iPhoneケース・スマホケース・スマホカバーの専門通販

AmazonPayAmazonアカウント、ゲストアカウントでお買い物ができます

  1. 新型iPhone XS/XS Max/XRをワイヤレス充電するならコレ!おすすめのQi規格充電器と選び方

新型iPhone XS/XS Max/XRをワイヤレス充電するならコレ!おすすめのQi規格充電器と選び方

新型iPhone(2018)におすすめしたい人気ワイヤレス充電器とその選び方とは?

この記事では新型iPhone XS/XS Max/XRや既存のX/8シリーズで使えるワイヤレス充電器のおすすめ人気モデルから仕組み・種類・仕様・選び方までを網羅した記事となっています。

みなさんは、iPhoneに搭載されているワイヤレス充電機能を活用していますか?

2018年9月に新しく登場した最新の新型iPhone XS/XS Max/XRや既に出ているiPhoneX/8シリーズなどは、ワイヤレス充電器に置くだけで充電できるので、面倒な充電ケーブルの抜き差しが必要無く、便利で快適な充電ライフを送ることができます。

今回は、ワイヤレス充電の仕組みからiPhoneで使えるおすすめのワイヤレス充電器とその選び方まで徹底解説していきたいと思います。最新のワイヤレス充電器も続々と更新していきますので定期的にチェックしてくださいね。
それでは早速チェックしていきましょう。

ワイヤレス充電器の仕組み

電力伝送の方式

ワイヤレス充電(非接触充電)とは、”電力伝送”を”ワイヤレス”で行うということです。その電力伝送方式には「電磁誘導方式」「磁界共振方式」「電波受信方式」「電界結合方式」などがあります。

ワイヤレス充電器に採用されている多くは「電磁誘導方式」です。「電磁誘導方式」は、給電側のコイルに電流を流すと磁束が生じ、受電側のコイルへ電流が流れるというものです。給電側がワイヤレス充電器で、受電側がiPhoneというわけです。

ワイヤレス充電の安全性

ワイヤレス充電器とiPhoneとの間で目に見えない電流が飛んでいるので、一見危険そうに感じるかもしれませんがほぼ害は無いので安心してください。

また、物理的な観点で言うと、充電ケーブルはコネクタがむき出しの状態なので、ペットや赤ちゃんが噛んで漏電してしまう危険性が除外されるので、ワイヤレス充電器の方が安全だと言えるでしょう。

ケース・カバーとの併用

iPhoneにケース等を装着した状態でワイヤレス充電を行う場合、電流が伝わりづらく充電スピードが落ちたり、充電できない場合があります。しかしながら、iPhoneケース各社はワイヤレス充電の妨げにならないように設計している物が多く、今ではほとんどのケースで装着したままワイヤレス充電が行えるようになっています。

ただし、ケース背面にカードポケットが付いていたり、アルミ素材を採用しているケースはワイヤレス充電出来ない可能性が高いので注意が必要です。

ワイヤレス充電器の種類と仕様

ワイヤレス充電規格

ワイヤレス充電規格を策定している組織や団体は世界中にいくつかあります。「WPC(Wireless Power Consortium ワイヤレスパワーコンソーシアム)」「A4WP(Alliance for Wireless Power アライアンスフォーワイヤレスパワー)」「PMA(Power Matters Alliance パワーマッターズアライアンス)」などが主な組織です。

その中でもiPhoneは「WPC(Wireless Power Consortium ワイヤレスパワーコンソーシアム)」が策定したワイヤレス給電の国際標準規格Qi(チー)規格に対応しています。現在多くの加盟企業を有しており、世界で最もメジャーなワイヤレス充電規格と言えるでしょう。

形状(パッド型、スタンド型、マウント型、モバイルバッテリー型)

【パッド(平置き)型】
現在一番多く出回っている形状がパッド型です。下敷きのように置くタイプです。高さが無いので、インテリアの邪魔になりにくく、他の形状より比較的安価といったメリットがあります。ただ、設置する面積をとってしまうデメリットがあり、充電しながらiPhoneを操作したり、動画を見たりするには不向きです。
【スタンド型】
文字通りスタンドなので、iPhoneを立てかけて充電することができるタイプです。iPhoneの通知確認や動画視聴、さらにはFace ID(顔認証)解除が容易になるなどのメリットがあります。パッド型よりも複雑な形状となるため、比較的割高になる傾向があります。
【マウント型】
車載用として利用されることが多く、iPhoneを設置する際に端末両サイドからホールドしてズレ落ちないような仕掛けが搭載された形状です。車のシガーソケットからカーチャージャーを介して電力供給し、運転中にナビアプリ等を使う時に便利です。
【モバイルバッテリー型】
バッテリーを搭載しているので、外出時など電源供給ができない時にiPhoneを重ねることでワイヤレス充電を可能にするタイプです。通常のモバイルバッテリーでは充電ケーブルが必須ですが、ワイヤレスモバイルバッテリーは不要なので荷物が減るメリットがありますが、コイルを内蔵しているので一回り大きなサイズになります。

充電範囲

先に記述した通り、ワイヤレス充電器の電力伝送は「電磁誘導方式」なので、給電側のコイルと受電側のコイル位置がズレているとワイヤレス充電できないことがあります。この場合、給電側はワイヤレス充電器で受電側はiPhoneのことです。つまり、ワイヤレス充電器に搭載されているコイルが大きな面積をカバーしていればワイヤレス充電ができる範囲が広いということになります。

搭載されているコイルの数やカバー面積が広い製品を選べば、充電位置をぴったり合わせる必要が無く、iPhoneを置く位置の自由度を高めることが可能となります。

充電スピード

ワイヤレス充電は、ケーブルを接続する有線充電よりも電力ロスが多く充電スピードが遅いのです。ワイヤレス充電は磁界を発生させて電力を送る為、有線充電のようにiPhoneのバッテリーに直接電力を送ることができず、電力伝送効率が低く、結果として充電スピードが遅いという訳です。ワイヤレス充電の唯一の欠点とも言ってよい充電スピードですが、できる限り速めることができます。それは、出力の大きなワイヤレス充電器を使うことです。出力性能を示す単位がW(ワット)なので、この値が大きいほど多くの電力を送る力を持っていることになります。

ちなみに、W(ワット)数はワイヤレス充電器の商品ページやパッケージに記載されていないことがありますが、次の計算式で算出することができます。

『電力W(ワット)=電流A(アンペア)×電圧V(ボルト)』

iPhoneのワイヤレス充電においては、最大で7.5W出力で急速充電が可能です。iPhoneのワイヤレス充電スピードを速くするには、なるべく出力が大きい製品やiPhoneの急速充電に対応しているとメーカーが公称している製品を選ぶと良いでしょう。

用途別ワイヤレス充電器の選び方

職場のデスクやテーブル

デスクやテーブルなど平らな場所に設置する際に注意しなければいけないのは専有面積です。特に職場のデスクは物理的な制約が多く、スペースに限りがあります。したがって、まずはご自身の環境を考えてワイヤレス充電器を置くことができる面積を把握し、それに見合ったサイズのワイヤレス充電器を選ぶことがポイントです。

次に、設置する場所の素材も重要です。デスクやテーブルが滑りやすいガラス製やステンレス製の場合、iPhoneのバイブレーションなどちょっとした振動でワイヤレス充電器がズレてしまうことやiPhoneが充電器から落ちてしまうことがあります。そういった時にはワイヤレス充電器の底部にゴムなどで滑り止め加工がされているタイプを選ぶようにしましょう。さらに、iPhoneに接する面が滑りにくい素材であれば尚良いでしょう。

そして、iPhoneに届く通知の確認や動画視聴をしながら充電をしたい場合にはパッド型ではなく、スタンド型を選択すると良いでしょう。パッド型の場合、通知確認の為に覗きに行く手間がありますが、スタンド型はiPhoneを縦もしくは横に立てかけながら充電する為、PC作業など別のことをしながら目線を向けるだけでiPhoneの画面を確認することができるので便利です。長時間の動画視聴の際にもハンズフリーとなるので快適ですが、横置きでもワイヤレス充電できるかどうか確かめておくようにしましょう。

外出先

家や職場以外の通勤通学中や外出先でもワイヤレス充電したい場合には、ワイヤレスモバイルバッテリーを選択しましょう。充電ケーブルが不要なので持ち物が減るメリットもあります。しかし、ワイヤレス充電する為のコイルを内蔵している為、通常のモバイルバッテリーよりもバッテリー容量の割にサイズが大きくなる傾向があります。

車の中

車内でもiPhoneをワイヤレス充電したいドライバーの方にはマウント型のワイヤレス充電器がおすすめです。運転中は多少なりとも振動が発生するので、iPhoneをしっかりと固定できるマウント型が有効です。さらに、縦向きと横向きを使い分けられるモデルであれば、ナビアプリでは縦向きで使い、動画視聴では横向き使うなどの用途に合わせて活用できます。

ダッシュボードやエアコン送風口など車内環境に合わせて設置する場所を考慮して対応するワイヤレス充電器を選ぶと良いでしょう。

iPhoneで使えるおすすめワイヤレス充電器まとめ

Anker PowerWave 7.5 スタンド型ワイヤレス充電器 ブラック

Anker PowerWave 7.5 スタンド型ワイヤレス充電器

iPhoneを立てかけるだけで充電しながら通知確認やメッセージ返信が出来、動画鑑賞には横置きでも充電しながら使える便利なスタンド型ワイヤレス充電器となっています。iPhoneに接する台座部分と充電器の底面にラバー素材の滑り止め加工があり、iPhoneがバイブレーション等でズレ落ちないよう配慮されているなど、使い勝手の良いモデルながら3,000円を切る高いコスパが魅力です。さらに、最新のiPhoneを7.5W出力で高速充電することができます。ただし、急速充電するにはQuick Charge3.0等、12V対応のAC充電器が必要になるので別途用意する必要があります。

ご購入はこちら

Super Slim Qi ワイヤレスチャージング Plate

Super Slim Qi ワイヤレスチャージング Plate

わずか3.8mmの超薄型なワイヤレス充電パッド。接続しているケーブルまでもフラットにすることで徹底してスリムな形状にこだわっています。また、基板とコイルを分離した設計にすることで充電中パッドが熱くなりにくく、Qi規格認証製品なので安心して使えるメリットがあります。本体はアルミとガラスを採用した高級感のあるデザインなのでインテリアとしてもお洒落なスマートさが魅力です。

ファンタスティックホルダー・エアベント

ファンタスティックホルダー・エアベント

マウント型スマホスタンドとして定評のあるFantaStick(ファンタスティック)ブランドの車載用自動開閉ワイヤレス充電マウントです。赤外線を搭載してiPhoneを近づけるとホルダーが自動で開きホールドしてくれる便利な仕様になっています。最大出力は10Wを誇り、iPhoneを7.5W出力で高速充電できるようになっています。

OWL-QI10W03 Qi規格卓上スタンド型ワイヤレス充電器

OWL-QI10W03 Qi規格卓上スタンド型ワイヤレス充電器

使用者の好みに合わせて角度を0~90度まで細かく調整できるスタンド型ワイヤレス充電器です。Qi規格に準拠している安心設計、さらにiPhoneX/8シリースを最大で7.5W出力で高速充電可能。厚さが11.5mmの薄型でありながら、iPhoneを縦でも横でも充電できる便利な仕様になっています。

Qi規格対応ワイヤレス充電器 5W+5W 2台同時充電 卓上タイプ

Qi規格対応ワイヤレス充電器 5W+5W 2台同時充電 卓上タイプ

iPhoneを2台同時にワイヤレス充電できるQi規格のパッド型ワイヤレス充電器です。iPhoneのバイブレーションでズリ落ちないよう台座には滑り止め加工が付いています。リビングのテーブルや会議室など人数が集まる場所に設置すると便利な充電器となっています。

HACRAY 4in1マルチ充電ケーブル内蔵型 ワイヤレスモバイルバッテリー

HACRAY 4in1マルチ充電ケーブル内蔵型 ワイヤレスモバイルバッテリー

ワイヤレス充電機能を搭載していながら3種類のケーブルを内蔵し、iPhoneなどあらゆる端末を充電できる万能型モバイルバッテリーです。本体には、microUSBケーブル(Lightningコネクタ付き)、バッテリーチャージ用ケーブル、USB Type-Cケーブルを内蔵しています。バッテリー容量は8000mAhで、外出先でiPhoneをワイヤレス充電しながら、他のスマホ2台の合計3端末を同時に充電することが可能です。

Anker PowerWave 7.5 スタンド型

Anker PowerWave 7.5 スタンド型

充電スピードが速いのが特長で、最大7.5W出力によってiPhoneが急速充電できます。充電コイルを2つ搭載しており、iPhoneを縦でも横でもワイヤレス充電ができる利便性の高いスタンド型です。底部とスタンド部はラバー素材が採用されていて振動でもズレにくく、どこにでも設置できる人気の万能タイプです。

Anker PowerWave 7.5 パッド型

Anker PowerWave 7.5 パッド型

最大7.5W出力でiPhoneを急速充電することができるAnkerの人気ワイヤレス充電器です。清潔感のあるホワイトカラーを採用しており、無駄な装飾がないシンプルなデザインなので、デスクやベッドサイドなどお部屋のインテリアを邪魔することがありません。

Freedy EA1702

Freedy EA1702

最大出力15Wを実現する圧倒的な充電スピードを誇るモデルです。高速でiPhoneをワイヤレス充電することができる一方で、充電パッド内部の排熱を促す通気穴を搭載していたり、iPhoneと充電パッドの間に硬貨などの金属が挟まると自動停止する仕様など安全面にも配慮された点も魅力です。

ご購入はこちら

ODOYO Wireless Charging Dock and Portable Battery Pack

ODOYO Wireless Charging Dock and Portable Battery Pack

スタンド型ワイヤレス充電器でありながら、背もたれにあたる部分を取り外してワイヤレスモバイルバッテリーとしても使える2in1の便利な仕様になっています。屋内・屋外問わず、いつでもどこでもワイヤレス充電することができる利便性から圧倒的な人気を誇っています。

Automatic Smart Car Holder

Automatic Smart Car Holder

赤外線センサーを搭載しており、iPhoneを近づけるだけで自動開閉してホールドすることができる車載用ワイヤレス充電器です。運転中の振動に耐えられるよう、吸盤の吸着力が強く、iPhoneのホールド力もあるので安心です。さらに、エアコン送風口にも設置できるようアタッチメントが付属されているので、車内環境に合わせて設置可能です。

ライターからひとこと

iPhoneで使えるワイヤレス充電器と言っても、形状や機能など種類は実に様々です。ご自身のライフスタイルや好みに合わせて最適なモデルを選んで快適なiPhoneライフを手に入れてくださいね。

新型iPhone XS/XS Max/XRをワイヤレス充電するならコレ!おすすめのQi規格充電器と選び方

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Twitterでツイート

Facebookでシェア

関連する人気記事

AppBank Storeマガジンをもっと見る

ピックアップ新着記事

AppBank Storeマガジンをもっと見る

記事カテゴリー一覧

人気のキーワード

AppBank Storeについて

Zちゃん

AppBank StoreはiPhoneケースをはじめとしたスマホ関連グッズ・アクセサリーを独自の視点で厳選し、販売しているショッピングサイトです。

「あなたのスマホライフにHAPPYをプラス!」をコンセプトに、お買い物をしていただくみなさまにハッピーをお届けします。

プライベートブランド商品をはじめ、iPhone・スマホアクセサリー専門店ならではのひと味違った商品や最新商品など、私たちがご提案する商品をご購入されたお客様が「ハッピー(幸せ)」を感じていただける充実した商品ラインナップと、ご利用しやすいお店作りを行っています。

また、ライターや専門スタッフの商品レビュー(紹介)を通じて、お客様に商品の特徴をわかりやすくお伝えし、新しい価値の提供を目指します。

すべてはみなさまの「HAPPY!」のために。

Be happy!


5,400円(税込)以上で送料無料!

1配送につき 5,400円(税込)以上のお買い上げで、通常550円の送料が無料になります。配送はヤマト運輸または日本郵便に委託しています。

13時までのご注文は当日発送!

在庫のある商品は13時までにご注文いただくと当日発送いたします。もちろんご希望の配送日時での指定も可能です。

選べるお支払い方法

各種クレジットカード、代金引換はもちろん、Amazon Pay、楽天ペイ、LINE Pay、コンビニ後払いでのお支払いに対応しています。

ABSでしか買えないグッズの数々!

他のお店では買えないAppBank Store限定のオリジナルグッズや、AppBank Storeが先行して販売するiPhone関連商品を数多く取り扱っています。

会員登録について

お買い物をしていただくにはABSの会員登録が必要です。会員になるとお得な情報満載のメルマガ購読や、クーポンなどの会員ランク特典がもらえます。但しAmazon会員であれば、在庫あり商品に限りABSの会員登録をせずにAmazonの会員情報でご購入いただけます。
→新規会員登録ページヘ →会員ランク制度について →Amazonペイメントについて