軽い運動をした時に出る汗などから本体を守ってくれるので安心ですね。

第6位:防水レベルIPX5 Anker Soundcore Life P2 Mini

防水レベルIPX5 Anker Soundcore Life P2 Mini

お手頃価格でエントリー機にもぴったりな完全ワイヤレスイヤホンです。4千円台の良心的な価格設定の完全ワイヤレスイヤホンで、防水規格はIPX5。スポーツ中にかく汗や、ランニング途中に突然降ってきた雨にも支障なく使えますよ。

通常モード・低音モード・ボーカルモードの3つのイコライザー設定を搭載していて、使用シーンや楽曲に合わせてモードを自由に切り替えられます。

Bluetooth5.2に対応しているので音途切れもしにくく、最大8時間再生が可能。付属の充電ケースと合わせて使用すれば、最大32時間分の音楽再生が楽しめます。イヤホン片耳だけの単独使用が可能なので、周囲の音に注意したい屋外でのランニングにもおすすめですよ。

第7位:IPX5規格対応 Anker Soundcore Life P3 完全ワイヤレスイヤホン

IPX5企画対応 Anker Soundcore Life P3 完全ワイヤレスイヤホン

コスパの高さから人気を誇る『Soundcore Life Pシリーズ』の、ノイズキャンセリングモードに対応した「Anker Soundcore Life P3」はIPX5対応、多少の雨や汗なといった日常的な生活には支障のない防水性能です。

一万円を切る価格ながら、高スペックな機能が満載。Soundcoreアプリの連携が可能となったので多彩なモードを選択することができます。屋外モード・屋内モード・交通機関モードといった3つ選択ができるウルトラノイズキャンセリング機能。イヤホンをつけたままでの会話や、ランニング中に環境音を取り入れることができる外音取り込み機能。さらにイコライザー調整で、自分好みの設定にカスタムできちゃいます。

カラーバリエーションの豊富さも魅力。ベーシックなホワイト・ブラック・ネイビーから、優しい色合いのライトブルー、ポップなコーラルレッドまで。色をあわせたコロンとした丸い形のケースもかわいいですね。

第8位:NUARL N6 sports IPX7相当 防水完全ワイヤレスイヤホン

NUARL N6 sports IPX7相当 防水完全ワイヤレスイヤホン

スポーツ向けのイヤーピースが付属している防水防汗の完全ワイヤレスイヤホンです。2種類の抗菌シリコン製イヤピースから選べ、スポーツやリモートワークに適した低遮音タイプの「Track Ear+」と、音楽を聴くときに最適な遮音性の高い「Block Ear+」をシーンに応じて使い分け可能です。

防水規格はIPX7相当の高スペック。sportsと名のある通り汗にも強く、汚れても水で洗えるので清潔に保てますね。
独自のダイナミック型フルレンジドライバー“NUARL DRIVER”[N6]v3を搭載、重低音重視のチューニングもできるので、トレーニング時にリズム重視で聴きたい方におすすめな完全ワイヤレスイヤホンですよ。

第9位:Anker Soundcore Sport X10 IPX7防水規格対応

Anker Soundcore Sport X10 IPX7防水規格対応

汗に強い、防汗構造搭載の完全ワイヤレスイヤホンです。 防水規格はIPX7で、Soundcoreブランド独自技術であるSweatGuardテクノロジーを搭載。雨水などの水滴だけでなく、塩分が含まれた人の汗などにも強い防汗性能を持っています。ランニングやジムなど汗をかくスポーツなどに最適のワイヤレスイヤホンになっていますよ。

デザインは折りたたみ式のイヤーフックを採用。柔らかいシリコン素材なので着け心地も軽やか。滑りにくく耳にフィットするので、ランニングの途中でポロっと耳から落ちてしまう心配がなく、激しめの運動にも安心して装着できますよ。

急速充電にも対応していて、10分ほど充電を行えば約2時間は使用できます。運動するちょっと前にパパっと充電しておけばOKな手軽さが魅力ですね。

第10位:完全ワイヤレスイヤホン AAC対応 iPX7 SoundLiberty 92 TT-BH092

完全ワイヤレスイヤホン AAC対応 iPX7 SoundLiberty 92 TT-BH092

雨などの水しぶきや汗にも耐えられる防水規格IPX7に対応した完全ワイヤレスイヤホンです。アジア人の耳にフィットするように、耳のかたちや性質をとことん研究。人間工学設計に基づいたインナーイヤー型のデザインとなっています。

片耳での音楽再生に対応したモノラルモードを搭載しているので、片方の耳は音楽を聴いて、もう片方の耳は周囲の音を拾うためにオープンにしておくといった使い方ができますよ。ジョギングなど外で運動する時に、人が近づいてくる音や、車のエンジン音をしっかり聞くことができるので安心ですね。

第11位:TaoTronics SoundElite 71 左右一体型

TaoTronics SoundElite 71 左右一体型

総計販売量200万台のTT-BH07がさらに進化をとげ、防水レベルが従来のIPX6からIPX7へパワーアップした「TaoTronics SoundElite 71」。イヤホンを保護するナノコーティングを施しているので、雨などの天候が悪い日のランニングや、汗をかくスポーツにも使用することができます。

高音質コーデックであるAACやaptX、さらに最新のapt-X HDコーデックに対応。元データに近い高音質のまま好きな音楽を楽しめますよ。遅延や音飛びも少なく、力強いパワフルなサウンドも魅力です。

さらに、CVC8.0のノイズキャンセリング技術を搭載しているので、周囲の雑音を抑え通話相手の声も聞き取りやすい快適な通話が可能となっています。連続再生時間は18時間と長く頻繁に充電する必要がないため、スポーツシーン以外の通勤通学などといった普段使いにもおすすめですよ。

第12位:TaoTronics SoundLiberty Pro P10 Hybrid-ANC IPX7 完全ワイヤレスイヤホン

TaoTronics SoundLiberty Pro P10 Hybrid-ANC IPX7 完全ワイヤレスイヤホン

8千円以下で手に入る、ハイブリッドノイズキャンセリング(ANC)を搭載した完全ワイヤレスイヤホン「TaoTronics SoundLiberty Pro P10 Hybrid-ANC IPX7」。防水規格はIPX7と高く、誤って水がかかってしまっても平気なほどのスペックです。うっかりコップの水をこぼしてしまった、なんて時でも安心ですね。

『アクティブノイズキャンセリング機能』は、マイナス35デシベルの消音性能でハイレベル。かなりの騒音を低減してくれます。『アンチウインドモード』は強風の日の風切り音を無効化してくれる便利な機能。ビル風の強い場所が通勤・通学路だったり、ランニング中の風の音が気になってたという人にはかゆいところに手が届く機能といえますね。

サウンド面では9mmドライバーを搭載し、繊細でありつつバランスのとれたダイナミックなサウンドを実現しています。バランスの良い性能のハイクオリティでありながらコスパに優れた一品です。

第13位:Shokz OpenRun ワイヤレス骨伝導イヤホン IP67対応

Shokz OpenRun ワイヤレス骨伝導イヤホン IP67対応

次世代の骨伝導ヘッドホン「Shokz OpenRun(ショックス オープンラン)」は、見た目の大きさに反してわずか26gという驚きの軽さ。IP67の防水防塵規格に準拠し、汗をかくスポーツやアウトドアにピッタリ。骨伝導技術を採用したヘッドホンなので耳を塞ぐ必要がなく、車通りの多いランニングにもおすすめです。

ネックバンドも柔らかく、顔回りにジャストフィット。しっかりホールドしてくれるので、激しい運動でも外れにくい仕様。さらに本体は手触りの良いサラサラのシリコン素材で、汗によるべたつき感を軽減してくれます。スポーツ時に装着する防水イヤホンを探しているって人には、かなりマッチするアイテムですよ。

第14位:INOVA オープン型 完全ワイヤレスイヤホン earFit Novi

INOVA オープン型 完全ワイヤレスイヤホン earFit Novi

周囲の音が耳に入るオープンイヤー型防水イヤホン「earFit Novi(イヤーフィット ノビ)」。耳を完全にふさがず、あえて隙間を作ることにより、周辺の環境音を取り入れやすい構造になっています。

IP67の防水防塵性能を搭載しているので、雨やスポーツ時にかく汗に強いのはもちろんのこと、砂ぼこりなどの粉塵からもイヤホンを守ってくれますよ。

外でウォーキングの際に注意しなければならない車の走行音やクラクションなどの外部音を取り入れやすく、突然の雨にも強いイヤホンとなっているので、ランニングやジムをはじめ、ハイキングなどのアウトドアでの使用にもおすすめです。

すべての防水・防滴・防汗イヤホンはこちら
    防水・防滴イヤホン一覧