iPhone充電ケーブル(USBタイプC/タイプA)のおすすめ人気ランキングTOP14【2021年最新】

  • 役に立ったらシェア!
  • ツイッターでシェア
  • フェイスブックーでシェア
  • LINEでシェア

9,213

ライトニングケーブル・iPhoneケーブル(タイプC/タイプA)おすすめ人気ランキングTOP14

この記事ではiPhone充電ケーブルであるLightningケーブル(ライトニングケーブル)のおすすめ人気ランキングから、Lightningケーブルの選び方まで紹介しています。

iPhone充電には欠かせないLightningケーブル・ライトニングケーブルは、Appleユーザーなら毎日使っているもの。家電量販店やネット通販で手に入り、最近ではコンビニや100円ショップのダイソーやセリア等でも購入できるようになりました。

iPhoneユーザは、当たり前のようにLightningケーブルを使っていますが、その充電ケーブルが本当に使いやすいものか考えてみてください。すぐに壊れる、断線しやすい、充電中に熱い、長さが短い、充電速度が遅いなど不満をもっている人も多いハズ。

ちょっとしたポイントを抑えてLightningケーブルを買い替えるだけで、今までの不満や不便が解消されてストレスフリーに使えるようになります。

そこで今回は、安くて丈夫な頑丈ケーブルから、家の中で使ったり、外出に持ち歩いたり、それぞれのシーンに合わせて使いやすいライトニングケーブルの今売れている人気おすすめLightningケーブルをランキング形式で発表しています。さらに、ライトニングケーブルの賢い選び方まで解説していますので注目ですよ。

特に、2020年10月14日に発表された最新のiPhone 12 mini/12/12 Pro/12 Pro Maxでは、付属のLightningケーブルの充電器側の接続端子がUSB Type-C(USB-C)となりました。そのため、Type-A端子で接続する充電器を使用している人やWindowsのパソコンでiPhoneのバックアップを行っている人は、別でケーブルを用意する必要があります。ライトニングケーブルと一緒に買うと便利なアイテムもあわせて紹介しますので、iPhone使いのみなさんはぜひ参考にしてくださいね。

ライトニングケーブルおすすめ人気ランキングTOP14

第14位:Anker PowerLine+ III USB-C Cable with Lightning Connector 0.9m

第14位:Anker PowerLine+ III USB-C Cable with Lightning Connector 0.9m

アンカー製ライトニングケーブルの中でも最高クラスに強靭さ・耐久性をもったタフネスライトニングケーブルです。なんと35,000回を超える折り曲げテストをパスした丈夫なライトニングケーブルなので、寝転びながら充電したり、外出中に作業をしながら充電しても断線することはないでしょう。

それに加えて約80kgもの重さに耐えられるということで、不意にLightningケーブルにひっかかったときに生じる圧力にもへっちゃら。Lightningケーブルがブチッ!と切れたり破損することがなく安心して使えますよ。

Lightning端子の反対側には多くのガジェットで普及が進んでいるUSB-C端子を搭載。18W出力以上のPD対応USB-C充電アダプタに挿して使えば、iPhone 11シリーズなど最新アイフォン端末を30分足らずで半分まで充電してくれるスピードも魅力。

従来品のPower Line+Ⅱよりも30%もケーブル厚がスリムになっているので、鞄に入れて持ち歩くのにもかさばらなくなっています。ケーブルを束にした状態だと厚みが出てしまうので、ケーブル自体が細くなっているのは嬉しいポイントですよね。

高級感のある光沢デザインが美しく、iPhoneを充電しているときであってもカッコよさが光るおすすめのiPhone充電ケーブルですよ。

第13位:Deff 60cm TravelBiz Lightning 2.4A急速充電対応 巻取り式ライトニングケーブル

Deff 60cm TravelBiz Lightning 2.4A急速充電対応 巻取り式ライトニングケーブル

ライトニングケーブルをバッグに入れておいたら、絡まっていたなんて経験がある人は多いはず。そこで、持ち運びにおすすめしたい巻き取り式ケーブルが「Deff TravelBiz ライトニングケーブル」です。使用しないときはケーブルを巻き取ってコンパクトに収めることができます。バッグの中に入れて持ち歩いても絡まる心配がないため、すぐに取り出して使うことができます

ライトニング端子の部分は可能な限り小さく設計されているため、接続端子の開口部分が小さいiPhoneケースの場合でもケースを外すことなく接続することができます。

本体のデザインはマカロンをイメージしていて、ポップなデザインになっています。可愛らしい見た目なので、持ち運びのアクセサリーにピッタリですよ。

第12位:RAVPOWER 充電・同期タフライトニングケーブル

RAVPOWER 充電・同期タフライトニングケーブル

充電機能だけでなく、データ転送にも特化したライトニングケーブルです。データ転送速度が高速なためiPhone 12 mini/iPhone 12/iPhone12 Pro/iPhone12 Pro Maxのデータをパソコンにバックアップする際にストレスフリーな作業を実現します。自宅や仕事場のデスクに常備し、パソコンに接続して充電兼データ転送用ケーブルとして使うのにおすすめです。もちろんUSB充電器に接続して、コンセントから充電も可能です。

コネクタ部分は折れにくい高耐久仕様になっているため、抜き差しの際に折れてしまったり、断線してしまう心配が格段に減ります。買ったケーブルのコネクタ部分が弱く、すぐに断線してしまい苦い思いをしたことがある人も安心して使うことができますよ。

第11位:13万回の折り曲げに耐える!!高速充電対応 超タフ Type-C to Lightningケーブル

13万回の折り曲げに耐える!!高速充電対応 超タフ Type-C to Lightningケーブル

オウルテック社独自に何度も何度もケーブルを折り曲げるテストにおいて、13万回の折り曲げ試験をクリアした驚異的な耐久力を誇るライトニングケーブルです。その高い耐久性の秘密は、防弾チョッキなどに使用されているアラミド繊維を使用していること。

さらに、コネクタの付け根部分にロングブッシュという独自の形状が採用されています。付け根を長めに設けることで、曲がった時の圧力が分散できる効果が見込めます。そのため、一般的なケーブルにありがちな付け根部分の劣化による断線を防止してくれる利点があります。

アイフォンやアイパッド等のiOS端末を充電する機会が多く、抜き差しの繰り返しで耐久性が心配・・、って人におすすめのライトニングケーブルですね。もちろん、OSのアップデートで使えなくなることがないようにApple公式のMFi取得済みの製品なので安心して長期間使えます。ちなみにメーカー保証が2年付いているのも、メーカーの品質に対する自信の現れかもしれませんね。

USBの端子にはライトニング端子とUSB Type-C端子が採用されていて、高速充電規格USB PowerDelivery(USB PD)に対応しています。さらに、転送速度は最大480Mbpsを実現。スマホへの素早い充電速度はもちろん、スピーディーな転送スピードにも定評がありますよ。

第10位:PGA Lightning/Type-C/Micro USB 3in1 USBタフケーブル

PGA Lightning/Type-C/Micro USB 3in1 USBタフケーブル

iPhone(最新のiPhone12シリーズ)やAndroidスマートフォンの他に、モバイルバッテリーやタブレット等複数のデバイスを持っている場合、端末によって端子が違うとそれぞれの充電用にケーブルを持ち歩く必要がありめんどうですよね。バッグの中に何本もケーブルを入れていると取り出すのも一苦労の上に、ケーブル同士が絡まってしまう心配も。他にもまとめてケーブルを持ってきたはずなのに1本だけ足りなかった。なんて経験一度はありますよね。

そんな悩みを解消してくれるのが「PGA Lightning/Type-C/Micro USB 3in1 USBタフケーブル」です。このLightningケーブルは、Micro USBケーブルに、ライトニングコネクタ・USB Type-Cコネクタが一体となっていて3種類を使い分ける事ができます。ケーブルが1本で済むので、荷物としてかさばらず、バッグの中でケーブル同士が絡まってしまうといった心配もありませんよ。出張や旅行などの外出時に一本持っておくと便利なケーブルです。

第9位:RAVPower Lightningケーブル 2本セット 高耐久軍用ケブラー使用 RP-LC010

RAVPower Lightningケーブル 2本セット 高耐久軍用ケブラー使用 RP-LC010

異なる長さのケーブルが2本セットになったRAVPowerのライトニングケーブル「RP-LC010」。長さはそれぞれ0.9mと1.8mで用途に合わせて使い分けることが可能。例えば、0.9メートルのLightningケーブルは外出の際にモバイルバッテリーとiPhoneを接続するケーブルに使用して、1.8メートルの長い方は自宅でソファに寝そべってiPhoneをいじる時の充電用として、みたいにシチュエーション毎に活用できます。

スペック的には、アップルのMFi認証取得済みで、2.4Aの急速充電に対応しています。iPhone 12 mini/iPhone 12/iPhone12 Pro/iPhone12 Pro Maxを最速スピードで電池チャージをサポートしてくれます。

また、ライトニングケーブル自体が高強度であることもメリット。接続端子のコネクタ部分、いわゆる「ケーブルの付け根」は、最も断線が起こりやすい場所ですよね。そこで、12000回以上の折り曲げテストをクリアするほど強化されています。

コネクタ付け根以外にも、ケーブルの外側には防火性の高いTPEコート、内側に高耐久ナイロンが使われていることで安心して使える耐久性を実現しています。万が一長期間の利用で断線してしまった場合でも、もう1本のケーブルをスペアとして保管しておけば急な買い替えをする必要がなく便利ですよ。

第8位:NITE IZE パワーキー ライトニングケーブル

NITE IZE パワーキー ライトニングケーブル

コンパクトサイズのキーホルダー型で持ち運びに最適なLightningケーブルです。外出時にモバイルバッテリーでiPhoneを充電するためにライトニングケーブルは必須。長いケーブルをバッグに入れていると、かさばってしまう上に絡まってしまったりして何かと面倒ですよね。

「NITE IZE パワーキー」は人差し指程度のサイズなので、荷物がかさむ心配はありません。キーホルダーの中にケーブルがすっぽりと収まっているので、充電したいときにカバーから取り出してサッと接続することができます。カバーの上部にはリングがついているので、鍵やキーケースにつけておけば紛失の心配もなくなりますよ。

AppleのMFI認証を取得しているので、信頼の品質で安心して使用することができます。自宅で充電する用のケーブルとは別で一つ持っておくと便利なライトニングケーブルです。

第7位:Anker PowerLine Play 180 ライトニングケーブル

Anker PowerLine Play 180 ライトニングケーブル

iPhoneで長時間ゲームをしていると、バッテリー残量が少なくなり充電が必要になります。しかし、ライトニングケーブルを刺してゲームをプレイすると、ケーブルに手が当たり邪魔になってしまうという悩みがありますよね。そんな悩みを解決してくれるのが、「Anker PowerLine Play 180 ライトニングケーブル」。

コネクタ部分がU字型に湾曲しているので、ゲームをプレイ中でも持ち手に干渉する心配がありません。ゲームで遊ぶ時間が長く充電しながら遊びたいという人におすすめのライトニングケーブルです。

湾曲部分の内側は一定のスペースがあるので、薄めのiphoneケースであれば装着したまま「Anker PowerLine Play 180 ライトニングケーブル」を使用することができますよ。
※7mm以上の厚さのiPhoneケースは、ケーブルに干渉するため取り外す必要があります。

第6位:monCarbone KOBRA III USB-C to Lightning ケーブル

monCarbone KOBRA III USB-C to Lightning ケーブル

カーボン素材を採用した高い耐久性を誇るUSB-Cライトニングケーブルです。航空機の機体やスポーツカーのボディに採用されているカーボンファイバーを使用。そのため高い強度を実現しています。使っているうちに膜切れをおこしてしまったり、飼っているペットが噛みちぎって感電してしまう、といった心配がなく安心して使用することができますよ。

また、ケーブル内部に2万回の耐久テストをクリアしたバリスティックファイバーを通すことでライトニングケーブルに起こりやすい断線を防いでくれます。買ったばかりのライトニングケーブルがすぐに切れて使えなくなってしまった、といった経験をしている人におすすめです。

monCarboneの製品はエレガントな製品と並べても遜色ない製品というコンセプトがあり、このケーブルもカーボン特有のシックな見た目で高級感があります。外出時の充電ケーブルとして使用するのはもちろんのこと、自宅やオフィスのデスクに設置して使用するのも良いですね。

第5位:Anker PowerLine III Flow USB-C & ライトニング ケーブル 0.9m

第5位:Anker PowerLine III Flow USB-C & ライトニング ケーブル 0.9m

充電用のライトニングケーブルってカバンの中で絡まっていざ使いたい時に、ケーブルをほどく作業からはじめないといけないのって中々ストレスですよね。そんなストレスを解消してくれるしなやかで絡まりにくいアンカー製のライトニングケーブルです。

ケーブルの外装に柔らかなシリコンを使用することで、今までにない柔らかさを実現しているんです。モバイルバッテリーに巻き付けたり、バンドでまとめたりしても癖がつきにくいのでいつでも真っ直ぐなケーブルを使うことができます。

ケーブルをポイっとそのままカバンに入れがちな人や、絡まったケーブルにイライラしてしまっている人におすすめのライトニングケーブルです。

第4位:allroundo MFi 6in1充電ケーブル ライトニングケーブル/USBケーブル

allroundo MFi 6in1充電ケーブル ライトニングケーブル/USBケーブル

1つで6通りの使い方ができる充電ケーブル「allroundo 6in1ケーブル」。USB-AとMicroUSBのケーブルに、各端子をUSB-Cに変換するコネクタが2つとLightningコネクタが付属し、計6パターンのケーブルに切り替えることが可能。例えば、USB-C端子とライトニングケーブルにすることでiPhoneとMacBookを接続して同期を行えます。また、持っている充電器がUSB-A端子のみのモデルであれば、USB-Cコネクタを外し、USB-A端子に切り替えて充電を行うなんて使い方も。様々なデバイスの接続を「allroundo 6in1ケーブル」ひとつで対応できるのは嬉しいポイントです。

ケーブル本体に加えて、円形の収納ケースが付属しています。ケーブルと各コネクタを一つにまとめて入れておけるので、紛失の心配がなくなりますよ。iPhoneやAndroid、MacBookなどの複数の端末を持ち歩く際に、それぞれに対応したケーブルを何本も持ってくのは面倒ですよね。「allroundo 6in1ケーブル」なら、コネクタとケーブルを入れたケースをひとつ持つだけで良いので、荷物をへらすことができるメリットがありますよ。

第3位:Anker PowerLine II USB-C & Lightningケーブル 0.9m

第1位:Anker PowerLine II USB-C & Lightningケーブル 0.9m

ライトニングケーブルの売れ筋ランキング上位の常連でありロングセラーなのがアンカーのパワーライン2です。アイフォン充電ケーブルといえば、PowerLine(パワーライン)シリーズというほど有名で人気あるモデル。

近年、MacBookやUSBアダプタ、モバイルバッテリーなどに搭載されるUSBポートがUSB-Cへ移行する中、このライトニングケーブルにはしっかりUSB-C端子に対応しています。特に出先でMacBookから電源をとって充電したい時に重宝しますよ。

また、自宅やオフィスなどにおいては、Power Delivery(PD)対応のUSB-C充電器に接続することでiPhoneの急速充電が可能。メーカー公称によれば、iPhone XS等をわずか30分で50%までスピーディーにチャージしてくれるほど。

さらに、12,000回の折り曲げ試験をパスした耐久性の高さがあり、屋内はもちろん、カバンに入れて屋外に持ち歩いて使う場合でもタフに愛用できますね。モバイルバッテリーに接続してこのライトニングケーブルを使いたい場合には、モバイルバッテリー側にUSB-Cポートが付いているか確認の上、購入するようにしましょう。

第2位:Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル

ライトニングケーブルは普段使用している中で引っ張ったり、ねじれたりと常に負荷がかかり劣化していきます。しばらく使用しているうちに断線して使えなくなった、という経験をしている人も多いでしょう。

そういった人におすすめなのが、高品質ナイロン素材で編み込んでいて高耐久を誇るアンカー製「PowerLine+ II ライトニングケーブル」。30000回以上の折り曲げテストや約80kgの張力に耐えることに成功していて、引っ張りやねじれに強いライトニングケーブルになっています。長くライトニングケーブルを愛用したい人におすすめです。

Apple MFi認証を取得しているので、最新のiPhone 12シリーズをはじめ、ライトニング端子のiOS端末全てにおいて最適に動作します。Apple非公認品で起こる可能性のある、iPhoneやiPadが充電できない、データの同期が完了しない、端末が故障してしまったなどの心配がなく、安心して使用することができます。

ケーブルの長さは、90cm、1.8m、3.0mの3種類から選択できます。バッグに入れて外で使用する時やデスク上で充電する場合はそこまで長さは必要ないので90cmがおすすめ。ベッドやソファでくつろぎながらiPhoneを使いたいけどコンセントが遠い、といった場合には1.8mや3.0mを用意すると良いでしょう。

第1位:Anker PowerLine+ II USB-C & ライトニング ケーブル(0.9m)

Anker PowerLine+ II USB-C & ライトニング ケーブル(0.9m)

モバイルバッテリーやUSB充電器へ接続する側にType-C端子を採用したアンカーのライトニングケーブルです。急速充電規格であるPower Deliveryに対応していることで、同じくPower Deliveryに対応した充電器と併用して最新のiPhoneを急速充電することができます。仕事が忙しくてあまり充電する時間を取れないビジネスパーソンにおすすめ

絡まりにくいナイロン素材で編み込んだ高耐久ケーブルを使用していて、その強度は一般的なケーブルと比較して30倍以上と非常に頑丈です。例えばバッグに入れているうちにケーブルに負荷がかかって断線し、外出先でiPhoneのバッテリー切れ寸前に充電ができない、なんて心配はなくなりますよ。

充電機能だけでなく、データのバックアップや同期にも使用できます。Type-C端子を採用しているので、普段iPhoneとMacBookを同期している人にぴったりのケーブルです。

ライトニングケーブルはApple製品独自のケーブル

ライトニングケーブルはApple製品独自のケーブル

iPhoneやiPadをはじめとしたApple製品を購入したときに、付属されている白いケーブルのことを「ライトニングケーブル」といいます。
上下のないリバーシブル仕様になっていて、USBでよくあるなかなか挿入できないといったストレスを感じることなく使えることが特徴です。

ライトニングケーブルには、Apple社独自の電源コネクタが付いていて、Apple製品の充電はこのライトニングケーブルでしか行えません。
パソコンとつないでデータ転送や同期も可能で、iPhone7からはイヤホンジャックとしても利用できるようになりました。

micro USBを採用しているAndroid製品は、ライトニングケーブルは使用できません。
ライトニングケーブルはあくまでも、Apple製品間でのみオールマイティに使えるものだと覚えておきましょう。

ライトニングケーブルの種類

ライトニングケーブルの種類

iPhone充電ケーブルのライトニングケーブルは接続端子(USB側)の形状によって「USB Type-Aタイプ」「USB Type-Cタイプ」の2種類があります。

1.ライトニングケーブル USB Type-A

接続端子がUSB Type-Aになっているケーブルで、Apple製品購入時に付属されているライトニングケーブルはこちらです。
ライトニングケーブルと呼称されるケーブルは、多くの場合このタイプを指しています。
充電器に加えて、パソコンやモバイルバッテリーなど、USB接続が可能な端末であればApple製品と接続が可能です。

2.ライトニングケーブル USB Type-C

USB Type-Cは2015年に登場した新規格のリバーシブルのUSBコネクタで、上下を気にせずスムーズな接続が可能です。
また、データ転送がType-Aより早いのも特徴で、新しい製品は少しずつType-Cへとシフトしています。

ライトニングケーブルの選び方4つのポイント

ライトニングケーブル選ぶ4つのポイント

ライトニングケーブルを購入する際には、前述した「ライトニングケーブルの種類」をまずは確かめましょう。
接続先に適したUSB規格のケーブルから、以下の4つのポイントを意識した選び方をすると使いやすいものを見つけられます。

1.純正品と非純正品

ライトニングケーブルにはApple社純正のものと、非純正のものがあります。
純正見分け方としては、純正のライトニングケーブルは本体に付属されているものや、アップルストアなどで販売されているケーブルであれば純正品ということです。
品質と安全性が高く、安心して使える反面ケーブルの中では高価で1本3,000円ほどします。

非純正のものは価格と品質の幅が広く、純正品と同等の品質のものから、劣悪な品までさまざまです。
ダイソー・Can Do(キャンドゥ)・Seria(セリア)等の100円均一でも売られていますが、本体の故障を引き起こす製品もあるためおすすめしません。

非純正のライトニングケーブルはアップル社お墨付きの証である「MFi認証品」や高耐久・急速充電対応の高品質ケーブルを選ぶようにしましょう。

2.必要な長さを考える

ライトニングケーブルの長さは幅広く、10cm程度の短いものから3mほどの長さのものまであります。
純正のライトニングケーブルの長さは1mです。

車の中や携帯用なら、10~50cmほどの長さが邪魔にならず適しているでしょう。純正品をそのまま使ってもよいかもしれません。
ベッドやソファでくつろぎながら充電する場合は、2m以上あった方が便利です。
長すぎると絡まることや、引っ掻けて本体や充電器を壊してしまう可能性があります。
使用する場所・コンセントからの距離を考えて少し余裕のある長さのケーブルを選んでください。

3.耐久度も重要

使用していて、

● 充電していたはずなのにできていなかった
● 充電中に繰り返し接続音が聞こえるようになった

というトラブルが起きるようになった場合は、ライトニングケーブルの劣化・断線の疑いがあります。

耐久度が低いケーブルだと、数ヶ月で買い替えることになるので、長く使いたい場合は丈夫で高耐久のケーブルを選ぶようにしましょう。
赤ちゃんや小さなお子様がいたり、ペットを飼っている場合は、誤って口に入れたケーブルの破片を飲み込まないためにも高耐久のものがおすすめです。

4.用途によって使い分ける

ライトニングケーブルは、充電用と転送用の使い分けを考えて選ぶとストレスがありません。

充電用は出力値が重要

充電用として購入するのであれば、出力値(アンペア)が高いものを選びましょう。
出力値が低いと、充電完了までに時間がかかります。
よく充電を忘れる、充電はサクッと済ませたいという方は「急速充電」が可能なケーブルを選べば間違いないでしょう。

転送用に使うなら

転送用のライトニングケーブルを購入するときは、転送速度が重要です。
大きな画像や動画を転送する場合は、とくに「データ転送速度」を確認しましょう。
また、接続先に適したケーブルが必要です。
Apple製品同士を接続するならライトニング転送ケーブル、Android端末と接続するならmicro転送ケーブルが必要になります。
パソコンとつなぐ場合は、パソコン側のUSB差込口を確認し前述したUSB Type-AとUSB Type-Cを合わせなくてはいけません。

ライトニングケーブルとあわせて買いたい2つのアイテム

ライトニングケーブルとあわせて買いたい2つのアイテム
ライトニングケーブルを購入するときに一緒に買っておくと便利なものを2つご紹介します。

1.変換アダプタ

Apple製品と接続できる端末の幅を大きく広げられる変換アダプタは、ひとつあるととても便利です。
パソコンやほかのApple製品との接続はもちろんですが、キーボードやデジタルカメラとも接続ができるようになり作業を効率的に進められます。

テレビに接続できるアダプタがあれば、テレビの大画面でiPhoneに入っている動画や写真を楽しむことができるでしょう。
変換アダプタの種類は豊富なため、使用目的に合わせて選んでください。

2.モバイルバッテリー

モバイルバッテリーは出先での充電はもちろんですが、災害時にも役立ちます。
選ぶときは容量(何回分の充電が可能か)や同時接続台数、入力方法をチェックすると使いやすいものを選べるでしょう。
ライトニングケーブルだけで入力・出力両方ができるもの、急速充電対応しているもの、コンパクトなものなど、機能やサイズも多種多様です。
デザインも豊富なので使いやすいものを探してみてください。

ライターから一言:ライフスタイルにあったライトニングケーブルを選ぼう!

iPhoneやiPadを使っている人にはお馴染みのライトニングケーブルは、Apple製品を支える要です。
充電・データ転送どちらもできるため、1本あれば十分だと思う人も多いかもしれませんが、必ず予備のライトニングケーブルを用意しておきましょう。

ライトニングケーブルを選ぶときは、ライフスタイルにあわせて、長さ・用途・耐久度をとくに重視してください。
さらに安価すぎるものは避けて、MFi認証品や1,500円以上する評価の高いものを選んだ方が失敗しません。
劣悪なライトニングケーブルを選んでしまうと、充電が遅いだけでなく本体やデータを壊してしまう恐れがあるからです。

適切なライトニングケーブルを選び、変換アダプタやモバイルバッテリーを活用してスマートなApple製品ライフを送ってください。

※ブラック・ホワイト・シルバー・ゴールド・レッド・ピンクなど、様々な色・長さが選べる丈夫なライトニングケーブル一覧はこちら↓

ライトニングケーブル(Lightningケーブル) の人気順一覧