マグネットの力でiPadの使い方は自由自在!「ESR Rebound Hybrid Pro」が私に与えてくれた快適な活用方法を教えちゃう

2,191

ESR Rebound Hybrid Pro

ごきげんよう、iPad大好きなYŪKIです。

iPadに触れない日はない!と言っても過言ではありません。私の相棒はiPhoneの次にiPadなのです。とっても趣味で使用している程度ですが笑

毎日使用しているのは本当のことで、イラストを描いたりYoutubeを閲覧したりアマプラで映画を見たりなどなど、もはや私の生活には欠かせないのです。そこで重要なのがiPadケースの存在!実は私過去にケース選びに失敗した経験がりました。

イラストを描く目的でiPadを購入したのですが、ケースが絵を描くためのスタンドにはなってくれなかったんです!手帳型のカバーの部分が三角形に折り畳めるものではなかったので使い勝手が悪く失敗しました。

iPadケースは汎用性の高いものを選ばなくては…そんな私の前に現れたのが「ESR Rebound Hybrid Pro」です。手帳型としても背面としても使えるだけではなく、スタンドにして動画の閲覧も可能。Applepencilのホルダーも装備されています。汎用性が高くさまざまな生活スタイルに合わせて活用できます。

実際に使用しながら特徴や魅力なポイントをご紹介いたします。

製品仕様はこちら。

  • 製品名:ESR Rebound Hybrid Pro for iPad Air 5/4 iPad Pro 11
  • 販売元:ナイコム株式会社(東京都品川区)
  • JANコード:4894240164136、4894240164143、4894240164150、4894240164167
  • 対応機種:iPad Air(10.9インチ)、iPad Pro(11インチ)
  • Applepencilホルダー:あり
  • 素材:TPU、ポリカーボネート、マグネット
  • オートスリープ:対応
  • スタンド機能:対応
  • 指紋認証:可能
  • 形状:背面ケース、手帳型ケース
  • カメラカバー:付属
  • 同梱品:「ESR Rebound Hybrid Pro」本体、カメラガードプロ

使い方は自分次第!カバーが外れるだけでこんなに汎用性に優れる

ESR Rebound Hybrid Pro
メーカー提供画像

これまで手帳型のiPadケースは私用したことがありますが、カバーが外れるってあまりたくさん見たことなかったんです。手帳型のケースはスタンドとして使えて便利な一方でカバンなどに入れて持ち歩く場合意外とかさばったり重さが気になっちゃうんです。

私はiPad Airを使用していますが、持ち歩くとなるとやっぱり重たいんです…。かと言って背面のケースだけだと心もとないですし出先でスタンド機能を使うことができません。

ESR Rebound Hybrid Pro

ESR Rebound Hybrid Pro 」の一番の特徴は背面と手帳型のカバー部分が外れるとことです。マグネットによって装着されているので軽く引っ張ってあげると簡単に取り外しができます。

なんだか背面のカバーが外れるってなんだか不思議な感じしませんか笑

ESR Rebound Hybrid Pro

ちなみに私の使用スタイルはこんな感じ。左がカバーを外した状態で右がカバーをスタンドにした状態です。自宅にはパソコンスタンドがあるので、日常使いではカバーを外してスタンドにiPadを立てかけて作業をします。今手元にスタンドがない、オフィスなどで作業したいときはカバーを付けたままで背面カバーをスタンドにすることが可能です。

ESR Rebound Hybrid Pro

特に私も場合、自分の部屋で作業することもあればリビングダイニングなどで作業することもあるのでスタンドがない場所で絵を描きたくなっても背面カバーがしっかりとスタンドの役割を果たしてくれます。

ESR Rebound Hybrid Pro
メーカー提供画像

カバーが外れてくれることでの利点として、スマホスタンドにもなってくれることがあげられます。どゆこと?って思いませんでしたか。私は思いました笑

背面とカバーを外して三角形のように立ててあげることで、スマホを設置することができます。手元のiPadで作業をしながらiPhoneなどで資料を見たり、動画を閲覧することができます。

ESR Rebound Hybrid Pro
メーカー提供画像

また友達とスマホでビデオ通話をしながら、iPadでゲームプレイを楽しむ!なんて使い方もできますよ。背面とカバーが外れるってだけでこんなにも使い方が広がるなんて驚きですよね。

エアガードコーナーで角への衝撃も軽減。iPadの保護だって充実

ESR Rebound Hybrid Pro

機能面以外にiPadケースとしての実力はいかに!って思いますよね。背面は固いポリカーボネート素材が使われていて、ケースの周囲を柔らかいTPU素材がぐるっと覆ってくれています。

ESR Rebound Hybrid Pro
メーカー提供画像

落下や折り曲げといった衝撃からiPad全体を守ってくれる形状です。固い素材と柔らかい素材を合わせて使っていることにより、日常的につきがちな傷や衝撃からiPad本体を守るのです。

ESR Rebound Hybrid Pro
メーカー提供画像

またカメラが搭載されている部分にはエアガードコーナーが用意されています。うっかり角から落下させてしまっても衝撃を受け流しダメージを最小限に抑えてくれます。カメラカバーも付属しているのでカメラ部分の保護も忘れていません。

iPad AirとiPad Proのどちらにも対応したカメラガードがついてきます。

ESR Rebound Hybrid Pro

各種ボタンなどの操作性についても見ていきましょう。音量や電源ボタンも不自由することなく操作可能でした。特に気になっていたのが電源ボタンです。私の使用するiPad Airは指紋認証機能が電源ボタンに搭載されています。

ESR Rebound Hybrid Pro

そのためケースによってはカバー部分が邪魔をしてうまく電源ボタンに触れないことがあるんですよね。ですがそんな心配も杞憂に終わりました。特に不具合を感じるようなこともありませんでした。

iPadの持つ機能を邪魔することもなく、使い勝手も申し分ありません。私の生活の中にすんなり馴染んでくれたので今日からこのケースは私の相棒です。

ESR Rebound Hybrid Pro
メーカー提供画像

またApplepencilを収納しておくペンシルホルダーも装備されています。嬉しいのがこのホルダー、背面側に穴が開いていてぐっと押してあげることでペンを取り出すことができます。ペンシルホルダーって爪をApplepencilに引っ掛けないと取り出せないことが多いので、簡単に取り出せるのって地味に嬉しいんですよ。

ESR Rebound Hybrid Pro
メーカー提供画像

ちなみにカラーバリエーションはブラック、グリーン、グレー、ブルーの4種類。グレーやブラックカラーはビジネスのシーンでも活躍してくれそうなスタイリッシュさを兼ね備えています。

ライターから一言

背面とカバーが外れるからってそんなに変わるかな?って思ってたんですが意外と汎用性も高くて便利だなって思いました。「ESR Rebound Hybrid Pro」で自宅でも出先でも快適なiPadライフが送れそうです。

10.9インチ iPad Air 2022 ケース・カバー・保護フィルム の人気順一覧