イヤホン15%OFF

イヤホン15%OFF

新型iPhone(2019)の噂まとめ。次期iPhone11(iPhoneXI)の発売日も予想

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

101,133

新型iPhone(2019)の噂まとめ

今年も新型iPhoneの発表の時期が近づいてきました。今年はどんなiPhoneが発表されるのか楽しみですね。
ネットでは、すでに新型iPhoneについての話題や噂が多くでているので、気になってチェックしている方も多いのではないでしょうか。

この記事では8月時点での2019年新型iPhoneの情報やいつ発売されるかについてをまとめました。
新しい情報があり次第、随時更新するので定期的にチェックをお願いします。

2019/9/11 「Apple Special Event」にて新型iPhoneがついに発表されました。
今年は「iPhone 11」、「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」の3モデルが発売されます!(9/11 追記)

発売までに届くおすすめケース・フィルムはこちら!

新商品ぞくぞく追加中!
数百種類の中からお気に入りのiPhoneケースをお選びください


iPhone11ケース一覧
iPhone11 Proケース一覧
iPhone11 Pro Maxケース一覧

更新履歴:
 2019年8月6日 Apple Pencil対応の噂を追記しました
 2019年8月7日 USB Type-C(USB-C)端子の噂を追記しました
 2019年8月17日 FaceID/TouchIDの噂を追記しました
 2019年8月19日 名称の噂を更新しました
 2019年8月26日 新型のプロセッサの噂を更新しました
 2019年8月27日 デザイン/カラーワイヤレス充電(Qi)3D Touchの噂を更新しました
 2019年8月28日 ディスプレイの噂を追記しました
 2019年8月29日 2019年のiPhoneは5G対応する?の噂を更新しました
 2019年8月30日 新型iPhoneの発表、予約開始、発売日はいつ?の噂を更新しました
 2019年9月2日 防水防塵性能今年発売のモデルは?の噂を更新しました
 2019年9月4日 歴代iPhoneスペック比較表の項目を追加しました
 2019年9月5日 カメラの噂を追記しました
 2019年9月10日 歴代iPhoneスペック・価格比較表の項目を追加しました
 2019年9月10日 発売されるモデルは?を更新しました
 2019年9月10日 デザイン/カラーを更新しました
 2019年9月10日 新型iPhoneの発表、予約開始、発売日はいつ?を更新しました

発売されるモデルは?

発売されるモデルは?

2019年に発売される新型iPhoneは去年と同様、3モデル展開と噂されており、いずれも去年に発売したiPhone XS、XS Max、XRとデザインや外観の大きさに変更はないと言われています。

え、変わらないの!?と思った方も多いはず。ご安心を。
2019年新型iPhoneの最も大きな違いとしては、背面カメラがトリプルレンズカメラになると噂されています。

それでは気になる方も多いはずなので現状、噂されている3モデルの特徴をまとめてみました。

→9月発表の新型iPhoneの名称に新たな噂が浮上しています。その名称とは「iPhone Pro」。
噂はCoinX氏という方のツイートから浮上しているようです。発売されるであろう3つのモデルすべてに「Pro」がつくのか、またはいずれかのモデルにつくか詳細は不明ですが、 CoinX氏は去年発売した、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの名称を発表直前で当てているため、有力とも言われています。すでに「Mac Pro」や「iPad Pro」など「Pro」がつく製品があるため、次期iPhoneに「Pro」の名称がついてもおかしくないのかもしれませんね。(8/19 追記)

参考:9to5Mac

iPhone XSの後継機「iPhone 11 Pro」

名称はiPhone XI(iPhone 11)が有力とされています。iPhone XS同様で5.8インチの有機ELディスプレイを搭載しています。
外観の大きさもiPhone XSと変わりませんが、ノッチが縮小またフラットになる可能性があります。

背面カメラは大きく変わり、従来のデュアルレンズカメラから、トリプルレンズカメラになると言われています。
トリプルレンズカメラになると背面には正方形のユニットに3つのカメラが搭載されることになるので、見た目的にも大きな違いとなりますね。

→名称について「iPhone XI Pro (iPhone 11 Pro)」になる可能性があると言われています。8/19に「発売されるモデルは?」で追記しましたが、次期iPhoneについては有名なリーカーのツイートによって「Pro」がつく可能性があると言われていました。どこに「Pro」につくのか等詳細は不明でしたが、9月2日現在で「iPhone XI Pro (iPhone 11 Pro)」がリークや噂によって有力とされています。(9/2 追記)

→9/11 iPhone XSの後継機の名称は「iPhone 11 Pro」と「Apple Special Event」にて正式に発表されました。カラーラインナップは全4色。新色にミッドナイトグリーンが追加されました。(9/11 追記)

iPhone XS Maxの後継機「iPhone 11 Pro Max」

iPhone XS Maxの後継機の名称はiPhone XI Max(iPhone 11 Max)。
外観のサイズは変更なく、iPhone XS Max同様に背面カメラがトリプルレンズカメラに変更され、カメラの性能が大幅に向上する可能性があります。

しかし、新しい噂にトリプルレンズカメラはiPhone XI Maxだけに搭載されるとも言われています。
→名称について「iPhone XI Pro Max (iPhone 11 Pro Max)」が有力とされています。iPhone XSの後継機と同様にこちらも「XI(11)」の後に「Pro」がつくと言われています。(9/2 追記)

→9/11 iPhone XS Maxの後継機の名称は「iPhone 11 Pro Max」と「Apple Special Event」にて正式に発表されました。(9/11 追記)

iPhone XRの後継機「iPhone 11」

iPhoneXRの後継機の名称は、iPhone XR2になると噂されています。また背面カメラはシングルからデュアルレンズカメラに変更されると言われています。iPhone XSもデュアルレンズカメラのため、同様に望遠レンズと広角レンズが搭載されるのかもしれませんね。外観のサイズも大きくは変わりませんが、背面カメラがデュアルレンズカメラになった分厚さが若干変わる可能性があります。また、去年のiPhone XRといえば本体のカラーバリエーションが豊富なところが印象的でしたよね。iPhone XRの後継機についてもカラーバリエーションは豊富にあり、新色が追加されるともネット上でリーク、噂がされています。
→名称について「iPhone 11 (iPhone XR2)」になる可能性があると噂が浮上しています。2019年発表されるであろうiPhone XSとiPhone XS Maxの後継機には「Pro」がつくと有力とされていますが、iPhone XRの後継機に関しては、去年のiPhone XR同様に廉価版となる可能性があるため、iPhone 11(iPhone XI)もしくは「iPhone XR2」と予想され「Pro」がつかないと言われています。 iPhone XRはiPhone XSの廉価版として2018年に発売されましたが、やはりiPhone XRの後継機も同様に廉価版となるため「Pro」がつかないと予想されています。(9/2 追記)。

→9/11 「Apple Special Event」にて「iPhone 11」が発表されました。 カラーラインナップは6色あり、新色に「グリーン」と「パープル」が追加されました。(9/11 追記)

新型iPhoneの発表、予約開始、発売日はいつ?(8/30 追記)

2019年までに登場した歴代のiPhoneシリーズを発表した日、予約開始した日、そして発売した日という順にまとめると下記のようになります。

-発表日
発表日とは、Appleの新商品発表会が行われた日のことです。
iPhone 6s(アイフォンシックスエス):2015年9月9日(水曜)
iPhone 6s Plus(アイフォンシックスエスプラス):2015年9月9日(水曜)
iPhone SE(アイフォンエスイー):2016年3月21日(月曜)
iPhone 7(アイフォンセブン):2016年9月7日(水曜)
iPhone 7 Plus(アイフォンセブンプラス):2016年9月7日(水曜)
iPhone X(アイフォンテン):2017年9月12日(火曜)
iPhone 8(アイフォンエイト):2017年9月12日(火曜)
iPhone 8 Plus(アイフォンエイトプラス):2017年9月12日(火曜)
iPhone XS(アイフォンテンエス):2018年9月12日(水曜)
iPhone XS Max(アイフォンテンエスマックス):2018年9月12日(水曜)
iPhone XR(アイフォンテンアール):2018年9月12日(水曜)

-予約日
予約日とは、ソフトバンク・au・ドコモなどの各キャリアや家電量販店で予約が開始された日時のことです。
iPhone 6s(アイフォンシックスエス):2015年9月12日(土曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone 6s Plus(アイフォンシックスエスプラス):2015年9月12日(土曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone SE(アイフォンエスイー):2016年3月24日(木曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone 7(アイフォンセブン):2016年9月9日(金曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone 7 Plus(アイフォンセブンプラス):2016年9月9日(金曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone X(アイフォンテン):2017年10月27日(金曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone 8(アイフォンエイト):2017年9月15日(金曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone 8 Plus(アイフォンエイトプラス):2017年9月15日(金曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone XS(アイフォンテンエス):2018年9月14日(金曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone XS Max(アイフォンテンエスプラス):2018年9月14日(金曜) 午後4時01分(日本時間)
iPhone XR(アイフォンテンアール):2018年10月19日(金曜) 午後4時01分(日本時間)

-発売日
発売日とはiPhoneを受け取れる日付のことです。
iPhone 6s(アイフォンシックスエス):2015年9月25日(金曜)
iPhone 6s Plus(アイフォンシックスエスプラス):2015年9月25日(金曜)
iPhone SE(アイフォンエスイー):2016年3月31日(木曜)
iPhone 7(アイフォンセブン):2016年9月25日(日曜)
iPhone 7 Plus(アイフォンセブンプラス):2016年9月25日(日曜)
iPhone X(アイフォンテン):2017年11月3日(金曜)
iPhone 8(アイフォンエイト):2017年9月22日(金曜)
iPhone 8 Plus(アイフォンエイトプラス):2017年9月22日(金曜)
iPhone XS(アイフォンテンエス):2018年9月21日(金曜)
iPhone XS Max(アイフォンテンエスプラス):2018年9月21日(金曜)
iPhone XR(アイフォンテンアール):2018年10月26日(金曜)

曜日別に考察すると、発表した日つまりApple新商品発表会は水曜日が多く、日本での予約開始日は金曜が多く、発売日は金曜が多い傾向にあることが読み取れます。

新型iPhoneの正式リリースは、毎年9月に行われる新製品発表会Apple Special Event(アップルスペシャルイベント)にて発表されます。開催場所については、例年米国カリフォルニア州クパチーノにあるApple本社で開催されています。2019年9月に発表される新iPhoneも例年通り同場所で発表されると思われます。

Apple本社はアメリカ合衆国西部に位置する為、新製品発表会が開催される時間も日本とは真逆です。現地時間の午前10時から始まることが通例なので、日本時間だと午前2時。日本では深夜ということもあり、眠い目をこすりながらApple Special Eventページでライブ配信される中継をリアルタイムで見るというAppleファンも多いでしょう。毎年、日本のテック系メディアでは新製品発表会を見ながら翻訳するといった生放送をしているところもあります。リアルタイムで視聴できない場合でも、発表会後のオンデマンド配信やTwitterで確認するなど様々に新型iPhone発表を楽しむ方法があるのでチェックしてみてくださいね。

(2019/8/30更新)
Appleの新商品発表会は日本時間2019年9月11日(水曜)午前2時、現地時間9月10日(火曜)午前10時より、カリフォルニア州Apple本社のSteve Jobs Theater(スティーブ・ジョブズシアター)にて開催されると発表がありました。

→Appleの公式サイトによると「iPhone 11」、「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」は9月13日(金)21時から予約注文開始、9月20日(金)発売となってます。去年はiPhone XRのみ遅れて発売されましたが、今年の3モデルは同時発売のようです。(9/11 追記)

新型iPhoneはどこで買える?

Apple Storeはもちろん、携帯キャリアのショップ、家電量販店の店頭で予約、購入ができるでしょう。
忙しくて店鋪での予約が難しい場合はApple Storeまたは各携帯キャリアのオンラインショップから予約もできます。
オンラインなら自宅での受け取りも可能なので、店鋪に足を運ぶ手間が省けるのがメリットですね。

携帯キャリアのオンラインショップ
docomo Online Shop
au Online Shop
SoftBank Onlineshop

新型iPhoneの違いは?なにが変わる?

デザイン、カラー(8/27 追記)

デザインに関しては変更はないと予想されています。
カラーは、iPhone XI/XI Maxは従来のカラーで黒、白、金の3色の展開で新色の噂は現在のところありません。

なお、iPhone XRの後継機にはラベンダー色と緑色が追加される可能性があるそうです。

来月発表の新型iPhoneの背面に関して、表面につや消し(マット)の加工がされる可能性があると噂が浮上しています。
iPhone 8以降の背面はガラス素材となりました。見た目のキレイさや高級感があり気に入っている方もいる反面、傷や指紋等の油汚れが目立ち、気になって悩んでいる方も多いのではないでしょうか。つや消し(マット)加工が施されると傷もつきづらく、汚れも目立ちにくいというメリットがあります。もし、つや消し加工(マット)が施された場合は、傷や油汚れといった悩みが軽減される可能性がありますね。

デメリットは、つや消し加工(マット)だと落下防止リング等の端末に直接貼るタイプのアクセサリーが剥がれやすくなる可能性があります。もし、つや消し加工(マット)加工が施され、落下防止リングを端末に直接貼りつけようと考えていた際には注意したほうがいいかもしれません。そのときは、背面がつるつるしたハードタイプのケースを装着して落下防止リングを貼り付けることをおすすめいたします。

→ついに新型iPhoneがAppleのイベントにて発表されました。3モデルのカラバリは以下のとおりです。

iPhone 11:レッド・ブラック・イエロー・ホワイト・パープル(New)・グリーン(New)
iPhone 11 Pro / 11 Pro Max:スペースグレー・シルバー・ゴールド・ミッドナイトグリーン(New)

iPhone 11の新色は噂通りでしたが、iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxの新色「ミッドナイトグリーン」には驚いた方も多いのではないでしょうか。早く実機を見てみたいですね。(9/11 追記)

参考:MacRumors

サイズ

発売されるであろう3モデルはいずれも、2018年に発売したiPhone XS/XS Max/XRとほぼ同じサイズと予想されています。
しかし、背面カメラの変更によりカメラを含めた厚さが増す可能性があります。

ディスプレイ(8/28 追記)

ディスプレイ

発売される3モデルの各ディスプレイに関しては、現状変更点はなく2018年発売モデルと同様になるだろうと言われています。 2019年新型iPhoneの各モデルのディスプレイは以下が予想されています。

iPhone 11 Pro → 5.8インチ、有機ELディスプレイ
iPhone 11 Pro Max → 6.5インチ、有機ELディスプレイ
iPhone XR2(iPhone 11) → 6.1インチ、液晶画面

現状でている噂では、採用されるディスプレイや大きさは現行モデルと変わらないのが有力です。また、ホームボタンに関しても去年のモデルと同様ないとされています。 また、iPhone Xから採用されたディスプレイ画面上部にあるノッチ(切り欠き)部分に関しての噂もでています。2019年の新型iPhoneは去年に引き続き、ノッチありが有力とされています。しかしながら、2018年モデルよりも縮小されると言う噂も。ディスプレイの大きさは変わらないけど、ノッチの大きさが変わることによって現在発売されているiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの液晶保護フィルムの併用はできない可能性がでてきます。新型iPhoneに買い替えを検討している方は、選ぶ際に注意しましょう。

まだ先ですが、来年2020年の新型iPhoneについて、ノッチはなくなり、フラットになると言う噂がすでに出ています。やはりノッチに関しては見た目が気になる方も多くいるようでこの噂を受けて期待の声も高まっています。Android端末からはノッチなしの機種が発売されているので、ノッチがなくなると見た目がスッキリして嬉しいと思う方は多いのではないでしょうか。

カメラ(9/5 追記)

カメラ

2019年新型iPhoneの目玉といえば、背面カメラ。iPhone 11 Pro/11 Pro Maxの2モデルの背面に「トリプルカメラ」が搭載されると言われています。去年発売されたiPhone XS、iPhone XS Maxは「デュアルカメラ」が搭載されていたので、カメラが1つ増えることになります。
トリプルカメラのデザインや位置については、ネットやTwitterで検索すると多くの画像が見受けられます。リーク画像なのか、合成画像なのかは定かではありませんが、多くの画像をみると大きな四角いユニットにトリプルカメラが搭載されており、
カメラ位置が三角形に配置されている点が共通しています。背面カメラについてはネットで出回っている噂がとても濃厚とされていますが、新型iPhoneの発表会までどうなるかわからないので当日を楽しみに待ちましょう。

性能については、単純にカメラが一つ増えるのでカメラ性能は大きく向上すると予想されています。iPhone XS、iPhone XS Maxのデュアルカメラには「広角」と「望遠」の2種類のカメラが搭載されていました。次期iPhoneのトリプルカメラには既存の2種類に加えて、「超広角レンズ」が搭載され、トリプルカメラになると言われています。また、トリプルカメラになることで、以下の機能が向上すると言われています。

・より広角になり、広い範囲を撮影できる
・ズーム時の画質が落ちない
・ポートレート機能の向上
・ピントを合わせるスピードが上がる
・撮影時、ブレにくくなる

「超広角レンズ」の搭載によって「Smart Frame (スマートフレーム)」と呼ばれる新しい機能が追加されると予想されています。「Smart Frame (スマートフレーム)」 とは、写真撮影時にフレームに収まらない部分も自動で撮影し、撮影後に自由に切り取りや収まらなかった部分を入れて編集ができる機能です。写真撮ってみたけど、もう少しココが収まっていればもっとよかったなぁって時に役立ちそうですね。

iPhone 11 (iPhone XR2)に関しては、「デュアルカメラ」が搭載されてると噂されています。2018年発売のiPhone XRは、カメラが1つのシングルカメラが搭載されていましたが、iPhone XRの後継機にもカメラが1つ増えると言われています。追加されるのは「望遠レンズ」と予想されています。iPhone XRに搭載されている「広角レンズ」に加えて、「望遠レンズ」の2種類が搭載されるのでカメラのスペックとしては、現行のiPhone XSと同様になる可能性があり、純粋にカメラ性能の向上が期待できます。デザインとしては、四角い大きなユニットはiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxと同様で、カメラが縦に2つ並ぶと言われています。

次期iPhoneはいずれのモデルもカメラの性能が大きく向上されると言われているので、写真や動画をよく撮影する方には嬉しい情報ですね。

3D Touch(8/27 追記)

3D Touchは今後廃止されると噂されています。2019年に発売される3つのモデルについても、3D Touchは搭載されない可能性があると言われています。3D TouchはiPhone 6s / 6s Plusの端末で初めて搭載がされた機能です。ディスプレイを「強く押し込む」ことでLINEなどのアプリで特定の機能をショートカットすることができたため、活用していた方も多いはず。

しかし、2018年発売のiPhone XRに3D Touchは搭載されませんでした。代わりに「Haptic Touch」という新しい機能が搭載されました。「Haptic Touch」は「長押し」することで作動する機能です。主な使われ方として、キーボードの「空白」を「長押し」するとカーソル移動ができます。文章で直したい箇所を押そうとすると、ずれたり、意図していない箇所にカーソルがいってイライラした経験があるかと思います。「Haptic Touch」を使えば、カーソル移動が簡単にできるので、直したい文字にすぐにカーソルを合わせて消したり、直したりできる便利な機能です。

現状ではまだ噂ですが今後3D Touchは完全に廃止され、「Haptic Touch」が主流になる可能性があるとも言われています。次期iPhoneについても「Haptic Touch」が搭載されるかもしれませんね。

参考:9to5Mac

Apple Pencil対応(8/6 追記)

アメリカにあるシティグループの調査部門Citi Researchが2019年のiPhoneにはApple Pencilのサポートが導入される可能性があると発表しました。
これにより2019年の新型iPhoneは既存のApple Pencilが対応、または新型iPhone用のスタイラスペンが同時に発売されるのではないかと言われています。

Apple PencilのiPhone対応については去年発売されたiPhone XSとiPhone XS Maxに対応するのではないかと噂されておりましたが、実際には対応はしませんでした。

9to5Macでは去年の調査で「iPhoneでApple Pencil」を使いたいかというアンケートを行ったところ、51%の人が「はい」または「多分」であったと発表しています。

現状ではサポートが導入されるかもしれないということなので、操作性や機能性については不明ですが、もしApple PencilがiPhoneに対応したら、ゲームやデザインだけでなく、ビジネスシーンでも活用が期待できそうですね。
また、すでにApple PencilをiPad用でお持ちの方だったら、使える幅が増えるので、新型iPhoneに買い替えの検討をする方も増えそうですね。

参考:9to5Mac

USB Type-C(USB-C)端子(8/7 追記)

2019年の新型iPhoneは、現行のLightning端子からUSB Type-C(USB-C)端子に変更がされるという噂があります。変更の噂はiPhone X発売の頃より浮上していましたが、2018年に発売されたiPad ProではUSB Type-C(USB-C)端子がついに採用されました。そのため次期iPhoneに関しても同様にUSB Type-C(USB-C)端子に変更されるのではないかと言われているようです。

また、iOS 13のベータ版をインストールしたiPhoneの画面にMacへ接続する際の画面表示がUSB Type-C(USB-C)端子に変わっているとTwitterで画像とともにツイートされています。これを見てUSB Type-C(USB-C)端子への変更が濃厚ではないかという意見もあります。

しかし、ベータ版の画像のため今後変更がされ、現行のLightning端子のままの可能性もあるとも言われています。

参考:Macworld

FaceID/TouchID(8/17 追記)

去年同様に次期iPhoneにはFaceIDのみが搭載されると予想されています。 TouchIDに関しては、画面の中にToucIDが埋め込まれ、どこの画面に触れても指紋認証が可能になるという噂がありました。

今年のiPhoneには搭載されないようですが、指紋認証のできるToucIDは2020年の新型iPhoneから搭載されると伝えられていました。しかし、さらに1年延長となったそうです。 つまり、2021年の新型iPhoneに指紋認証可能なTouchIDが復活すると言われています。

参考:Forbes JAPAN

ワイヤレス充電(Qi)(8/27 追記)

ワイヤレス充電(Qi)

2017年に登場したiPhone XやiPhone 8シリーズ以降、2018年発売のiPhone XSシリーズやiPhone XRでも継続して採用されているのがワイヤレス充電機能。ワイヤレス充電規格を策定しているWPC(ワイヤレスパワーコンソーシアム)の国際標準規格『Qi(チー)規格』に対応したことで、Qi対応ワイヤレス充電パッドに置くだけで無接点充電ができる手軽さから人気の機能となっています。

ワイヤレス充電機能は、2019年の新型iPhoneでも引き続いて搭載が確実視されていますが、さらに双方向ワイヤレス充電が実装される可能性も浮上しています。Samsung製スマホGalaxyS10、HUAWEI製スマホHUAWEI P30 Proなどの一部Androidスマートフォンではすでに実装されている双方向ワイヤレス充電機能とは、その名の通り、双方向つまり対応する他のデバイスへワイヤレス給電を可能にする技術。例えば、iPhoneの上にワイヤレス充電対応の第2世代AirPods(エアーポッズ)を乗せることでAirPodsが充電できるといったことも可能になります。iPhone内のバッテリーをシェアできる双方向ワイヤレス充電が実装されれば、歴代のiPhoneシリーズ初となりワクワクしますね。

新型iPhoneのケースがすでに発売?

ネットでは次期iPhoneケースについての噂もでています。検索するとiPhone XIとiPhone XI Maxのケースのサンプルらしきものの写真が出回っています。また、Amazonでは今年発売される新型iPhoneの専用ケースがすでに出品、販売がされています。

専用ケースをみると一番の特徴はやはり背面のカメラ穴部分ですね。正方形に大きくカメラ穴がくり抜かれているのが印象的です。すでにケースを発売されているということは、やはり次期iPhoneの背面カメラはトリプルレンズカメラで確定なのかもしれませんね。9月に近づくにつれ、Amazonだけでなく、楽天市場やYahooショピングなどのショッピングサイトでの販売やスマホケースを出している各メーカー等からも新型iPhone用ケースの発表が増えているので、気になる方は検索して見てみましょう。

噂どおり、次期iPhoneがトリプルレンズカメラになれば、去年発売したiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR用ケースへの併用は難しいと言わています。トリプルレンズカメラは背面の大きな正方形のユニットに搭載されています。正方形のユニットにより当然サイズは大きくなり、またカメラレンズが増えたことにより既存のケースではカメラ穴が収まらないのは予想できますよね。
その他にも過去のモデルと比べてカメラの位置や、ボタンの位置が若干異なる場合があります。バンパーケース等含め、素材や構造によっては既存のケースでは対応しない場合が想定されます。買い替えを検討している方は、新型iPhone専用のケースを選ぶことをおすすめします。

また、ケースや液晶画面フィルムといえばAppBank Store!当店でも新型iPhoneのケースや液晶保護フィルムを販売する予定です。次期iPhoneは去年のモデル同様ディスプレイも背面もガラス素材のため、落とした際には割れやすい傾向があります。新しく買った大切なiPhoneだからこそ傷や衝撃、汚れからしっかり守りたいとケース選びにこだわりたいと思っている方も多いと思うので、ぜひ、AppBank Storeも随時チェックをお願いします!

チップは新型のプロセッサA13 Bionicとしてスペックアップする!?

現行で一番新しい端末であるiPhone XS/XS MaxやiPhone XRでは、最新A12 Bionicプロセッサが搭載されています。Apple独自のプロセッサであるAシリーズは、ノートPCの同等かそれ以上のCPU・GPU性能を持つパワフルなスペックです。高速処理能力と省電力による長い電池持ちを可能とし、写真やゲームだけでなく拡張現実(AR)を使用するアプリなどでサクサクかつヌルヌルとした動きを実現してくれます。順当にいくと、2019年に登場するiPhoneに搭載されるであろうチップは、「A13 Bionic」となりそうですね。

年々性能が向上するAシリーズのプロセッサですが、CPU性能の伸びは比較的落ち着いている一方で、グラフィック性能に寄与する画像描写の計算処理能力であるGPUはさらに向上すると予想されています。というのも、2019年の次期iPhoneではトリプルカメラ搭載が濃厚と言われる中で、写真や動画、さらにVRやAR技術に対応したアプリケーションとの連携強化・機能強化が推測され、さらなるGPU能力をもって異次元のユーザ体験を実現するのではと期待できるのです。

2019年のiPhoneは5G対応する?

近年、ニュース等で報じられている「5G」。ファイブジーやゴジーなんて呼ばれ、ここのところ良く耳にしますが、今より通信速度が上がるんでしょ?と漠然と捉えている人も多いハズ。まず「5G」とはそもそも何なのかという点に触れたいと思います。「5G」とは、5th Generationの略で、第5世代移動通信システムのことです。みなさんがスマホで使っている「4G」の次の通信規格と言えば分かりやすいかもしれません。

移動通信システムの歴史をさかのぼると、1980年代に始まった携帯電話がアナログ方式の「1G」、1990年代は0と1のデジタルデータへ変換するデジタル方式である「2G」が開始となり音声だけでなくメールなどのデータ通信が可能となりました。そして1999年にNTTドコモの「iモード」、DDIセルラー(現KDDI)の「EZweb」がリリースされ一気に普及していきました。2001年にいよいよ国際標準として制定された「3G」が開始となり、2008年にソフトバンクからiPhoneが発売されたのです。ソフトバンクショップに行列をなしてiPhone 3Gを手に入れようとする人たちが出るなど、当時相当な盛り上がりをみせたのは記憶に新しいところです。iPhoneの提供開始は、ソフトバンクが日本を代表する携帯キャリアとしての地位を確立したきっかけにもなった出来事でしたね。その後も技術革新は進み、2012年にはみなさんも馴染みがあるであろう「4G」が始まり、YouTubeなどの動画サービスが普及していきました。

そして令和元年は5G時代の始まり、5G元年とも言われています。「5G」によって、高速大容量通信、信頼・低遅延、多数同時接続といったことが実現されます。単にスマホの通信スピードが早くなるということではなく、私たちのライフスタイルを一変するだけのイノベーションが起きる可能性を秘めているのです。エンタメ、医療(介護)、インフラなど生きていく上でのあらゆる場面で活用が見込まれています。詳しく説明すると長くなるので割愛しますが、分かりやすいところで言うと自動運転車などがその代表例でしょう。

そんな「5G」ですが、日本の各携帯キャリアは2020年から提供開始されると言われており、5G基地局の建設が進められているようです。しかしながら、スマホ側の端末が「5G」に対応していなければ、その恩恵を受けることができません。故に2019年に登場する新iPhoneへの対応有無が注目されるところですが、大方の予想だと非搭載となる見込みです。アナリストや大手テック系メディアでは2020年に登場するiPhoneから5Gにサポートすると予測されているようです。iPhone発表まで断定はできませんが、2019年の新型iPhoneで5Gに非対応が濃厚のようですね。

防水防塵性能はどの程度になる?

防水防塵性能はどの程度になる

スマホを選ぶ上で気にする人が多い性能の一つは防水性能ですよね。2019年の新型iPhoneではどうなるのか、現行モデルの防水防塵機能をおさらいしつつ考察してみたいと思います。
2018年に発売された現在までの最新モデル3機種の防水防塵規格は、iPhone XS/iPhone XS MaxでIP68、iPhone XRでIP67となっています。この『IP』とはInternational Protectionの略で、国際電気標準会議で2003年に制定された防水防塵性能を表す規格のことです。具体的に説明すると、iPhone XSの場合は数字の『6』の部分が防塵性能、『8』の部分が防水性能を表しています。防塵性能はランクが0~6、防水性能はランクが0~8なので、IP68等級であるiPhone XSは最高スペックの防水防塵スペックという訳です。

数字でランク付けされているそれぞれの性能は下記の通りです。

防塵等級
0:保護なし
1:直径50mm以上の固形物体が内部に侵入しない
2:直径12mm以上の固形物が内部に侵入しない
3:直径or厚さが2.5mm以上の工具やワイヤなどの固形物体が内部に侵入しない
4:直径or厚さが1.0mmを超えるワイヤや鋼帯などの固形物体の先端が内部に侵入しない
5:有害な影響が発生するほどの粉塵が内部に侵入しない
6:粉塵が内部に侵入しない

防水等級
0:保護なし
1:鉛直から落下する水滴による有害な影響がない
2:鉛直から15度の範囲で落下する水滴による有害な影響がない
3:鉛直から60度の範囲で落下する水滴による有害な影響がない
4:いかなる方向からの水の飛まつによる有害な影響がない
5:いかなる方向からの水の直接噴流による有害な影響がない
6:いかなる方向からの強い噴流水による有害な影響がない
7:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない
8:継続的に水没しても内部に浸水することがない

防水性能に着目すると、防水等級が8級ともなれば「完全防水」と言われ水ポチャしても安心な、非常に水に強い性能であると言えます。精密機器でもあるスマホやタブレット等のガジェットを選ぶ時には、防水機能の有無はポイントにもなりますよね。これから新登場するiPhoneの端末では現行の防水防塵性能を下回る機種を発売するということは考えにくく、今回登場する新型iPhoneでも防水防塵性能は踏襲されるのではと思われます。最近では防汗構造のモバイルガジェットも登場しているので、個人的には塩分を含んだ汗にも耐性をもってくれると嬉しいなと思います。

歴代iPhoneスペック・価格比較表

歴代のiPhoneシリーズのサイズや容量、チップ等々の大まかなスペックをまとめてみました。これまでの歴史を振り返ると、新型iPhoneが登場すると過去発売されたiPhoneの値段が値引きされる傾向にあります。iPhone11と噂されている2019年登場予定のiPhoneの価格も気になるところですが、安くなった既存iPhoneの購入を検討している人は、選ぶ時の比較対象として参考にしてくださいね。

サイズ ホームボタン イヤホンジャック 容量 チップ(CPU) セキュア認証 防水性能 ApplePay Qiワイヤレス充電 背面カメラ
iPhone XR 6.1インチ 64GB/128GB/256GB A12 Bionic Face ID IP67 対応 対応 シングル
iPhone XS 5.8インチ 64GB/256GB/512GB A12 Bionic Face ID IP68 対応 対応 デュアル
iPhone XS Max 6.5インチ 64GB/256GB/512GB A12 Bionic Face ID IP68 対応 対応 デュアル
iPhone X 5.8インチ 64GB/256GB A11 Bionic Face ID IP67 対応 対応 デュアル
iPhone 8 Plus 5.5インチ 64GB/256GB A11 Bionic Touch ID IP67 対応 対応 シングル
iPhone 8 4.7インチ 64GB/256GB A11 Bionic Touch ID IP67 対応 対応 シングル
iPhone 7 Plus 5.5インチ 32GB/128GB A10 Fusion Touch ID IP67 対応 非対応 シングル
iPhone 7 4.7インチ 32GB/128GB A10 Fusion Touch ID IP67 対応 非対応 シングル
iPhone 6s Plus 5.5インチ 32GB/128GB A9 Touch ID 非対応 非対応 シングル
iPhone 6s 4.7インチ 32GB/128GB A9 Touch ID 非対応 非対応 シングル
iPhone SE 4インチ 32GB/128GB A9 Touch ID 非対応 非対応 シングル

現状、新型iPhoneの価格についての噂はありません。例年のパターンを見ると価格はやはり少しずつ高騰しているので、新型iPhoneについても去年より少し価格が高くなる可能性が考えらます。 現行のモデルは下記の通りとなっており、価格はSIMフリー版の価格となっています。

機種/容量 32GB 64GB 128GB 256GB 512GB
iPhone XR - ¥84,800 ¥90,800 ¥101,800 -
iPhone XS - ¥112,800 - ¥129,800 ¥152,800
iPhone XS Max - ¥124,800 - ¥141,800 ¥164,800
iPhone 8 Plus - ¥78,800 - ¥95,800 -
iPhone 8 - ¥68,000 - ¥91,584 -
iPhone 7 Plus ¥64,800 - ¥75,800 - -
iPhone 7 ¥50,800 - ¥61,800 - -

ライターからひとこと

新型iPhoneの発表は年に1回のイベントなので、楽しみにしている方も多いはずです。
様々な噂や話題があり、今回この記事でまとめましたがいかがでしたでしょうか。

新型iPhoneに買い換えようかなと検討している方には気になる情報ばかりですよね。
新型iPhoneの発表まで残り僅か。
発表までの間にでた噂や情報を随時更新していくので、引き続きご確認をお願いします。

また、新型iPhoneを購入した際にはケースやフィルムはぜひ当店でお買い求めくださいね。

発売までに届くおすすめケース・フィルムはこちら!

新商品ぞくぞく追加中!
数百種類の中からお気に入りのiPhoneケースをお選びください


iPhone11ケース一覧
iPhone11 Proケース一覧
iPhone11 Pro Maxケース一覧

この記事が役に立ったら
シェア!しよう

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア