USB急速充電器の人気おすすめ8選!最速の充電器や選び方をご紹介【2021年最新】

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

5,449

スマホUSB急速充電器の人気おすすめ8選!最速の充電器や選び方をご紹介【2021年最新】

この記事ではスマホのコンセント付き急速充電器のおすすめアイテムを厳選して紹介します。

iPhoneやAndroidなどスマホを充電するために欠かせないのがUSB充電器です。スマホを買ったら付いてくる付属の充電器よりもさらに素早くスマホを充電できたら、隙間時間に充電したり、出掛ける前に充電できたりして超便利。

急速充電に対応したコンセント付き急速充電器を使えば、いつものアイフォンやアンドロイドの充電が格段に速く済みます。iPhone 12シリーズからUSB充電器が付属されていないので、急速充電が可能な充電アダプタを揃えることをおすすめします。

急速充電できるUSBアダプタはアンカー製品を筆頭に多く存在していて、自分の持ってるデバイスはどの充電器なら急速充電できるのか。よくわからない人も多いですよね。今回の記事では、急速充電器の選び方や使い勝手、おすすめなアイテムを厳選して紹介しますので自分にぴったりな充電器を見つけてみてください。きっとスマホライフが快適になりますよ。

▽ 充電器・モバイルバッテリー一覧はこちら ▽

ACアダプタ・USB充電器一覧 急速充電モバイルバッテリー一覧

急速充電器とは?急速充電器の原理と普通充電器との違い

急速充電器は高出力で電力をデバイスに供給できる充電器のことで、iPhoneやAndroidなどの充電時間を短縮することができます。普段のiPhoneに付属されている充電器は出力が5Wしかありませんが、出力が10W以上の充電器を使えばiPhoneをより早く充電することが可能。こちらの充電方法はAppleの公式サイトにも公表されています。最近はゲーム機やデジタルカメラなどでもUSB充電を採用している機器が増えていますよね。

また、Type-C対応デバイスなら同じく急速で充電することが可能です。iPhoneはまだ対応していませんが、Androidや一部のiPadに対応していて急速なデバイス充電を実現。今後Type-C充電のUSB PDという新規格が主流になる可能性があります。PD規格は15Wが標準ですが、上位タイプは最大100Wの出力が可能なので、ノートパソコンも充電できるほどの高出力です。

急速充電器を使用する際はその出力に対応した充電器とケーブル、そしてデバイスがそれぞれ対応していることが必要なので注意が必要です。全てが急速充電に対応していない場合は、急速で充電できないためその性能を発揮できません。

急速充電器の選び方

サイズ

付属の充電アダプターよりもコンパクトなサイズを選べるのはメリットです。せっかく別途購入するのに同じ大きさでは味気ないですよね。サイズによって持ち運びに特化しています。また、細長かったり、平べったかったり、形も様々な種類が存在しています。デスク周りのスペースにあわせて設置することができますよ。最近は小さい筐体なのに高出力が可能になった次世代素材窒化ガリウムを採用した急速充電器が主流になっているので、使われている素材を選ぶのがおすすめです。



ポート数

何台デバイスを充電するかでポート数は変わってきます。比較的2ポート24Wのアダプターが多く出回っていています。iPhoneやAndroid、ノートPCなどを一気に充電したい場合はポート数のほかに最大出力数も考慮する必要があります。デバイス1台でコンセント1つが埋まってしまうところですが、複数ポートがある急速充電器を選べば1度に充電できる端末の数を増やすことが可能になります。ポート数が多いと出力は分散されるので、あらかじめ最大出力数を確認すればどのデバイスが充電可能なのかわかります。ポート数や出力が多ければ多いほど本体サイズは大きくなっていくので、自宅用か持ち運び用なのかでポート数を選ぶことをおすすめします。

急速充電器のメリット・デメリット

急速充電器のメリットは手持ちの端末を短時間で充電できる点です。通常出力よりも多くの電力を1度に供給できるため倍近いスピードで充電が完了します。朝の忙しい時間帯や仕事中の会議や商談の合間などなかなか充電が溜まらないとイライラするものです。それに比べて急速充電器はサッと充電できて、短い時間で満充電に近い容量をチャージできます。iPhoneやAndroidなど電源が切れると困ってしまう状況を回避できるのは心強い機能ですよね。

デメリットについては、バッテリーに負荷がかかって劣化が早くなるようなイメージを持たれている人も多いかもしれませんが、最近のアダプターは過充電されないような仕様になっているので心配いりません。充電されるスマホやタブレットなども急速充電される程で作られています。ただし、ネットなどで売られている安価な製品や海外製の名前が知られていないメーカーなどのアダプターは過充電防止などの機能が搭載されていないことがあるので購入や使用には注意が必要です。PSEマークが印字されていないバッテリーも同様で安全基準を満たしていない可能性があります。PSE未対応の製品を使用しているとスマホへの過充電や発火の原因になる可能性があるので注意が必要です。

ご不要になった急速充電器の捨て方

急速充電器を処分する方法は、地域によって不燃ゴミや資源ゴミなど異なっています。市役所のホームページなどに記載されているので確認したほうが良いですね。

充電器は危険物です。不適切な処分は回収業者に迷惑をかけたり、火災などの原因にもなります。ゴミ収集車が炎上したというニュースを聞いたことがありますよね。なので普段の取り扱いはもちろんのこと処分する時も下調べをして適切な処分を心がける事が重要です。

最近は急速充電器やモバイルバッテリーなど小型電子機器を回収する業者やヨドバシカメラやビックカメラ等の家電量販店も回収サービスを実施しています。1番簡単な方法は購入したお店に問い合わせて回収サービスの確認をするか、最近ではメーカー側も回収に積極的なのでメーカーサイトに確認してもスムーズですよ。基本的にはどこも無料で引き取ってくれるので、近くにあるお店を調べてみて下さい。まだ使えるようであればリサイクルショップで買い取ってもらうのもアリですよ。

USB急速充電器の人気おすすめ8選

HyperJuice GaN 100W Dual USB-C/USB-A ACアダプタ急速充電器

HyperJuice GaN 100W Dual USB-C/USB-A ACアダプタ

次世代素材窒化ガリウムを採用した最大100Wの高出力アダプターで、MacBookやMacBook Airから16インチのMacBook Proまでほとんどの大型のノートPCをこれ1台で充電することができます。

なんとクレジットカードと同じサイズ感なのにノートPCを2台同時に充電することが可能なハイパワー出力のUSB充電器。一般的な100W出力のUSBアダプタよりも半分以下の大きさです。自宅や職場でケーブルを2本用意すれば電源をシェアできてコンセント1つでパソコン2台を同時に使用することができますよ。

カバンやリュックにスッポリ入るので出先でノートパソコンをよく使う人は常に持ち歩いていても邪魔になることはありません。荷物もかさばらずにストレスなく忍ばせておけますよ。

また、自宅のパソコン用にもHyperJuice GaN 100Wアダプタに変えれば机と壁の隙間に収まって省スペースで済むので無駄な空間を有効活用できます。

さらにデスクの上にも場所を取らずに急速充電器を設置できるのでデスク周りもゴチャゴチャになりがちな人はスッキリ整理整頓させることができます。

Anker PowerCore Fusion 10000 モバイルバッテリー PowerIQ 3.0(Gen2)

Anker PowerCore Fusion 10000 モバイルバッテリー PowerIQ 3.0(Gen2)

大ヒットしたアンカーの2in1充電アダプタPowerCore Fusion最新作。モバイルバッテリーは前作の5000mAhから9700mAhへ増量してアイフォンシリーズなら2回以上充電可能に。少し重量は増えますが、デバイスの充電回数が増加したので持ち運んで使用する際に重宝されますよ。カバンやバッグに入れて持ち運ぶのなら重さもそこまで気にならない程度になっています。

USB-Cポート、USB-Aポートが2ポート搭載されたUSB充電器で2台同時にデバイスを充電できます。出力は20Wになっているので、iPhone 12シリーズの急速充電が可能になっています。iPhoneやandroidなどのスマートフォンを2台同時に充電できるので社用とプライベート用の2台持ちの人や家族や友達と電力をシェアしたい人におすすめ。災害時の緊急用電力にもなるので、スマホの電源が切れてしまった時に安心です。

折りたたみできるプラグ搭載で、コンセントに差し込むだけでPowerCore Fusion本体に電力を供給可能なんです。コンセントに繋げてケーブルを用意すればUSBアダプタにもなる優れモノ。わざわざUSBアダプタと充電用ケーブルを用意しなくてもコレ1台で完結するのもうれしいポイントです。

Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim (Four Ports) 急速充電対応

Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim Four Ports 4ポート

4台同時にデバイスを充電することが可能なマルチポートアダプター。ノートPCやタブレット、iPhoneやAndroidを同時に充電することができます。

4ポートも搭載しているのに今回の急速充電器はなんと2cm以下に収まる薄さの1.8cmの幅。場所を取らずに小さな隙間、机や床の省スペースに設置できます。

USB-Cポートは最大45Wの出力でiPadやAndroidタブレットからMacBookやMacBook Airまで充電することができちゃいます。また、USB-Aポート3つは最大20W。タブレット以外にもiPhoneやAndroidを急速充電することができます。

4つのポートで一気にデバイスをまとめて充電できるので複数台デバイスを持っている人は時間短縮に繋がります。忙しい時間帯や夜寝るときに充電しておけば4台分まとめ完了できますよ。

また、自宅で過ごしていると家族や友人たちとの熾烈な充電ケーブルの取り合いになっている人も多いかと思います。iPhoneなどに付属している充電アダプタは1ポートしか付いていないのでコンセントを1つの充電器で占領してしまいます。

「Atom Ⅲ Slim」を使えば1つのコンセントで4台を充電することができるので平和な時を過ごせますよ。しかも急速充電であっという間に電力が溜まるので待ち時間のストレスもほとんどなく充電が完了します。

RAVPower 30W USB-C 急速充電器 PD対応 RP-PC120

RAVPower 30W USB-C 急速充電器 最小クラス GaN (窒化ガリウム)採用/PD対応

超コンパクトでサイコロみたいな形状の急速充電アダプター。指でつまめるほどのサイズです。本体の四方は丸くふちどられているので持ち運びに特化しています。プラグ部分はおりたたむことが可能。カバンやリュックに入れても内部の生地や一緒にしまったモノを傷つけることはありません。

軽量でカバンやリュックのインナーポケットや小さなスペースに収納しておけるので常に入れておけば安心ですね。iPhoneのアクセサリーにはもってこいですね。

カラバリはiPhoneの周辺機器に合わせたいならホワイトカラー。iPhone 12のブラックやiPhone 12 Proシリーズのグラファイトカラーに合わせるならブラックがおすすめです。

また、こんな小さいボディから最大出力は30Wまで可能に。MacBook Air 13インチなどのUSB-C規格対応のノートパソコンが充電できちゃうんです。スマホやタブレットからノートPCまであらゆるデバイスを急速充電できるので外出先で充電することが多い人は持っておくべき急速充電器です。

CIO製 LilNob Share(リルノブシェア) GaN搭載 65W出力対応 急速充電 4ポート搭載アダプター QC3.0/PD3.0

CIO製 LilNob Share(リルノブシェア) GaN搭載 65W出力対応 急速充電 4ポート搭載アダプター QC3.0/PD3.0

クレジットカードの半分程のサイズ感で手の中に収まるコンパクト急速充電器。手のひらに収まるサイズなのに65Wの出力を実現しています。一般的な同出力の充電アダプターよりも大幅に小さくなっていて、持ち運びに最適です。

次世代半導体GaNを採用した充電器の中で最小級なサイズです。このサイズでMacBookシリーズなどノートPCを充電可能。外出先でノートPCを使用する人はこれを使えば荷物を軽減させることができます。コンセントが折りたためるので、カバンに入れておいても周りの小物が傷つく心配はありませんね。

しかもUSB-Cポート3つとUSB-Aポートが1つで計4ポートを搭載。これさえあれば、iPhoneやタブレット、MacBookなどのノート型パソコンを同時に充電することが可能。複数台デバイスを持っている人や家族や友人と電源をシェアしたい人におすすめです。

SuperMobileCharger PD60W対応 急速充電アダプター

SuperMobileCharger PD60W Qi充電器 モバイルバッテリー 10000mAh

SuperMobileChargerは過去にもいくつかシリーズが発売されていて、3つの機能が備わった3in1の凄いUSBアダプタです。本製品の最大出力は60W出力。USB-CのPD対応ポートを搭載しているのでMacBookシリーズの充電が可能になっています。USB-CポートとUSB-Aポートの2ポートを搭載されていて、2台同時に充電できちゃいます。外出先のカフェでノートパソコンを使用することが多い人はコンセントに挿せば電力の供給が可能です。

更にUSB-Aポートがあってスマホ、タブレットなどの急速充電ができちゃいますよ。ノマドワーカーや移動中のスキマ時間に仕事をする人やゲームなどのアプリを使用してすぐに電源が無くなってしまう人におすすめなUSB充電器。

アダプター以外にワイヤレス充電機能でスマホを置くだけでケーブル要らずのワイヤレス充電と10,000mAhの容量を本体に蓄積できるのでモバイルバッテリーにも外で持ち出して使うことができます。予備電源にもあれば心強いアイテムですね。優れものでコレさえあれば事足りるスーパーガジェットです。

RAVPower(ラブパワー) 65W USB-A+USB-C PD対応 急速充電器 GaN (窒化ガリウム)採用 RP-PC133

RAVPower(ラブパワー) 65W USB-A+USB-C PD対応 急速充電器 GaN (窒化ガリウム)採用 RP-PC133

MacBookが充電できてしまうほどの高出力65Wを有している急速充電器です。MacBookに同梱されているUSBアダプタよりも一回り小さくなっています。カフェなど外で仕事をすることが多い人はカバンの容量を減らすことができます。収納するモノが小さい方が整理整頓にも繋がりますよね。

自宅や会社のデスクで使用するときも幅をとって2つ分のコンセントに被ってしまい1つが使えなくなってしまうなんてことは起こりません。しっかり1つ分のコンセントに収まるので無駄なくスペースを使用できるUSB充電器です。

PD対応のUSB-Cポートを1つ搭載。Type-C充電のノートPCからiPhoneやAndroidスマホまでこれ1台で急速充電することができます。MacBook 13インチなら約2時間程で満充電が可能。忙しい合間に充電したり、家を出る直前に充電しても一定量を素早くチャージできるのは心強いです。iPhone 12シリーズから充電アダプタが非搭載なので、USB-C 充電アダプタは重宝しますよ。

Anker PowerPort III Nano 20W 急速充電アダプタ

Anker PowerPort III Nano 20W 急速充電アダプタ

最大出力は20Wを実現。一般的な5Wの充電アダプタと比べてiPhoneシリーズを約3倍ものスピードで急速充電が可能です。たとえばiPhone 11ならたった15分充電しておけば、動画を約3.5時間も視聴できる計算です。高出力なのでiPhone、GalaxyやPixelなどのAndroidスマホ以外にもiPad Proなどタブレットも急速でチャージできます。

2.7cm四方の筐体と約30gの重量は手に収まるサイズ感。自宅でも場所を取らずコンセントにちょこんと挿し込んでおけます。カバンやリュックなどのインナーポケットや小さい収納スペースにも簡単にしまっておけるので、会社や学校で一時的に使う用に入れておいても便利ですね。iPhone 12シリーズには充電アダプタが同梱されていないので、追加で揃える必要があります。

「Anker PowerPort III Nano」はUSB-Cポート搭載なので、iPhone 12付属のUSB-C to Lightningケーブルに対応しています。これからはUSB-C出力の急速充電器が主流になっていく中で必ず持っておきたい逸品です。

▽ 充電器・モバイルバッテリー一覧はこちら ▽

ACアダプタ・USB充電器一覧 急速充電モバイルバッテリー一覧