ケースでマグネットが使えない。ってのを解決したMagSafe対応iPhone12ケース「GRIP」

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

1,397

iPhoneケース GRIP

iPhone12をゲットして大切に使いたいからこそ、ガッチリ保護できるタフケースを装着したい。

で・も・・

ほとんどの耐衝撃ケースでは、iPhone12シリーズに新搭載されたマグネット機能が使えないのです。マグネットでくっつくMagSafe充電器だったり、マグネット式のカードポケットやモバイルバッテリーを使おうとしても磁力が弱くて断念せざるを得ない・・。

まぁ考えてみれば当然なんですけど、丈夫だからこそ素材に厚みがあったり入り組んだ構造をしているんですよね。

そんな不便を解決するiPhoneケース「GRIP for iPhone 12/12 ProiPhone 12 mini」が先日スマホアクセサリーメーカー『アピロス』から登場しました。

米国軍事規格であるミルスペック相当の落下試験をパスするほどタフなケース。それでいて、今まで指をくわえて見ていたMagSafe対応グッズが使える夢のようなiPhoneケースなのです。

どうしてタフな耐衝撃iPhoneケースなのにマグネットが使えるかっていうと、秘密はケースの内側に。実は、ケース背面の内側にマグネットプレートが内蔵されているんです。ケースを装着することによって弱くなってしまう磁力をカバーするナイスな役目を担っています。

おかげで、マグネット式のワイヤレス充電器だったり、アップル純正「レザーウォレットケース」なんかが強力にくっついて使えちゃう!

しかも、側面にはシリコンで滑りにくい加工が施され、グリップ感も抜群!ってことでさっそく気になる詳細をレビューしていきましょう。

製品仕様はこちら。

  • 製品名:iPhoneケース GRIP for iPhone 12 / 12 Pro ケース)・iPhone 12 mini ケース
  • 型番:PI21-GR01-NY、PI21-GR01-LG、PI21-GR01-BK、PI20-GR01-NY、PI20-GR01-LG、PI20-GR01-BK
  • JANコード:4589882565426、4589882565419、4589882565402、4589882565396、4589882565389、4589882565372
  • 色:ブラック、ネイビー、ライトグレー
  • メーカー:株式会社アピロス(東京都港区)
  • 素材:TPU、ポリカ、PU
  • 寸法(約):iPhone12/12Pro用→77×151×11.5mm、iPhone12mini用→70×136×11mm
  • 重量(約):iPhone12/12Pro用→39g、iPhone12mini用→28g
  • ワイヤレス充電:対応
  • Apple Pay:対応
  • 生産国:中国

▽ 新型iPhone12のケース一覧はこちら ▽

iPhone12 miniケース iPhone12 / 12 Proケース iPhone12 Pro Maxケース

▽ 新型iPhone12のフィルム一覧はこちら ▽

iPhone12 miniフィルム iPhone12 / 12 Proフィルム iPhone12 Pro Maxフィルム

タフケースの弱点を解消!マグネット内蔵のメリットとは

iPhoneケース GRIP
iPhoneケース GRIP

シェル型でiPhoneの背面と側面をカバーする形状のiPhoneケースです。

iPhoneケース GRIP

外枠のベースはガッチリiPhoneをホールドするポリカーボネート。加えて側面の衝撃を緩和するTPUが組み合わさっています。

iPhoneケース GRIP

背面のバックパネルと外枠は分離する別パーツになっています。バックパネルはなめらかなマット調のPUレザーになっていて、内側に『GRIP』と書かれたマグネットプレートが付いています。

iPhoneケース GRIP
メーカー提供画像

アメリカの軍事規格であるMIL規格『MIL-STD 810G-516.7』基準をパスした確かな耐衝撃性能を誇ります。ちなみにその試験ってのは、高さ1.22メートルから鉄板コンクリートへ26方面から落とすというもの。

そんなに落とすのってくらいの過酷なテストでiPhoneがかわいそう・・に思っちゃいますが、しっかりテストしてくれているってのが使う上では安心です。

耐衝撃ケースを選ぶ人って、やっぱり落下による故障を防ぎたい理由が多いですよね。

落っことして衝撃がiPhoneへ伝わると故障の原因になってしまいますから・・。そんな故障の不安を払拭するくらいタフな「GRIPケース」は、耐衝撃ケースを付けたい人にとっては魅力的なタフ仕様になっていると言えるでしょう。

iPhoneケース GRIP

高耐久iPhoneケースにしては厚みがそれほどなく、外観が薄くてスマートな印象です。

iPhoneケース GRIP

ディスプレイ側は縁を高くして、画面に傷や汚れが付くことを防いでくれます。

iPhoneケース GRIP

iPhone12シリーズは、デュアルレンズもしくはトリプルレンズが飛び出していますよね、あれが厄介。。背面側から置くとガタつくし、なにより傷が付いちゃうんじゃないかと心配・・。

でも、この「GRIPケース」なら、突出したカメラレンズの高さよりわずかにケース厚を高く設計されています。背面がわ机に置いた際にカメラレンズが接触せず、ガタつくこともかなり抑えられます。

iPhoneを手に持たず、机に置いたままでメッセージ返信したり、操作する際にガタつきが軽減されて快適ですよ。

iPhoneケース GRIP

サイドに配置されている電源ボタンやボリュームボタンは覆いかぶさるようにカバーしているタイプ。

ポケットからの出し入れだったり、物にぶつかったときにボタンに付く細かい傷や汚れからも守ってくれますよ。

iPhoneケース GRIP

Lightningポートもしっかり開口部があります。ケーブルの抜き差しに困ることもありませんね。

iPhoneケース GRIP

うれしいのが、ストラップホールが付いていること、しかも2個。ネックストラップをこの2箇所に付けることで、iPhoneが傾くことなくまっすぐ首から下げることができるってワケです。

細かいところにも目が行き届いていますね~。

iPhoneケース GRIP

さて、いよいよ最大の特長でもあるマグネット内蔵の背面にフューチャーしていきます。背面には指ざわりのよいPUレザーがあって、なめらかぁ~な心地よさを覚えます。

iPhoneケース GRIP

そして、この内部にマグネットが内蔵されているのです。

iPhoneケース GRIP

さっそくマグネット式のワイヤレス充電器を近づけてみると・・くっついた!

しかも、強力!多少ぶつかったり、衝撃を加えてもビクともしません。もちろん、iPhone 12 Proもちゃんと充電できていますよ。

iPhoneケース GRIP

他にも、ケーブルレスでiPhone12シリーズが充電できるAnkerマグネット式ワイヤレスモバイルバッテリーもガッチリくっつきました。

手元にはありませんが、メーカー公称によるとApple純正のレザーウォレットケースにも対応しているそうです。やっぱりマグネット系アクセサリーが使えるのは便利ですね。

iPhone12シリーズから新たに搭載されたマグセーフ機能を損なわない利便性の高さが魅力ですよ。

握りやすい!指に程よくひっかかる側面デザイン

iPhoneケース GRIP
メーカー提供画像

このタフケースは、マグネット系スマホアクセサリーが使えるってこと以外にもうひとつ魅力があって、それがグリップ感なんですよね。

ケース周囲を取り囲むように、ポリカよりも柔らかいTPUが使われています。TPUなのである程度は摩擦があって滑りにくいんですけど、さらに両側面にユニークな加工が施されているのです。

iPhoneケース GRIP

3カラーそれぞれに側面のデザインが異なっていて、『ライトグレー』は緩やかになびく草木のようなリーフデザイン。『ネイビー』は細めのストレートデザイン、『ブラック』は太めのストレートデザインになっています。

iPhoneケース GRIP

この側面デザインがミソ。

握ったときに指にちょうどよくひっかかりができて、iPhoneを扱いやすいんです。肌触りの良い素材とグリップ感のある側面が上手く組み合わさっていて、使い勝手の良さが気に入りました。

あと、ボタンの押し心地も良好。押している感じが指にレスポンスよく伝わります。ボタンが覆われていても押しにくいというこはありませんでした。

ライターから一言

耐久性が高く、マグセーフ機能が使えて、なおかつ使い勝手の良いタフiPhoneケースでした。不満点がほぼなかったので、みなさんにもおすすめしたいですね。

今回紹介した商品はこちら