新型iPhone12最新情報・噂まとめ|発売日・値段・指紋認証・サイズ・5G・Apple Pencilなど【2020年最新】

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

134,996

新型iPhone(2019)の噂まとめ
※上記はiPhone 11の画像を使用しています。

★速報★
日本時間10月14日午前2時よりAppleのイベントが開催!さっそくですが皆さんが待ちに待った今年の新モデル「iPhone 12」の発表がありました。
iPhone 12は超高速&低遅延の5G(高速通信規格5G Ultra Wideband)に対応していて、カラバリはブラック・ホワイト・グリーン・レッド・ブルーの5色。

さらにiPhone 12のコンパクト版となる「iPhone 12 mini」、Proシリーズの「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」が発表されました。名称については事前の予想通りとなりましたね。また、今回発表された全モデルに5Gが対応しているとのこと。(10/14追記)

▽ 新型iPhone12のケース一覧ページ ▽

iPhone12 miniケース iPhone12 / 12 Proケース iPhone12 Pro Maxケース

▽ 新型iPhone12のフィルム一覧ページ ▽

iPhone12 miniフィルム iPhone12 / 12 Proフィルム iPhone12 Pro Maxフィルム

★速報ログ★

本日の深夜14日午前2時にアップルのイベントが開催されます。発表会ではiPhone 12 mini/12/12 Pro/12 Pro Maxの発表が濃厚と言われています。発表会で新型iPhoneの情報が発表された場合、リアルタイムで更新していくのでチェックしてくださいね。また、AppBank Store WEB店で新型iPhoneのケースや液晶保護フィルムの販売を予定しているのでそちらも要チェックですよ!(10/13追記)

Appleがイベントの開催を公式サイトで予告しました。開催日は日本時間では10月14日の午前2時からです。前回のイベント同様オンラインで開催され、そこで今回新型iPhone 12シリーズの発表が濃厚であると言われています。

また、発表されるモデルは全部で4機種で「iPhone 12 mini」「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」の名称が確実視されています。(10/7追記)

日本時間2020年9月16日午前2時に「Apple Event」の開催されましたが、新型iPhoneについての発表はありませんでした。

現在予想されている次期iPhoneの発表は予想されている通り、次回イベントで行われるかもしれません。今回の発表会で次回イベントの告知はありませんでしたが、10月頃の開催になるではないかと言われています。

今回行われたイベントの内容としては、新モデルの「iPad Air」と「iPad」。「Apple Watch Series 6」と廉価版「Apple Watch SE」が新商品として発表されました。

その他にも、新トレーニングサービス「Apple Fitness+」、Apple MusicやApple Arcadeなどのサブスサービスを1つにまとめた「Apple One」がお披露目されました。また、「iOS 14」「iPadOS 14」が配信されます。(9/16追記)

日本時間の2020年9月16日午前2時に「Apple Event」の開催が決定しました!

Appleの公式ページで告知がされていて、青色でデザインされたリングマークがイベントページのトップに表示されています。今年の新型iPhoneに「ネイビーブルー」が追加されると予想されているので、ロゴに新色がイメージされているのかもしれませんね。

さらに、iPhoneもしくはiPadでAppleのイベントページをクリックするとカメラが起動して、USDZオブジェクトとなった今回のApple Eventロゴがウネウネ動き回ります!え、どういうこと?と思った人は試してみてくださいね。

当日は、新型iPhone 12/12 Proの発表がされる可能性があるので随時更新していきます。ぜひチェックしてくださいね。(9/9追記)

毎年恒例のイベントである新型iPhoneの発表・発売が今年もやってきましたね。筆者もこの時期になると今年はどんなモデルが発売されるのかワクワクが止まりません。

今年2020年の新型iPhone12は、例年と異なり発表・発売が延期する可能性、最大4モデル発表、カメラレンズが4つ等の噂や話題がすでにネット上で上がって盛り上がりを見せています。

この記事では8月時点での2020年新型iPhoneの噂をまとめて、いつ発表・発売されるのか、どんなモデルとなるのか等の最新情報を中心に更新していきたいと思います。

新しい情報があり次第、随時更新するので定期的にチェックをお願いします。(8/17投稿)

2020年次期新型iPhone12の最新情報

2020年新型モデルは、全4モデルとなる情報が出ています。今年のiPhoneは「iPhone 12/12Pro」の名称としての発売が濃厚。

また、iPhone 11/11 Proシリーズとは異なりデザインが異なるという情報が浮上しています。iPhone 11/11 ProシリーズからiPhone 6モデルは、角がない丸みのある本体デザインでしたが、2020年新型iPhoneはiPhone 5/SEのように角ばったデザインの可能性があると言われています。

丸みの帯びたデザインが定着している中で、角ばったデザインになると見た目も変わり、かなり印象も変わってくるのではないでしょうか。

デザイン変更は大きな注目ポイントですよね!とにかく楽しみッ!

それでは気になる方も多いはずなので現状、噂されている2020年新型iPhoneの特徴をまとめてみました。発表・発売が噂されているのは下記の4モデルです。

①iPhone 12→5.4インチ
②iPhone 12 Max→6.1インチ
③iPhone 12 Pro→6.1インチ
④iPhone 12 Pro Max→6.7インチ

今回発売が予想されている4モデルのうち最も小さいとされるiPhone 12(5.4インチ)に関しては、「iPhone 12 mini」という名称になる可能性があります。

「mini」という名称はすでにiPadに使われているため、iPhoneに使われてもおかしくはありません。また、iPhone SE(第2世代)よりも筐体が小さくminiサイズであることもあり、海外の著名リーカーがiPhone 12 miniになると予想しています。

miniの名称によって同12シリーズ6.1インチのiPhone 12 Maxについては「iPhone 12」になると言われています。(10/2追記)

5.4インチの「iPhone 12 mini」と6.1インチの「iPhone 12」のストレージ容量は3種類になるとのこと。内訳としては「64G」「128GB」「256GB」になる可能性があり、iPhone 12シリーズを手頃な価格にするため小さい「64GB」の容量から用意していると見られています。

なお、iPhone 12 Proシリーズは128GBからのラインナップになる予定と言われています。カメラで写真や動画を頻繁に取る人にとってはiPhone 12シリーズは少し物足りない容量になるかもしれませんね。(10/9追記)

新型iPhoneの購入を検討している人は、価格も気になるところですよね。現状のiPhone 12/12 Proシリーズの価格・値段は以下のように予想されているようです。

人気の集まりそうな5.4インチのiPhone 12 miniと6.1インチのiPhone 12は10万円以下となるためProシリーズよりも抑えられた価格になっています。(10/9追記)

①iPhone 12 mini:約70,000円
②iPhone 12:約80,000円
③iPhone 12 Pro:約110,000円
④iPhone 12 Pro Max:約120,000円

iPhone 12シリーズの発表が控える中、はやくも来年以降に発売されるiPhone 13の噂がすでに出回っているとのこと。

予想されているモデルとしては6.7インチ、6.1インチのProシリーズ、6.1インチ、5.4インチの通常シリーズの計4種類あり、iPhone 12と同様のラインナップになると言われています。また、デザインなどに大きな変更はないとされています。(10/12追記)

今年の新型iPhoneが10月14日午前2時のAppleのイベントにて発表されました。発表された新モデルは全4機種です。全機種共通している機能としては、5Gに対応している点、A14 Bionic、角ばったデザイン、充電器の付属はなくUSB-C to Lightning ケーブルのみが同梱されます。

①iPhone 12 mini
②iPhone 12
上記2機種のカラーバリエーションはブラック、ホワイト、グリーン、レッド、ブルーの5色がラインナップ。各価格はiPhone 12 miniが74,800円~、iPhone 12が85,800円~です。(※価格は税抜き)

③iPhone 12 Pro
④iPhone 12 Pro Max
Proシリーズからは2機種が登場。カラバリはグラファイト・シルバー・ゴールド・パシフィックブルーの4色。価格はiPhone 12 Proは106,800円~、iPhone 12 Pro Maxは117,800円~です。(※価格は税抜きです。)(10/14追記)

新型iPhoneの発表・予約開始・発売日はいつ?

今年iPhoneの機種変更や買い替えを検討している人の最も気になる情報の一つですよね。新型iPhoneの発表・発売にあわせてスケージュールを立てたり、アクセサリーを購入するなど計画立てる人も多いハズ。

新型iPhone 12/12 Proの発表日および発売日も例年の通り、9月になる可能性が高いと言われていますが、一方で例年パターンからズレ込み10月~11月になるのではないかとも言われています。

理由としては、部品の生産遅延や現在の世界的情勢を鑑みて時期を遅らせている等が言われているようです。また、全4モデルが同時に発売ではなく機種によって別々の発売になる可能性あると言われています。

発表日については過去のパターンからいくと全モデルを同時に発表されることは濃厚です。

過去モデルの発表日
iPhone 6s(アイフォンシックスエス):2015年9月9日(水曜)
iPhone 6s Plus(アイフォンシックスエスプラス):2015年9月9日(水曜)
iPhone SE(アイフォンエスイー):2016年3月21日(月曜)
iPhone 7(アイフォンセブン):2016年9月7日(水曜)
iPhone 7 Plus(アイフォンセブンプラス):2016年9月7日(水曜)
iPhone X(アイフォンテン):2017年9月12日(火曜)
iPhone 8(アイフォンエイト):2017年9月12日(火曜)
iPhone 8 Plus(アイフォンエイトプラス):2017年9月12日(火曜)
iPhone XS(アイフォンテンエス):2018年9月12日(水曜)
iPhone XS Max(アイフォンテンエスマックス):2018年9月12日(水曜)
iPhone XR(アイフォンテンアール):2018年9月12日(水曜)
iPhone 11(アイフォンイレブン):2019年9月10日(火曜)
iPhone 11 Pro(アイフォンイレブンプロ):2019年9月10日(火曜)
iPhone 11 Pro Max(アイフォンイレブンプロマックス):2019年9月10日(火曜)
※発表日とは、Appleの新商品発表会が行われた日のことです。

過去モデルの予約日
iPhone 6s(アイフォンシックスエス):2015年9月12日(土曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone 6s Plus(アイフォンシックスエスプラス):2015年9月12日(土曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone SE(アイフォンエスイー):2016年3月24日(木曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone 7(アイフォンセブン):2016年9月9日(金曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone 7 Plus(アイフォンセブンプラス):2016年9月9日(金曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone X(アイフォンテン):2017年10月27日(金曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone 8(アイフォンエイト):2017年9月15日(金曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone 8 Plus(アイフォンエイトプラス):2017年9月15日(金曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone XS(アイフォンテンエス):2018年9月14日(金曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone XS Max(アイフォンテンエスプラス):2018年9月14日(金曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone XR(アイフォンテンアール):2018年10月19日(金曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone 11(アイフォンイレブン):2019年9月13日21時00分(金曜)
iPhone 11 Pro(アイフォンイレブンプロ):2019年9月13日21時00分(金曜)
iPhone 11 Pro Max(アイフォンイレブンプロマックス):2019年9月13日21時00分(金曜)
※予約日とは、Softbank・au・Docomoなどの各キャリアや家電量販店で予約が開始された日時のことです。

過去モデルの発売日
iPhone 6s(アイフォンシックスエス):2015年9月25日(金曜)
iPhone 6s Plus(アイフォンシックスエスプラス):2015年9月25日(金曜)
iPhone SE(アイフォンエスイー):2016年3月31日(木曜)
iPhone 7(アイフォンセブン):2016年9月25日(日曜)
iPhone 7 Plus(アイフォンセブンプラス):2016年9月25日(日曜)
iPhone X(アイフォンテン):2017年11月3日(金曜)
iPhone 8(アイフォンエイト):2017年9月22日(金曜)
iPhone 8 Plus(アイフォンエイトプラス):2017年9月22日(金曜)
iPhone XS(アイフォンテンエス):2018年9月21日(金曜)
iPhone XS Max(アイフォンテンエスプラス):2018年9月21日(金曜)
iPhone XR(アイフォンテンアール):2018年10月26日(金曜)
iPhone 11(アイフォンイレブン):2019年9月20日(金曜)
iPhone 11 Pro(アイフォンイレブンプロ):2019年9月20日(金曜)
iPhone 11 Pro Max(アイフォンイレブンプロマックス):2019年9月20日(金曜)
※発売日とはiPhoneを受け取れる日付のことです。

Appleがオンライン上にて新型iPadとApple Watchの発表会が開催するという情報が浮上しています。開催日時は、日本時間の9月8日22時頃と言われています。

メインの発表と噂されているのはiPadとApple Watchの2点ですが、さらに新型iPhone 12/12 Proの発表・発売時期についての告知があるとも噂されています。発表会が行われた場合、適宜更新していくのでチェックをお願いいたします。(9/7追記)

2020年9月16日午前2時にApple Event「Time flies.」が開催されます。イベントでは新作のApple Watch Series 6とiPad Air 4が発表されると言われていますが、一方で新型iPhoneの情報は発表されない可能性が高いと噂されているようです。

さらに、今後Appleの新作商品発表会は合計3回にわたって開催されると情報が出回っています。3回のうち1回は今月の「Time flies.」、残り2回の発表会で新型iPhone 12/12 Proの発表がされる予想です。こちらはBloombergの記者であるMark Gurman氏がTwitterで伝えていて、9月にApple Watch Series 6とiPad Air 4、10月に新型iPhone 12/12 Pro、11月にMacがイベントで発表されるとツイートしています。(9/11追記)

新型iPhone 12の発表会が10月13日に行われると噂されています。さらに、予約開始が10月16日、発売開始が10月23日になる可能性があるとのことです。Appleの新商品発表会が今年は3回に分けて行われると言われていましたが、さっそく10月に2回目が行われるかもしれません。

また、iPhone 12(5.4インチ)の名称についてiPhone 12 miniになる可能性が浮上しています。(9/28追記)

参考:Mark Gurman@markgurman

2020年10月14日午前2時のAppleイベントで発表されたiPhone 12 mini、iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxの予約開始日と発売日は以下の通りです。

iPhone 12
iPhone 12 Pro
→10月16日(金曜)から予約を開始、10月23日(金曜)発売。

iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 mini
→11月6日(金曜)から予約を開始、11月13日(金曜)から発売。(10/14追記)

デザイン/カラー

2020年新型iPhone 12/12 Proは、iPhone 5/SEと同様に側面が角ばったデザインになると言われているのが特長です。スティーブ・ジョブズが手掛けていた時代のデザイン変更にとなり、うれしいと感じる人も多いのではないでしょうか。

また、新色のカラバリとして「ネイビー」の登場が噂されています。去年iPhone 11 Pro/Pro Maxで登場した「ミッドナイトグリーン」が新色として人気を博しました。しかし、今年ミッドナイトグリーンは廃止になるとも言わています。

次期iPhone 12/12 Proのカラーについて今年は下記の通りの予想がされています。

iPhone 12/12 Max→ライトブルー(New)、ライトオレンジ(New)、パープル、ホワイト、ブラック、レッド
iPhone 12 Pro/12 Pro Max→ネイビーブルー(New)、スペースグレイ、シルバー、ゴールド

iPhone 12 Pro/iPhone 12 Pro Maxの新色として「ネイビーブルー」がネット上では濃厚と言われています。いわゆる、紺色はファッションにおいて性別問わず人気の定番カラーなので人気が集まるのは予め予想ができますね。また、iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxの新色「ミッドナイトグリーン」はやはり廃止される方向で予想がされています。

iPhone 12/12 Maxでは「ライトブルー」「ライトオレンジ」が新色となり合計6色が予想されています。iPhone 12/12 Maxは2019年発売のiPhone 11シリーズの後継機として位置ずけられているのでカラバリは今年も豊富とされています。見た目にも鮮やかでどれがいいか迷ってしまいますよね(8/31追記)

iPhone 12のカラーバリエーションに「ライトオレンジ」と「ダークブルー」が新色として追加される可能性があると言われています。先日Appleのイベント告知がされましたが、Appleの公式ページに告知されている10月13日(現地日程)開催イベントの告知画像から予想がひとつ立てられているようです。

画像を見るとAppleのロゴマークを中心に「青」と「オレンジ」の円が重なってデザインされています。このことから新色をモチーフに画像がデザインがされているのではないかという意見が上がっています。(10/8追記)

サイズ

噂されている5.4インチのiPhone 12に関しては、今年発売されたiPhone SE(第二世代)よりも本体サイズが小さくなる可能性があるとのことです。画面が大きくなるにつれて本体サイズが大きくなり、手の小さい人や女性には持ちづらいと感じたと思います。そんな人には朗報かもしれませんね。

その他のモデルに関しては、現行のiPhone 11/11 Proと同様のサイズになるのではないでしょうか。情報があり次第、更新いたします。

現状発表が予想されているiPhone 12/12 Proシリーズ全4モデルの本体は、小さい順にiPhone 12<iPhone 12 Max=iPhone 12 Pro<iPhone 12 Pro Maxとなっています。

上述しましたが、今回モデルので最も注目が集まっているのは5.4インチの「iPhone 12」です。新型iPhoneの情報がまとめられた海外サイトMacRumorsによると今回発表される可能性のあるiPhone 12のサンプルと既存モデルのiPhone SE(第1世代)、iPhone 8と比較された画像が公開されています。

大きさとしては、iPhone SE(第1世代)とiPhone 8のちょうど中間くらいの大きさとなっています。小型化を望むユーザーにとっては、まだ噂の段階ですが朗報とも言えるのではないでしょうか。(8/27追記)

参考:MacRumors

ディスプレイ

画面の大きさについては、先に記載したとおり下記の通りと言われています。
また、ノッチに関しても昨年同様に採用されているとされいますが、幅が狭くなり小型化されるという情報も出ています。

▼iPhone 12シリーズ
・iPhone 12→5.4インチ
・iPhone 12 Max→6.1インチ

▼iPhone 12 Proシリーズ
・iPhone 12 Pro→6.1インチ
・iPhone 12 Pro Max→6.7インチ

上記全モデルは、有機ELディスプレイを搭載する可能性があると言われています。最新機種となるモデル全てに有機ELディスプレイが採用されるのは初となります。

また、ベゼル部分は前モデルと比べて幅狭くなる可能性があるとのことです。これは、ノッチ部分を小さくした関係上、ベゼルの調整で幅が狭くなったという見方がされています。

今回のモデルはiPhone 5/SEのように角張ったデザインになるとされているため、ベゼルは縁ギリギリまで狭くなっていると違和感なく使えそうですよね。(8/28追記)

カメラ

新型iPhone 12 Proシリーズの背面カメラはiPhone 11 Pro/11 Pro Maxと同様にトリプルレンズカメラになると言われています。カメラレンズは、広角・超広角・望遠レンズの3種類となり新たに「LiDAR(ライダー)スキャナ」が追加されると噂が浮上。

「LiDARスキャナ」とはLight Detection and Rangingの略で、発した光から物体に当たって戻ってくるまでの時間を計測して、物体までの距離や方向を測定する技術を指します。

この技術を搭載したことにより、従来のARアプリで行っていた、指定の動き(枠に○○をおさめてください、画面に映る○に沿って動かしてくださいなど)が不要となり、カメラを起動するだけで周囲の奥行き・形状が認識され、指定の動作が不要、より正確にARアプリを使うことができるようなります。
現状はiPad Pro(2020年モデル)に搭載されていますが、この機能がiPhone 12 Proシリーズに搭載されるとARアプリの利便性が向上し、より自身の生活を快適にしてくれると言われています。(8/19更新)

iPhone 6からiPhone 11まで背面カメラは1200万画素が採用されていましたが、2020年新型iPhone 12/12 Proの広角カメラでは大幅に向上した6400万画素が採用される予想がされています。(8/25追記)

発表された新型iPhoneのカメラ機能については以下の通りです。

iPhone 12 mini・iPhone 12
→背面カメラは超広角レンズと広角レンズの2つを搭載しています。2倍の光学ズームレンジ、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps)に対応。

iPhone 12 Pro・iPhone 12 Pro Max
→背面カメラは、超広角レンズ・広角レンズ・望遠レンズの3種を搭載。レンズに関してはiPhone 11 Proと同様のレンズを搭載しています。しかし、最大60fpsのDolby Vision対応HDRビデオ撮影に対応、ナイトモードポートレート、LiDARスキャナを搭載しています。(10/14追記)

指紋認証

iPhone12シリーズでは顔認証システム「FaceID」が採用されるのが濃厚。ディスプレイにノッチがある点、リークされている情報や画像にホームボタン(指紋認証)が一切みられないためiPhone 11シリーズ同様の顔認証システムが搭載されると言われています。(10/7追記)

イヤホンジャックの有無

iPhone 7以降のモデルにイヤホンジャックはなくなりました。その影響もあり、昨今ではiPhoneで音楽を聴く際はBluetoothイヤホンを別途購入して、音楽を楽しむ人が多いと思います。Appleからも完全ワイヤレスAirPodsが発売されていますが、サードパーティーから様々なデザイン、音質、機能、価格のモデルが発売されています。皆さんもお気に入りのイヤホンをインターネットや家電量販店で探した経験があるはず。

上記のことからすでにワイヤレスが主流となっているため、新型iPhone 12/12 Proシリーズにはイヤホンジャックは非搭載と言われています。

また、iPhone 7からiPhone 11/11 Proシリーズにはライトニング端子に接続するイヤーポッズ(EarPods with Lightning Connector)が付属されていましたが、次期iPhone 12/12 Proには同梱がされないと噂されています。こちらはApple関連の情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏の発言から情報が上がっています。

参考:9to5mac

Apple Pencil

新型iPhoneの噂がネットに広まりだした当初「Apple Pencil」がiPhone 12に対応する可能性があると言われていました。しかし、2020年10月現在ではほぼ非対応とみられApple Pencilについての噂や情報は出ていません。非対応の理由としては、iPad Proに搭載されていたアップルペンシル等の機器を接続する端子「Smart Connector」が搭載される可能性がほぼないと言われているからです。(10/12追記)

iPhone12の5G対応/非対応

今年2020年は、5Gに対応のスマホが発売した記念すべき年とも言えるでしょう。対応エリアは限定的ではありますが、徐々に拡大し対応のスマホも同時に増えるくるはずです。
気になる2020年新型iPhone 12/12 Proも「5G」に対応している可能性があると言われています。スマホでAmazonプライムやネットフリックス、YouTubeなどの動画コンテンツを見るユーザーが増えている中で、通信速度が速くなる5Gに対応すれば遅延などのストレスなくなり、さらに快適にコンテンツを楽しめそうですよね。

今月発表される新型iPhoneは、全機種が5Gに対応すると言われています。しかし、中でも6.7インチのiPhone 12 Pro Maxのみに5Gの高速通信規格が搭載されると言われています。

そもそも5Gには2つの通信規格があります。1つは、超高速で通信ができるけど電波の範囲が狭く主要都市にしか使用できないスピード重視の規格。もう1つが、通信スピードは落ちるけど長距離広範囲に対応して都市部や農村で使用できるコスパの高い通信規格です。

iPhone 12 Pro Maxのみに高速規格搭載の噂については、筐体の大きさとバッテリーが関係しているとのこと。高速通信規格に必要なアンテナを内蔵するスペースやバッテリー容量をiPhone 12 Pro Maxのみしか備えていないためです。

その他にも5Gに必要な部品の生産遅延やインフラ整備の遅れとも言われています。なお、こちらの噂は著名アナリストであるミンチー・クオ氏から報告がされています。(10/08追記)

参考:MacRumors

歴代iPhoneの値段・価格

ここでは歴代iPhoneの価格について紹介します。去年発売されたiPhone 11とiPhone 11 Pro/Pro Maxのように通常モデルはProモデルと比較して価格が抑えられています。

さらに、廉価版となるモデルは毎年価格が下がる傾向があるので、今年発売される次期iPhone 12シリーズも価格が抑えられている可能性があります。

過去に発売されたモデルは下記の通りです。

機種/容量 32GB 64GB 128GB 256GB 512GB
iPhone SE(第2世代) - ¥49,280 ¥54,780 ¥66,800 -
iPhone 11 - ¥82,280 ¥87,780 ¥99,880 -
iPhone 11 Pro Max - ¥131,780 - ¥149,380 ¥173,580
iPhone 11 Pro - ¥117,480 - ¥135,080 ¥159,280
iPhone XR - ¥84,800 ¥90,800 ¥101,800 -
iPhone XS - ¥112,800 - ¥129,800 ¥152,800
iPhone XS Max - ¥124,800 - ¥141,800 ¥164,800
iPhone 8 Plus - ¥78,800 - ¥95,800 -
iPhone 8 - ¥68,000 - ¥91,584 -
iPhone 7 Plus ¥64,800 - ¥75,800 - -
iPhone 7 ¥50,800 - ¥61,800 - -
 

新型iPhoneはどこで買える?

Apple Storeはもちろん、携帯キャリアのショップ、家電量販店の店頭で予約・購入ができるでしょう。
忙しくて店鋪での予約が難しい場合はApple Storeまたは各携帯キャリアのオンラインショップから予約もできます。
オンラインなら自宅での受け取りも可能なので、店鋪に足を運ぶ手間が省けるのがメリットですね。

携帯キャリアのオンラインショップ
docomo Online Shop
au Online Shop
SoftBank Onlineshop

ライターからひとこと

毎年恒例のイベントに8月時点でワクワクが止まりません。これから随時情報を更新していくので、引き続きチェックをお願いいたします。また、AppBank Storeでも新機種発売に向けてケースや液晶保護フィルム等のアクセサリー類の販売を行う予定なので、新型iPhone 12を購入の際はぜひ当店をご利用くださいね。

更新履歴:
2020年8月19日 カメラの噂を更新しました
2020年8月20日 新型iPhoneの発表・予約開始・発売日はいつ?の噂を更新しました
2020年8月24日 新型iPhoneの発表・予約開始・発売日はいつ?の噂を更新しました
2020年8月25日 カメラの噂を追記しました
2020年8月27日 サイズの噂を更新しました
2020年8月28日 ディスプレイの噂を更新しました
2020年8月31日 デザイン/カラーの噂を更新しました
2020年9月03日 カメラの噂を更新しました
2020年9月07日 新型iPhoneの発表・予約開始・発売日はいつ?の噂を追記しました
2020年9月09日 速報を追記しました
2020年9月11日 新型iPhoneの発表・予約開始・発売日はいつ?の噂を追記しました
2020年9月16日 速報を追記しました
2020年9月24日 イヤホンジャックの有無の噂を更新しました
2020年9月28日 新型iPhoneの発表・予約開始・発売日はいつ?の噂を更新しました
2020年10月02日 今年発売のモデルは?の噂を更新しました
2020年10月07日 速報を追記しました
2020年10月07日 ディスプレイの噂を更新しました
2020年10月08日 デザイン/カラーの噂を更新しました
2020年10月08日 2020年のiPhoneは5G対応する?の噂を更新しました
2020年10月09日 2020年次期新型iPhoneの最新情報の噂を更新しました
2020年10月09日 2020年次期新型iPhoneの最新情報の噂を更新しました
2020年10月12日 2020年次期新型iPhoneの最新情報の噂を更新しました
2020年10月12日 Apple Pencilの噂を追加しました
2020年10月13日 速報を追記しました
2020年10月14日 速報を追記しました
2020年10月14日 2020年次期新型iPhoneの最新情報の噂を更新しました
2020年10月14日 新型iPhoneの発表・予約開始・発売日はいつ?の噂を更新しました
2020年10月14日 カメラの噂を追記しました