最新機種/新型iPhone 14の発表・発売日はいつ?色(カラー)・デザイン・価格(値段)・カメラ・ケースの互換性などの噂・予想【2022年最新】

64,548

引用元 Apple公式サイト

毎年、秋頃に発売されるAppleの新型iPhoneシリーズ。日本時間の2022年9月8日午前2時から開催されるアップルスペシャルイベント「Far Out.(超えよう。)」でリリースされる可能性が高いです。

この時期を楽しみに待っている人も多いのではないでしょうか?

ここでは、iPhone14にまつわる発表前の現時点で出回っている噂をまとめました。Appleからの公式発表ではないので、あくまで予測になりますが、購入を検討している方はチェックしてみてくださいね!

[2022年9月8日更新]2022年9月8日未明に米アップルからついにiPhone14シリーズが発表されました。以下に確定情報を追記しましたので、ご覧ください。

Appleからスペシャルオンラインイベント「Far Out.(超えよう。)」が2022年9月7日水曜(日本時間2022年9月8日木曜午前2時)に開催がされ、新型iPhone14シリーズの下記4機種がお披露目されました。

・iPhone14 (6.1インチ)
・iPhone14 Pro (6.1インチ)
・iPhone14 Plus (6.7インチ)
・iPhone14 Pro Max (6.7インチ)

かねてから廃止の噂のあったminiモデルは残念ながら姿を消すこととなり、代わりにiPhone14 Plus(6.7インチ)が登場しました。

日本での予約開始日は9月9日(金)21時~で、発売日はPhone14、Phone14 Pro、iPhone14 Pro Maxが9月16日(金)、iPhone14 Plusのみ10月7日(金)となります。

以下では、今回の発表会でリリースをされたポイントを簡単に追記していきます。

■新型iPhone 14「価格・値段」

新型iPhone14シリーズの価格は下記の通りです。

容量 iPhone 14 iPhone Plus iPhone 14 Pro iPhone 14 Pro Max
128GB 119,800 134,800 149,800 164,800
256GB 134,800 149,800 164,800 179,800
512GB 164,800 179,800 194,800 209,800
1TB - - 224,800 239,800
最も安い価格がiPhone 14の128GBモデルで119,800円。円安の影響もあり、最安値で110,000円をオーバーになり、最も高い価格がiPhone14 Pro Maxの1TBで239,800円となりました。 最安値が100,000円を超えるのは、初めてのことなので、インパクトのある値段ですね。 [2022年9月8日追記]  

最安値が100,000円を超えるのは、初めてのことなので、インパクトのある値段ですね。

■新型iPhone 14「色・カラーバリエーション」

iPhone 14、14 Plusにはパープル、iPhone 14 Pro、Pro Maxにはディープパープルが新色として加わりました。

iPhone 14、iPhone14 Plusは、ブルー、パープル、ミッドナイト、スターライト、Product(RED)の5色。iPhone 14 Pro、iPhonePro Maxは、ディープパープル、ゴールド、シルバー、スペースブラックの4色。

■新型iPhone 14「デザイン」

-筐体の素材
iPhone 13シリーズから継続する形でベースモデルにはアルミニウム、Proモデルにはステンレスと変更がありません。

-ノッチ
iPhone 14 Pro、14Pro MAXでは、ノッチが廃止をされて横長のパンチホールに変更。「Dynamic Island」という新機能が搭載したことで、アプリの通知やアクションによって情報を効果的に変化する新しい仕組みが取り入れられます。

-背面パネル
背面パネルがフルフラットになる噂もありましたが、カメラレンズの出っ張りはほぼ変わらず、カメラ性能の向上によって僅かながらサイズアップしています。

■新型iPhone 14「カメラ」

iPhone 14 Pro、14Pro MAXは4,800万画素となり、8年ぶりにメインカメラの画素数が向上し、さらには、8K動画の撮影も可能。

また、全モデル共通で、動画の撮影時に手ブレを抑えられる「アクションモード」などが新しく搭載がされ、全体的に大幅なアップグレードとなります。

■新型iPhone 14「指紋認証(Touch ID)」

一部では指紋認証復活の期待の声がありましたが、Face IDから変更がありませんでした。

■新型iPhone 14「USB-C」

今年もUSB-Cへの変更が期待されていましたが、引き続きLightning端子と変更がありませんでした。

-チップ
iPhone 14 Pro、14Pro MAXのProモデルのみ最新のA16 Bionic搭載がされ、iPhone 14、iPhone14 PlusのベースモデルはiPhone 13 Proと同じA15 Bionicが搭載となります。例年は最新機種には全モデル更新がされてきましたが、初めてモデルによって分けれる結果となりました。

-リフレッシュノート
ProMotionテクノロジーが採用されるiPhone 14 Pro、14Pro MAXのプロモデルは最大120Hzのリフレッシュノートに対応。iPhone 14、iPhone14 Plusのベースモデルはリフレッシュレートは60Hzとなります。

-常時点灯ディスプレイ
iPhone 14 Pro、14Pro MAXのProモデルのみ対応。

新型iPhone14「発売日」の噂。いつ発売?

出典元:Macrumors

Appleは例年9月の上旬から中旬にかけて新型iPhoneの発表がされて、予約・発売という流れが一般的です。
そのことから、よほどのことがない限り、発表・発売は9月に行われることが濃厚で、
仮に昨年のアイフォン13シリーズと同様の日程で想定をするならば、発表が9月13日(火)、予約開始日が16日(金)、発売日が23日(金)が可能性としては高そうです。

しかし、今年は世界的に半導体不足が深刻な問題となっており、10月以降に延期される可能性もゼロではありません。

出典元:Mark Gurman

発表日、発売日に関して、新たなリーク情報が出てきました。
発表日:9月7日(水)、発売日:9月16日(金)で準備を進めているとBloombergのMark Gurman(マーク・ガーマン)氏が報じています。[2022年8月19日追記]

アップルスペシャルイベント「超えよう。」
    

Appleより8月25日に正式発表があり、2022年9月7日水曜(日本時間2022年9月8日木曜午前2時)からスペシャルオンラインイベント「Far Out.(超えよう。)」を開催することが明らかになりました。Steve Jobs Theaterにて開催され、全世界へライブ配信されます。[2022年8月25日追記]     

新型iPhone 14「ラインナップ」の噂。miniは出ない?廃止?

出典元:9TechEleven

iPhone14は以下のラインナップが予想されています。

・iPhone14 (6.1インチ)
・iPhone14 Pro (6.1インチ)
・iPhone14 Max(6.7インチ)
・iPhone14 Pro Max (6.7インチ)

現行のiPhone 13シリーズのラインナップは、iPhone 13 mini(5.4インチ)、iPhone 13(6.1インチ)、iPhone 13 Pro(6.1インチ)、iPhone 13 Pro Max(6.7インチ)の4種類。
iPhone 14シリーズでは同じく4つのラインナップは変わらなそうですが、miniが廃止されて、代わりに6.7インチの14 Maxが追加される説が有力なようです。
リーク情報の通りであれば、サイズ感は6.1インチと6.7インチの2種類で、ベースモデルとProモデルそれぞれ2種類の4つのラインナップになりそうです。

ストレージ容量は、128GB・256GB・512GB・1TBの4種類になるといわれています。
iPhone 13シリーズから最低容量が128GB~に変更されており、その流れが継続されそうです。
また、一部では2TBもの大容量ストレージも追加される可能性もあるみたいですが、五分五分といったところでしょう。

新型iPhone 14「価格・値段」の予想。円安の影響は?待つべきか?

新型iPhone 14シリーズの価格はiPhone 13シリーズとドル価格では、同価格帯になると予想がされています。
直近の急激な円安の進行により、今年の7月にAppleの主要製品が値上げをされたのは記憶に新しいところで、
あくまでも日本価格でみると値上げ後の価格と同水準となりますので、実質的には値上げといった形になりそうですね。

iPhone 13シリーズの値上げ後の値段は下記のとおりです。

容量 iPhone 13 mini iPhone 13 iPhone 13 Pro iPhone 13 Pro Max
128GB \99,800 \117,800 \144,800 \159,800
256GB \114,800 \132,800 \159,800 \174,800
512GB \144,800 \162,800 \189,800 \204,800
1TB - - \219,800 \234,800
miniがでないようだと、14シリーズでは全モデルで10万円オーバーとなりそうです。

新型iPhone 14「デザイン」の噂

筐体の素材

出典元:MacRumors

iPhone 13シリーズの筐体は、ベースモデルにはアルミニウム、Proモデルにはステンレスが使われていますが、
新型iPhone 14シリーズのPro(プロ)モデルではチタン素材に変更になる可能性もあるようです。

ノッチ

出典元:AppleInsider 

新型iPhone 14ではディスプレイ上部にあるノッチの廃止やノッチからパンチホールへの移行の可能性があるとの噂がされています。
GalaxyなどのAndroidスマートフォンの多くがパンチホール搭載ディスプレイを採用しており、ノッチよりもディスプレイの表示エリアを広く確保できるといった特徴があります。
もし実現した場合には、6.7インチと画面サイズの大きい、iPhone14 Max(マックス)、iPhone14 Pro Max (プロマックス)を中心にバッテリー残量の%表示が復活する可能性もあるようです。

背面パネル

出典元:Weibo

また、一部ではカメラを含む背面パネルがフルフラットになり、見た目が大幅に刷新されるという噂もありましたが、こちらは情報が出回っているモックや金型を見ると最新機種のiPhone 13シリーズ同様にカメラレンズの出っ張りが確認されるので、外観の大幅な見た目の変更はないと予想されます。

新型iPhone 14「互換性」の噂 

新型iPhone 14シリーズとiPhone 13シリーズはケースの互換性はなさそうです。
たとえサイズ感が同じであったとしても、ケースの併用ができるかは新作筐体の横幅や厚さ等が関わってきます。
新型iPhone 14でも同様にケースの使い回しはできないと想定していたほうが良いでしょう。

新型iPhone 14「色・カラーバリエーション」の噂

出典元:MacRumors

iPhone 13シリーズで発売されているカラーを中心にリリースされそうです。
それに加えて、毎年のように登場する新色としてオレンジやパープルが出る説もあるようですが、信ぴょう性の高い情報は多くありません。
色については多くの情報が出回るため、予想が難しいのが実情です。

カラーバリエーションについては、毎年情報が錯綜していますが、リーク情報を一度整理をしてみます。 現状、予想されているのは以下のラインナップです。

iPhone14とiPhone14Maxのカラーバリエーション
出典元:Ian Zelbo

ノーマルの標準モデルであるiPhone14とiPhone14Max(iPhone14Plus)は、レッド、スターライト(ホワイト)、ミッドナイト(ブラック)、ブルー、パープル、グリーンの6色。

iPhone14ProとiPhone14ProMaxのカラーバリエーション
出典元:Ian Zelbo

ハイエンドなProモデルであるiPhone14ProとiPhone14ProMaxは、グラファイト、ゴールド、シルバー、グリーン、パープルの5色。

新型iPhone14シリーズでは、新色としてパープルがラインナップとして加わりそうです。[2022年9月1日追記]

新型iPhone 14「カメラ」の噂

出典元:Ming-Chi Kuo

メインカメラについては、2022年以降ベースモデルとプロモデルで大きな差が出そうです。
スタンダードモデルのメインカメラは、変わらずに1200万画素ですが、Proモデルについては、4,800万画素のカメラの搭載が濃厚といわれています。
更に動画においては、8Kでの撮影が可能になり、今回もカメラ性能が大幅に向上される見込みとなりそうです。

新型iPhone 14「指紋認証(Touch ID)」の噂

出典元:MacRumors

指紋認証(Touch ID)については、画面内に指紋センサーや電源ボタン内の指紋認証が搭載される可能性もあるという噂もありますが、見込みは薄そうです。
というのも、Face IDではマスク着用時に認証されないという不便な部分がありましたが、iOS15.4では、マスク着用時でも認証ができるようにアップデートされたことも影響してそうです。
しかしながら、iPad mini 6やiPad Air 5には指紋認証(Touch ID)が採用されているように、将来的には復活の可能性があるかもしれません。

新型iPhone 14「USB-C」の噂

充電方法は、USB Type-Cの移行が見送られ、Lightningポートが継続されそうです。
一部ではProモデルのみ、USB-Cが採用される噂もあるようですが、現段階では期待値はそこまで高くなさそうです。
とはいいながらも、世界的にUSB Cがスタンダードになっていることや、Apple製品の一部でもUSB Cが搭載されていることもあり、2023年以降には切り替わることが有力視されています。

      

新型iPhone 14 Proモデルについては、30W急速充電に対応する可能性が出てきました。著名リーカーのDuanRui氏が報じています。
もし実現すれば、大幅な充電時間の短縮とまではいきませんが、1時間程でフル充電ができるようになることが期待されます。[2022年8月31日追記]       

新型iPhone 14のその他スペックの噂

チップ

今年も最新のチップのA16 Bionicが発表され、それに伴いiPhone 14シリーズでも搭載されるといわれています。
しかしながら、リーク情報をまとめると最新のプロセッサのA16 Bionicが搭載されるのは、Proモデルのみという説が濃厚なようで、べースモデルは引き続きA15 Bionicの継続が予想されています。

リフレッシュレート

iPhone 13シリーズではProモデルのみ120Hzのリフレッシュレートに対応していますが、iPhone 14シリーズでは全モデルで120Hzに対応する可能性があるといわれています。
一方で、引き続きベースモデルは60Hz、Proモデルのみ120Hzといった情報や、iPhone14 Maxには90Hzといった噂もでてきています。

常時点灯ディスプレイ

常時点灯ディスプレイが搭載されるのではないかといった噂もあります。
Apple Watch Series 7でも使われている機能で、いつ見ても、いつ画面を確認しても、どの角度から見ても時間を確認することができます。
この機能がiPhone14で搭載されれば、時間やLINEの通知が常に表示されるようになるかもしれません。
現状、Proモデルのみ搭載される可能性が高いといわれています。

動画レビューはこちら

ライターから一言

新型iPhoneの発表前は世界から注目されるイベントで、それ故多くの噂が出回り、ワクワクさせられますよね。
どんなiPhoneが誕生するのか、どんなサプライズがあるのか。日々アップデートされていく情報をチェックして、Appleからの発表を待ちましょう!